2017年2月13日 (月)

一時休止

昨年10月以来ブログを書いていませんが、今年は江戸検一級を受験しますので、ブログはしばらくお休みすることにしました。

fbの方は続けています。

2016年10月 5日 (水)

トリビア~三菱鉛筆の怪

トリビア【三菱鉛筆の怪】

 
三菱グループのキャッチコピーで「
鉛筆からロケットまで(幅が広いのだよ)」ということを聞いたような気がしますが、実は三菱鉛筆は三菱財閥とは全く関係がない会社なのです。

 

それに、赤い三つのひし形を模した「三菱」をロゴマークとして商標登録したのは、三菱財閥が申請した10年も前なのです。
戦後の財閥解体では、GHQですら、三菱財閥の系列と勘違いし、商標の使用禁止を迫ったそうです。

 
創業地の新宿区四谷(旧内藤新宿)の多武峰内藤神社近くに「鉛筆の碑」があります。

Img_monument_popup_01_2

 

Img_3954

 

Dscf2734

写真の鉛筆(トンボ製ですが)は東大生協で購入したもの。

シャープペンの登場で鉛筆の出番が少なくなりましたが、マークシートを塗るには鉛筆が一番。

 

この鉛筆のおかげで受験した検定はすべて合格。

次も使いますよ(^<^)

2016年10月 4日 (火)

トリビア~浅草仲見世は誰のもの?

以前、浅草仲見世でお店を経営している方と旅行で一緒になり、いろいろお話をしましたが、仲見世の家賃は東京都に支払っているのだそうです。
てっきり浅草寺のものだと思っていました。
家賃がいくらかは聞けませんでしたが(>_<)
 

雷門(松下幸之助氏からの寄付)と仲見世から宝蔵門前までの参道は東京都の持ち物なのです。ですから、仲見世商店街の大家さんは東京都の小池知事。儲かっているでしょうね(笑)
 
_dsc_0088119175205
※写真は昨年、浅草文化センター展望台から撮影した、雷門(屋根だけ)から仲見世、宝蔵門、本堂(屋根だけ)。

2016年10月 3日 (月)

桔梗信玄生プリン

桔梗信玄生プリン
 
中央道談合坂SAで購入。

国土交通省観光庁後援「おみやげグランプリ2015」フード・ドリンク部門グランプリを受賞

 

Dscf2668tile

 

パッケージは信玄餅もどき。

黒蜜をかけていただきます。

プリンの部分はきな粉味。

 

「生プリン」のなめらかさ、甘さはかなり舌にガツン!と来ますね。

 

冷蔵品なので販売場所が限られています。

 

◆トリビア◆
 
「信玄餅」を初めて作ったのは「桔梗屋」。
後発の「金精軒」が先に「信玄餅」の登録商標を申請したので、「桔梗屋」は「信玄餅」を名乗れず、「桔梗信玄餅」と名乗っています。
 
どの世界でも、元祖と本家の戦いはイケズ(笑)

2016年9月23日 (金)

耳福・舌福

2か月以上ぶりの日記です。 down

最近はfbが主体になってしまいました。  

お彼岸の墓参りは、彼岸の入りの19日に行ってきました。
いつもは満開に咲いている曼珠沙華は、まだまだでした。

Dsc_1016
 

英語で Red spider lily と言われるのがよく分ります。

 

秋分の日の昨日(9/22)は、
杉並公会堂開館10周年記念「コバケンのベートーヴェン交響曲チクルス」の第3回。
2番と7番を聴いてきました。

201609
 

2番は久しぶりに聴きましたが、ハイドンやモーツァルト臭が強い1番よりは格段にベートーヴェンっぽい曲で、9番のモチーフもかいま聴こえてきます。見直し・・・聴き直しました。

「のだめ」ですっかり有名になった7番ですが、第2楽章は一回聴いたら忘れられませんね。いつまでも終わってほしくない楽章です。

※サラ・ブライトマンが歌う、Figlio Perduto(失われた息子)。
ベートーヴェンの交響曲7番第2楽章を見事にアレンジしています。女声合唱はお経に聞こえてしまいますが・・・

 
 
