トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

43年ぶりに再会した「東京の名花」~ベラ・チャスラフスカ

始めに言い訳:
TVで見たので、再会とは言えませんが・・・

東京オリンピック(1964)で、女子体操個人総合、平均台、跳馬で金メダルに輝いたベラ・チャスラフスカ(チェコスロバキア・現チェコ)は、その端正で気品をあわせもつ美貌と優雅でダイナミックな演技で日本中を魅了し、「東京の名花」と呼ばれました。当時高校1年生だった私でも彼女の美貌とすばらしい演技にほれぼれしたものです。団塊の世代の皆さんなら強烈な印象を受けたことと思います。

・東京オリンピックでのベラ・チャスラフスカ(ネットより転載)

_

1968年1月、チェコスロバキア共産党第1書記にドプチェクが就任してから、自由化運動いわゆる「プラハの春」が始まりました。そして6月に自由化の決議書である「二千語宣言」が出され、チャスラフスカも署名しました。これが後に彼女が苦境に陥れられる原因となったのです。

その年の8月20日、旧ソ連を中心とするワルシャワ条約機構軍による軍事介入により、束の間の「プラハの春」は終焉を迎えました。その後、チェコスロバキアの自由化を徹底的に破壊するために、チャスラフスカは危険分子として政府にマークされるようになります。彼女は危険を避けるために森に隠れ密かに練習を続けたそうです。

ギリギリになってメキシコ・オリンピック(1968)への出場が許可されましたが、精神・身体とも極限の状態での出場でした。彼女は、旧ソ連の非人道的行為に対する抗議の気持ちを示すため、「黒のレオタード」でオリンピックを戦ったのです。

彼女は、微妙な判定で旧ソ連のクチンスカヤ選手と金メダルを分け合った床の表彰台で、旧ソ連の赤い国旗から目を背け、クチンスカヤ選手の横でじっと立ち、無言の抗議をします。印象的な姿でした。

その時のチャスラフスカ選手の気持ちは、我々平和ぼけの日本人にはとうていわからない世界でしょう。その後チェコ当局から何度も「二千語宣言」の署名撤回を求められますが、彼女は頑として拒否し続けました。本来は政治的主張の強い人ではなかったといいますが、自らの信念に正直であり、苦境にあってもその姿勢を貫き通したのです。
このため、何年も満足な職に就くことができない状態が続きました。また、この間、夫とも別れています。

・・・

1989年、チェコは「ビロード革命」によって共産党体制が崩壊し、チャスラフスカは復権し、大統領顧問やチェコオリンピック委員会委員長を務めることになります。
しかしその後、息子が起こした思わぬ事件で精神を病むことになります。

そして・・・

先月のことですが、録画していたBS放送「岩崎宏美 プラハに歌う~35年目の挑戦~」を見ていたら、コンサート終了後のインタビューにチャスラフスカが話していたのです。とても懐かしく思いましたが、~1964年はチェコ人女性がチェコと日本の橋渡しをしたが、今回は日本の女性が橋渡しをした~という言葉に感銘しました。元気になられて良かった!

メキシコオリンピックから43年。
あたかも、43年ぶりに同窓会で初恋の女性に出会ったような感じを受けました。


これも最近知ったことですが、2010年秋に旭日中綬章を受章したそうです。やはり物理年齢(69歳)を感じさせますが、その気品は失われていません。

Photo

チャスラフスカの引退後から、女子体操界はより若年で小柄な選手たちによるアクロバット的な演技が主流となり、あまり見る気もしなくなりました。チャスラフスカ時代の体操が一番良かったなあ。

2011年11月29日 (火)

フィルハーモニック・ヴィルトゥオーゾ・ベルリン with 高嶋ちさ子

フィルハーモニック・ヴィルトゥオーゾ・ベルリン with 高嶋ちさ子

Photo

日時:2011年11月28日(月) 開演 19:00 終演 21:05
会場:杉並公会堂大ホール
演奏:フィルハーモニック・ヴィルトゥオーゾ・ベルリン Philharmonic Virtuosi Berlin
     ラウレンティウス・ディンカ(ヴァイオリン)
     ステファン・シュルツ(ヴァイオリン)
     ベッティナ・サルトリウス(ヴァイオリン)
     マデレーヌ・カルッゾ(ヴィオラ)
     クリストフ・イゲルブリンク(チェロ)
     マテュー・マクドナルド(コントラバス)
     ジャン・マリア・ボニーノ(チェンバロ)
   高嶋ちさ子(ヴァイオリン)<後半>