 
終演後は、いつも行列が出来ているイタリアン・レストラン La Voglia Matta(ヴォーリア・マッタ)で早めの夕食。
 
Dsc_1025

 
店名の「ヴォーリアマッタ」は、「暴利」をむさぼりすぎて利益が「余った」と思っていましたが、
イタリア語で「渇望」という意味です。
 
若い店員からのお薦めを注文。
権力者や既得利権者の言う事は聞きませんが、若い子からのお薦めは素直に聞くのです。
 
◆前妻・・・前菜は「欲望のサラダ」(店名由来)。
 
Dsc_1019
 

カラフルですが、「草」だけ(>_<)
 
◆ピッツァ フンギボルチーニ アラ ミラネーゼ(ボルチーニ茸のピッツァ ミラノ風)。
 
ヴォーリアマッタ名物の直径40cmの特大ピッツア。薄いのでペロリです。
 
Dsc_1020_

 
店員が切り分けてくれます。
Dsc_1021
 

◆タリオリーニ アラ マローネ(栗のパスタ)。
 
栗が練りこんであるきしめん風パスタ(タリオリーニ)。
サフランクリームソース。栗とイチジクが入っています。濃厚なお味でした。
 
取り分けた後の写真です。
Dsc_1023_

 
◆デザートは、帰宅時に偶然見つけた「イタリア栗のショコラパイ」を自宅で。
 
Dsc_1027
 

ベートーヴェンで耳福、イタリアの秋の味で舌福なお彼岸の午後でした。

2016年7月15日 (金)

こんな所に選挙ポスター掲示板

さきほど(7/14)、パスポート申請書をもらいに区役所出張所に行ったのですが、お寺とお寺の間の細道に選挙ポスター掲示板がありました。

 
※都知事選の告示日だったので、貼ってあるポスターは一枚だけ。
Dsc_0897
 
以前から、選挙のたびになんでこんな辺鄙なところにあるんだろうと不思議に思っていました。
 
人通りも殆どなく、ポスターを見ているのは塔婆だけ。鬼籍に入った人には選挙権がないんだがなあ。
 
お金はもっと有効に使ってほしいです。

2016年6月21日 (火)

【Bluetoothの真実】 なんで「青歯」?

Bluetoothの新規格「Bluetooth 5」が発表されました。現行のBluetooth 4.2に比べ、通信速度で4倍、通信可能範囲は2倍になるそうです。って、その話題ではありません。

 
Bluetoothとは、多くのスマホ、パソコン、オーディオ機器などに搭載されている、主に近くで使う機器とデータをやりとりするための無線通信規格で、名前だけは聞いたことがあると思います。

 

かねてよりなんでBluetoothなのか不思議に思っていましたが、世界遺産の勉強中にその謎がわかったのです。

 

Bluetoothは10世紀に即位していたデンマーク国王、ハーラル・ブロタン(Harald Blåtand)の名前に由来しています。王はノルウェーとデンマークを交渉によって異なる種族間を無血統合させた人物で「Bluetooth(青歯王)」という異名を持っています。Bluetoothはブロタン(Blåtand)を英語に音訳したもの、つまり英語名なので、ブロタン王が「青い歯」をしていたわけではありません。

 

“異なる種族間の無血統合を実現させたブロタン王のように「多数存在する無線通信規格を統一したい」”という想いを込め、ブロタン王の英語名にちなんで、スウェーデンのエリクソン社の技術者がBluetoothと名付けました。

 

「Bluetooth」のロゴは、世界遺産『イェリング墳墓、ルーン石碑と教会』に彫られているハーラル王(Harald Blåtand)の頭文字(ルーン文字)を組み合わせたものなのです。

 

※ルーン石碑。写真はネットより転載。

1024pxrunenstein_blauzahn_2

 

ロゴの右側は「B」そのままです。左にある「く」の反対向きが「H」。 

 

1717414419160610bluetoothl  

歴史が現在につながっている・・・面白いですね。

2016年5月29日 (日)

吉祥寺ガロパン と ぞうのはな子を悼むテロップ

昨日(5/28)は年に数回開催される「オジサンたちグループ」の昼食会。

吉祥寺の西洋料理店「ガロパン」。トークバックの系列店です。
人気のお店らしく混んでいました。

・前菜3種盛
・本日のスープ
・パスタ(チョイス)
・魚料理(チョイス。追加料金メニューあり)
・野菜サラダ
・肉料理(チョイス。追加料金メニューあり)
・デザート3種盛
・コーヒか紅茶
・パン
 
のランチコースで税込なんと2900円。

Dsc_0811tile

 

もちろん高級感はありませんが、店内の雰囲気も良く、味もまあまあ、量もありコスパ最高です。

 