曲目:
 前半は弦楽五重奏(弦楽四重奏+コントラバス)
 ①ロッシーニ/歌劇「どろぼうかささぎ」序曲 
 ②レスピーギ/リュートのための古代舞曲とアリア
 ③ロッシーニ/弦楽のためのソナタ 第6番
   ~休憩~
 高嶋ちさ子は後半に登場。チェンバロともう一人のヴァイオリンも参加。
 ④J.S バッハ/2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1043~第1楽章
 ⑤ヴィヴァルディ/「四季」から「冬」~第2楽章、第3楽章
 ⑥チャイコフスキー/「くるみ割り人形」~「花のワルツ」
 ⑦サン=サーンス/アヴェ・マリア
 ⑧カッチーニ/アヴェ・マリア
 ⑨モンティ/チャールダッシュ
 ※アンコール 高嶋ちさ子/エズ

フィルハーモニック・ヴィルトゥオーゾ・ベルリンの演奏会に高嶋ちさ子がジョイントした形の気軽な演奏会です。ところで私は、つい最近まで高嶋ちさ子を高嶋さち子と思っていました。すまん、すまんcoldsweats01

フィルハーモニック・ヴィルトゥオーゾ・ベルリンは1977年ベルリンフィルの第一ヴァイオリン奏者ラウレンディウス・ディンカを中心に結成。ベルリン・フィルのメンバーで構成されているので、その豊かな表現力はまさしくベルリン・フィルのもの。特にヴィオラ、コントラバス(ベルリン・フィル主席奏者)はがっしりとした音を聴かせてくれました。先週まで日本公演を行っていたので、今回のメンバーは日本居残り組といったところでしょうか。

高嶋ちさ子は今年で演奏活動15周年。2年前に第2子を出産されたそうですが、とてもそうとは思えないスリムな小顔美人です。メディアでの露出度が多いのでご存知の方も多いはず。父親が高嶋忠夫の弟というのは最近知りました。
クラシックからポップス、ミュージカルナンバー、映画音楽までジャンルにとらわれない活動が特徴で、後半からの出演でしたが、得意のトークを交えながらの楽しい演奏会。使用ヴァイオリンはストラディヴァリウス(1763年製。愛称:ルーシー)。非常につややかでアコースティックな音を聴かせてくれました。

高嶋は演奏前に「まじめに練習してくれないので、本番が心配」と話していましたが、高嶋がメンバーに合わせるような箇所もありましたが、息の合った演奏をしてくれました。練習もまじめにやってくれよ。happy01


クリスマスが近いということで、「花のワルツ」や2つの「アヴェ・マリア」が演奏されましたが、サン=サーンスの「アヴェ・マリア」は初めて聴く曲。

♪ サン=サーンス 「アヴェ・マリア」。ボーイ・ソプラノのソロです。フランスらしい優しいメロディーです。

♪ 数ある「アヴェ・マリア」の中でも私が一番好きなカッチーニの「アヴェ・マリア」。
本来はカストラートですがアンドレア・ボッチェリのテノールで。


アンコールで演奏された「エズ」は高嶋ちさ子の作曲。
「エズ」は、南フランス・リビエラ海岸の断崖上にある町で別名「鷲の巣」。高嶋ちさ子は、その町を見た時の感動をイメージしてこの曲を作ったそうです。優しさのこもった、美しくも力強い曲になっています。

干物の出し方

先週十何年ぶりかで伊東温泉に行ってきました。

お土産に定番の干物を買ってきましたが、さて、干物の正しい出し方は?

①頭左、皮が上

P1090191

②頭右、皮が上

P1090191_2

③頭左、身が上

P1090192_4

④頭右、身が上

P1090192_3


◆回答

①頭左、皮が上
 または
③頭左、身が上。

一般の魚は「かれい」以外は必ず左側が頭、背は向こう側、腹が手前側です。

問題は、皮を上にするのか、身を上にするのかですが、見栄えは皮が上、食べやすいのは身が上。人によっては魚と目を合わせるのが嫌なので身を上にする人もいるようです。happy01

最近では身を上にして出す方(③)が一般的なようです。

出し方はともかく、作りたてでほくほくの焼きたてを食べることが、一番おいしい食べ方です。
この油が乗った「むろあじ」の美味しかったこと!

2011年11月27日 (日)

これって本当のたまご?~「たまご まるごとプリン」

我が家はお中元、お歳暮にはあまり縁がありませんが、たまには来ますhappy01

先日、早めのお歳暮が届きましたが、届いたのが北坂たまごの「たまご まるごとプリン」。

P1090188

包装を開けると、本物のようなたまご(本物ですが・・・)とシロップの袋が。

P1090189

たまごには加工された跡は見られません。

説明書に従っておそるおそるたまごを割ると、プリンのようなものが詰まっています。

P1090186

スプーンで中味を取り出して皿に盛り、添付のシロップをかけて食べます。

P1090187

味はまさにプリンですね。

説明書によると、
北坂たまごの「たまご まるごとプリン」は、・・・(中略)・・・とれたて新鮮な「さくらたまご」を使用。たまごを割らずに中味を攪拌し、低温過熱法でプリン状にした、卵100%のスイーツです。
とのこと。
卵を攪拌するとプリンになるんだあ。

新鮮たまごを使った卵100%のスイーツ。
世の中、面白いものがあるものだと感心しきり。

★追記

「たまご まるごとプリン」の製法は企業秘密。
知人が、中学生が作成した製造方法の研究論文を探してくれました。

こちらです。

理路整然とした論文です。
皆さんも「たまご まるごとプリン」の製造にトライしてください。

2011年11月25日 (金)

りんごの蜜

りんごが美味しい時期です。

そもそも「蜜」入りりんごとは何でしょう?

りんごを割ったとき、中心の種を囲むように見える琥珀色の部分が通称「蜜」。
見た感じが蜂蜜のように見えるので、そのように呼ばれています。

この琥珀色の「蜜」はソルビトールといい、でんぷん質から糖分に代わる途中の生成物です。これは収穫時期の遅いふじ等の晩生りんごに多く見られ、これ自体が甘いわけではないのですが、蜜が入っているりんごは全体として糖度が高いので、結果としては「蜜入りりんごは甘い」と言って間違いはないそうです。

ところで、我が家ではりんごを食べるときは、リンゴカット器を使って丸ごと食べます。

Photo

一度で8片にカット。

Photo_2

りんごは実と皮の間に栄養があるので、是非皮毎と食べてください。
ちなみにこのリンゴカット器は長野県で購入したもの。東京で売っているかな?

2011年11月24日 (木)

クァルテット・エクセルシオ 第22回東京定期演奏会

クァルテット・エクセルシオ 第22回東京定期演奏会

日時:2011年11月23日(水・祝) 14時開演、16時5分終演
会場:東京文化会館小ホール
演奏:クァルテット・エクセルシオ
  西野ゆか(1st Vn)、山田百子(2nd Vn)、吉田有紀子(Vla)、大友肇(Vc)
曲目:
①モーツァルト/弦楽四重奏曲 第9番 イ長調 K.169
②ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲 第14番 変イ長調 Op.105 B.193
     ~休憩~
③ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調 「ラズモフスキー第2番」 Op.29-2

201111_2

東京文化会館入口は、大ホールでの日本初演のオペラ「古事記」(黛敏郎作曲)の開演時間と重なっており、かなりの人出。
東京文化会館50周年記念フェスティバルとのことですが、中学校1年生の時に、千代田区の課外授業で出来立てホヤホヤの東京文化会館に記念演奏会か何かを聴きに来た覚えがあります。もう50年か・・・感慨深い。

さて、
クァルテット・エクセルシオ(以下、エク)は日本では数少ない常設の弦楽四重奏団。
弦楽四重奏の裾野が小さい日本で、常設は大変なことだと思いますが、年間60回以上の公演をこなしています。ということで、このエクを支援するために、私は今年からエクフレンズとして参加しました。プログラムの最後に名前が掲載されていますhappy01
しかし、エクの演奏会を聴くのはこれで4回目という新参者です。