吉祥寺のJR駅ホームでは、先日亡くなった「ぞうのはな子を悼むテロップが流れていました。

Dsc_0812
 
 

現職の某総理大臣が亡くなってもこんなテロップは流してくれないでしょうね。
象冥利に尽きると思います。

私と同世代なので、終戦直後から我々と同じ時間を生きてきたのかと思うと、他象事とは思えません。

 
献花に行けばよかったなあ。

2016年5月25日 (水)

杉並散歩~原水爆禁止署名運動発祥の地

杉並区立荻窪体育館の一角(区立中央図書館の前)にある「オーロラ」の碑
1991(平成3)年建立。
この場所にはかつて杉並区公民館がありました。

F0229
 

足を開いた大根のような(横から見ると 薄い板の下に鋏を入れてひねったような) 不思議な造形。

1954(昭和29)年、ビキニ環礁で行われたアメリカの水爆実験で発生した“死の灰”が日本のマグロ漁船 “第五福竜丸” に降り注ぎ、 死の灰を浴びた乗組員は強度の放射線被曝を受け、無線長の久保山愛吉氏が死亡しました。

これをきっかけに, 杉並区公民館を拠点に主婦たちが始めた原水爆実験禁止を求める署名活動は全国に広がり、2000万人を超える署名を集め空前の平和運動となりました。 1955年には 第1回の原水爆禁止世界大会が広島で開催され、被爆者の救済を求め核廃絶を訴える運動に発展していったのです。

杉並区では、原水爆禁止署名運動発祥の地としての公民館の歴史をとどめるとともに、人類普遍の願いである永遠の平和を希求してこの記念碑を建立しました。

F0230

 

制作者の瀧徹氏は「オーロラは、自然現象で美しい! しかし美しいものが原子爆弾で破壊されていく・・・と言う意味を込め『オーロラ』と名付けた」と言っておられます。

5月27日にはアメリカの現職大統領としては初めてオバマ大統領が広島を訪問します。

「核なき世界」への新たな一歩にしてもらいたいものです。

2016年5月14日 (土)

太田道灌の山吹伝説

ヤマブキの花が綺麗な季節です。

Dscf0057

東京人なら知らない人はいない(ホンマカイナ)と言われる「山吹伝説」はご存知でしょうか。

かの太田道灌が武辺一徹だった頃、現在の豊島区高田あたりに狩りに来たおり、急な雨に往生して困り果て、一軒のあばら家で蓑(みの)の借り受けを所望しました。
ところがその家のうら若い娘は、ただ黙って一輪の山吹の花を道灌に差し出しました。
しかし、道灌はその意味が分からず、「花を求めたのではない」と不機嫌なまま帰城してしまいます。
 
後に家臣にその話しをすると、後拾遺集の醍醐天皇皇子・兼明親王が詠んだ、「七重八重 花は咲けども 山吹の (実)みのひとつだに なきぞかなしき」という古歌にかけて、花が咲いても "実の" つかない山吹のように、余りにも貧しくてお貸しする "蓑" のひとつもございません、という意味だったことを知ります。
 
道灌は村娘さえ知る歌を知らなかった己の不勉強を深く恥じて、この後猛烈に学問に励んで当代一の知勇兼備の武将になったと言われている伝説です。
 

八重のヤマブキは実を付けませんが、一重のヤマブキは実を付けます。おそらく若い娘は八重のヤマブキを差し出したのでしょう。

・八重のヤマブキ

Photo

※注1:ヤマブキを差し出した娘は、「紅皿」という名だったという説があります。
墓もあるようですが、大いに眉唾。

※注2:元の歌の第5句は「なきぞあやしき」ですが、江戸時代にこの伝説にちなんで「なきぞかなしき」になったとか。

 

・豊島区高田、都電・面影橋停留場近くにある「山吹の里」碑

Dscf5883_

このあたりで「山吹伝説」が生まれました。1Kmほど離れた所に、新宿区山吹町という地名もあります。

・墨田区報恩寺にある「道灌公記念碑」

Dscf9889_

道灌の山吹の和歌の物語を浮き彫りにしています。
報恩寺は太田道灌が1458年(長禄2年)に江戸城を築くにあたり、城内鎮護の祈願所として武蔵国平河村(江戸城平川口)に建立開基した寺で、後にこの地に移転。

«高円寺のトランスボックス・ラッピング

フォト
無料ブログはココログ