①モーツァルト/弦楽四重奏曲 第9番
 モーツァルト17歳の時の若々しい作品。ヴィオラの3連符が耳に残る曲です。プログラムに、「魔笛」にそっくりなメロディーが出てくる、と山田さんが書かれていましたが、聞き逃しました。こんどCDで確認してみます・・・ 

②ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲 第14番
 ドヴォルザーク最晩年の曲。初めて聴く曲ですが、エクとしても初挑戦らしいです。ドヴォルザークの弦楽四重奏曲といえば12番の「アメリカ」が有名ですが、「アメリカ」ほどのがっしりとした構築美はありませんがすっきりとした曲。ちょっと不安定といえば不安定な曲調ですが、ボヘミヤの香りがする曲でした。
 
③ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第8番
 ラズモフスキーの3曲の中では短調ということもあり内省的な曲。エクの定期演奏会では必ずベートーヴェンの作品を必ず取り上げているほど、ベートーヴェンを自家薬籠中のものにしています。やはり今日の演奏会では白眉でした。西野さんのリードが光ります。

次のエクの演奏会を聴きに行くのは、来年の都民芸術フェスティバル。都民芸術フェスティバルでは廉価でよい演奏が聴けます。よい席は残り少ないですよ。お急ぎください。


2011年11月23日 (水)

畠山直哉展 「ナチュラル・ストーリーズ」

東京都写真美術館にて、畠山直哉展 「ナチュラル・ストーリーズ」を見てきました。

201111181516000_2

自然との対峙をテーマに写真を撮り続けている氏の初期から、最新作までをクロニクル的に集めたもの。
首都圏初となる畠山展では、自然と人間との関わりを捉えた作品を中心に136点で構成されています。

・パンプレット(表)  →写真をクリックすると拡大表示します。
_
  
パンフレット(表)の写真は自然の山ではなく、ボタ山。頂上に人間が見えます。

・パンフレット(裏、一部)  →写真をクリックすると拡大表示します。
__2

製鉄所から出る雲のごとき水蒸気を彫刻のように美しく捉えたり、炭鉱施設の爆破の連続写真など、自然の美しさというよりも、自然と人間との関係を写した写真が多い。
代表作の「ブラスト」が典型的で、石灰石の採掘現場で爆破の瞬間を連続撮影したもの。(写真美術館の入口のポスター写真)。

小さな区切られた部屋に入ると、そこは異質の空間。岩手県陸前高田市の津波被害の状況を納めた小さめの写真が60枚。氏は陸前高田の出身で3・11では実家が流され、お母様を亡くされています。壁に設置された額装されたデジタルフォトフレームに映し出されるのは、被災する前の実家周辺の風景。漁に出る男たち、祭りの夜、そして…亡き母。やり切れません・・・

自然側も容赦ないが、人間のやることも容赦ない。この暴力的な関係を、構図や色彩など、完璧な形の美しい作品にしています。

一通り作品を見た後に、担当学芸員によるフロア・レクチャーに参加したので、作品の意図とか氏の想いなどを聞く事が出来て興味深かった。

恵比寿・東京都写真美術館 2階展示室。
会期は12月4日(日)まで。


恵比寿ガーデンプレイスではバカラのシャンデリアが。

201111181525000

突然、現実世界に引き戻されました。

2011年11月22日 (火)

河口湖の絶品中華~中国菜館「湖宮」

先日(11/8~11/9)の河口湖、山中湖ドライブでの昼食の紹介。

15年ほど前に河口湖に行きましたが、河口湖湖畔で食べた中華が美味しかったので再訪しようと思いました。
ところが探しても見つからない。カーナビで店名で調べたら出てきました。移転していたのです。

異彩中国菜館 「湖宮」
http://www014.upp.so-net.ne.jp/kokyu/

以前は湖畔にあったのですが、河口湖の南に移転。林の中にあります。

P1100274

ランチメニュー

P1100266

プレートランチ(ドリンク付き)+デザート(クリーミー杏仁)を注文

・プレート

 あげワンタン、鶏肉とカシューナッツの炒め、ピータンと豆腐のピリ辛和え
P1100268

・メイン

私は「五目炒飯」
 
P1100270

これほど普及して多くの人に頻繁に作られていながら、 これほど作るのが難しい料理も珍しいでしょう。なかなか美味しい炒飯にはめぐり合えませんが、ここの炒飯のごはんのパラパラ感と味の調和はなんとも言えません。

妻は「塩味の鶏そば」

P1100271

私も一口食べましたが、スープの澄んだ色といい、薄すぎもせず濃すぎもしないほどよい塩味、上質な鶏肉、私好みの細めの中華麺。炒飯もラーメンも旨い店というのはほとんどめぐり合えないので、稀有な店です。

・ドリンク 
 種類が多く、注文に困ります。

P1100267

 妻は「キーモン紅茶」を注文

P1100269

二人とも飲んだことがなかったのですが、「キーモン(祁門)紅茶」は世界3大紅茶の一つであり、カフェイン含量が少なく、花のような香りのいい紅茶です。アルコールランプのサーバーで出てきたので4杯飲めました。これはお徳。

・デザート  クリーミー杏仁

P1100272

食感だけの杏仁豆腐が多い中、非常にクリーミーでとろりとした杏仁豆腐でした。

河口湖のあまり目立たない場所にありますが、ここの中華は絶品でした。

「異彩中国菜館」と銘うっている以上、珍しい料理もあるようです。
今度はディナーで訪れたいレストランでした。

◆後悔
夫婦とも単品が1100円の料理を注文してしまいました。プレートならどれでも1600円。
1200円の料理を注文すればよかった。sad

2011年11月21日 (月)

モーツァルトの顔~18世紀の天才をめぐる6つの物語

第一生命110周年記念・国際モーツァルテウム財団コレクション
     モーツァルトの顔    
18世紀の天才をめぐる6つの物語

Photo

会場:有楽町 第一生命本社1Fギャラリー
会期:11/19~11/25まで。入場無料。

展を、見に行ってきました。

この展示は、11月19日の新聞で知ったのですが、HNにヴォルフィーを名乗っている以上、見に行かないわけにはいきません。

ザルツブルクのモーツァルト住家修復をきっかけに、国際モーツァルテウム財団と友好関係を継続している第一生命の創業110周年の記念イベントです。

6つの物語というのは、
①モーツァルトの来歴
②作曲家モーツァルトの世界
③モーツァルト・ファミリー
④モーツァルトの活躍
⑤モーツァルトの足跡
をパネルや絵(レプリカ)で紹介。
⑥ビジュアル&サウンドアーキテクチャ「モーツァルトの素顔」
はショートムービーで紹介。
という構成。

目玉は何と言っても門外不出(日本初上陸)といわれるヨーゼフ・ランゲ作モーツァルトの「未完成肖像画」。ザルツブルクのモーツァルトの住家に展示されていますが、私は建物の外観しか見ていないのでこの絵は見ていないのです。
ピアノに向かって、やや憂いに満ちた顔でうつむき加減の構図で描かれていますが、ピアノの部分は全く描かれていません。晩年の体調の悪さから来る顔のむくみ等も忠実に表しており、最もモーツァルト本人に似ているとして、特によく知られている絵です。

Photo_2

ランゲはモーツァルトの初恋の女性アロイジア(妻コンスタンツェの姉)の夫。素人ながらも絵心があったようで、アロイジアに頼まれてモーツァルトの肖像画を描いたと思われます。しかし未完成のままモーツァルトの死後コンスタンツェに渡っています。未完成に終わったのは、嫉妬深かったランゲがモーツァルトと妻アロイジアの仲を知って筆を止めたとも考えられています。まあ、このような話は闇の中においておいたほうがよろしいようで。

「トルコ行進曲」や「キラキラ星変奏曲」の本物の自筆譜が展示してありました。自筆譜は本やネットでは見たことがありますが、やはり本物の迫力にはかないません。清書したような自筆譜と対峙していると、モーツァルトが語りかけてくるようでした。

モーツァルトの遺髪も展示されていました。細い栗毛色の髪でした。なぜモーツァルトのものだと断定できるのかは不問にしておきましょう(笑)。

北側展示室では、ビジュアル&サウンドアーキテクチャ「モーツァルトの素顔」が上映され、モーツァルトの名曲と共に、モーツァルトの生涯(誕生時と死去直前)を紹介していましたが、なかなかの出来でした。

P1090179

ほとんど知っている展示物ばかりでしたが、本物が見れたということはこの上のない喜びでした。

東京近辺にお住まいのモーツァルトファンは必見です。会期が11/25までなのでお急ぎください。
しかし、人の事は言えませんが、日本にはモーツァルト・ファンが多いですね。happy01

2011年11月20日 (日)

河口湖ミューズ館・与勇輝館

11月8日~9日の河口湖、山中湖ドライブで、河口湖ミューズ館・与勇輝館に行きました。

P1100246_

P1100245_

一度本物を見たかった与勇輝(あたえ・ゆうき)の人形展。ここで常設展示が見られます。

映像でしか見ていなかったのですが、人形というよりは魂の輝きをもつひとつの人格のようです。
それに人形たちが自分の力ですくっと立っているのには驚きました。

平日だったのでゆっくりとひとつ(一人)ずつの人形と対話をしてきました。

・購入した絵葉書をスキャン

_

河口湖ミューズ館・与勇輝館のホームページはこちら。
http://www.musekan.net/


2011年11月19日 (土)

鯨の漢字になぜ「京」が?

昔は哺乳類ではなく魚と考えられていたので魚偏。
旁(つくり)の「京」は、とてつもない魚ということで、「兆」の上の桁の「京(けい)」が使われたとか。

「京」といえば今話題の日本のスーパーコンピューター「京(けい)」。
計算速度世界一を維持したのはいいのですが、有効活用してもらいたいものです。

2011年11月18日 (金)

吉祥寺~三鷹散歩 Vol.2 山本有三記念館

前回の日記の続編 Vol.2です。

散歩コースは、
吉祥寺駅~井の頭公園~玉川上水・新橋(太宰治の遺体発見現場付近)~ナザレ修女会~ジブリ美術館~平和通~井心亭(太宰旧居跡付近)~⑤山本有三記念館~風の散歩道~玉川上水・むらさき橋(太宰治の入水現場付近)~禅林寺(太宰治の墓)~三鷹駅。

Vol.2は⑤山本有三記念館を紹介します。

山本有三記念館は玉川上水のむらさき橋近くの「風の散歩道」沿いにあります。

・風の散歩道 気持ちがよい散歩道です。

P1100403

洋館風の重厚な記念館。シャレた門です。
入場料は300円。

P1100405
  
P1100406

ここは山本有三の旧宅ですが、もともとは清田龍之介という貿易商の別荘として建てられたもの。その後山本有三の所有となり、1936年(昭和11年)4月から進駐軍に接収される1946年(昭和21年)までの10年間をここで過ごし、執筆活動にあたりました。有名な 『路傍の石』 もこの館で書かれた作品です。今でこそ、この辺りは住宅街になっていますが、当時は雑木林が広がっていたそうです。

門の前に大きな石が置かれていて、その名も「路傍の石」。

P1100431_

「路傍の石」の説明板には、「名作を記念する“路傍の石”。 小説『路傍の石』執筆当時の昭和12年、有三は、中野の旧陸軍電信隊付近の道ばたでこの大きな石を見つけ、この家の裏庭に運びこんだと伝えられています。この石は作品の名に因みいつしか“路傍の石”と呼ばれ親しまれるようになり……」と記してあります。

書斎(現展示室B)。板張りで凝った造り。

P1100422_

応接間(現展示室A)のマントルピース。このような暖炉が3つもあります。当時はよほど寒かったのでしょう。

P1100412_

ステンドグラスがある階段。

P1100414_
  
P1100427_

内部には氏にゆかりの品々や著作に関する資料が展示されています。代表作のひとつ、「女の一生」は杉村春子の当たり役になりましたね。

P1100417_

屋敷の裏庭も公園として開放されています。ここは無料。こちら側から見る建物も重厚。

P1100429_

私は文学というよりも建築のほうに興味があったので入館しましたが、文学好きの方も、建築好きな方も一度は訪れてほしい場所です。

ところで、散歩の途中で不思議な文字が書かれたアパートを発見しました。なんと読むのでしょうか?

P1100401_2

2011年11月17日 (木)

吉祥寺~三鷹散歩 Vol.1 太宰の足跡を追う

今日、吉祥寺に行ったついでに太宰治の足跡を追ってきました。

私は特に太宰のファンではないのですが、今年の2月に津軽の生家(斜陽館)を見てきたことだし、家の近くなので散歩がてらに巡って来ました。

散歩コースは、
吉祥寺駅~井の頭公園~①玉川上水・新橋(太宰遺体発見現場付近)~ナザレ修女会~ジブリ美術館~平和通~②井心亭(太宰治旧居跡付近)~山本有三記念館~風の散歩道~③玉川上水・むらさき橋(太宰治入水現場付近)~④禅林寺(太宰治の墓)~三鷹駅。
15,000歩の散歩でした。

Vol.1 は太宰治関連の①~④を紹介します。

これが青森県金木町にある太宰治の生家(今年の2月に撮影)
P1070036_3
かなりの豪邸です。銭湯かと思いましたhappy01

散歩コースの順序とは異なりますが、太宰の生涯に沿って紹介します。

②井心亭(太宰旧居跡付近)。 「せいしんてい」と読みます。
P1100397

昭和58年に三鷹市が建設した和風文化施設ですが、この建物の垣根の所に、太宰治旧宅の玄関前に植えられていた百日紅(さるすべり)の木が移植されています。
P1100394

P1100389

太宰が眺めていた「百日紅の木」が、彼の死後63年後の現在でもこうやって生き続けている事に感慨を覚えます。

井心亭の前が平和通り。この写真の右側あたりが太宰の旧居があった場所です。
P1100400


③玉川上水・むらさき橋(太宰入水現場付近)

P1100441

喀血を繰り返し体調が悪化していた太宰治は、昭和23年6月13日深夜、愛人山崎富栄とともに玉川上水に入水自殺しました。太宰38歳、富栄28歳。いまでは想像も出来ませんが、当時の玉川上水は川幅12メートル、深さ2メートルの急流で、「落ちると死体もあがらぬ魔の淵」と言われていました。

入水現場近くにある記念碑に当時の写真がありました。
物思いにふけりながら玉川上水べりにしゃがみこむ太宰。
P1100444

太宰治を偲ぶ無名碑として、生地金木町で採れた玉鹿石がここに置かれています。
以前に比べて石が小さくなっているとのこと。ファンが削って持っていったのでしょうか。
Photo_2


①玉川上水・新橋(太宰遺体発見現場付近)

P1100370_

6日後の6月19日、1.5キロ下流の新橋あたりで、紐で結び付けられた2人の遺体が写真のあたりで発見されました。この日は丁度太宰の誕生日。現在のこのあたりは木々が鬱蒼と生い茂っており川面も見えません。


④禅林寺

P1100446
太宰治の墓があるお寺です。
なぜ太宰の墓がここにあるのかは、1944年に発表された『花吹雪』の一節を読めば分ると思います。

『禅林寺に行ってみる。この寺の裏には、森鴎外の墓がある。どういうわけで、鴎外の墓が、こんな東京府下の三鷹町にあるのか、私にはわからない。けれども、ここの墓地は清潔で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小綺麗な墓地の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかも知れないと、ひそかに甘い空想をした日も無いではなかったが、今はもう、気持が畏縮してしまって、そんな空想など雲散霧消した。私には、そんな資格が無い。立派な口髭を生やしながら、酔漢を相手に敢然と格闘して縁先から墜落したほどの豪傑と、同じ墓地に眠る資格は私に無い。お前なんかは、墓地の択(え)り好みなんて出来る身分ではないのだ。はっきりと、身の程を知らなければならぬ。私はその日、鴎外の端然たる黒い墓碑をちらと横目で見ただけで、あわてて帰宅したのである。』
この意が汲まれて、太宰の墓は鴎外の斜め向かいに建立されました。

太宰の墓
P1100453_

墓の傍らにハングル語の「人間失格」が。韓国人のファンなのでしょうか。
P1100455_

森鴎外(森林太郎)の墓
P1100456_

毎年6月19日の太宰の命日「桜桃忌」には、大勢の女性太宰ファンが花束を持って、お参りにやってきます。
モーツァルトもそうですが、夭折した人のほうが人気があるんだなあ。

Vol.2は山本有三記念館を紹介します。


2011年11月16日 (水)

喪中欠礼はがき

すでに年賀状も発売されましたが、今年も残り一ヵ月半。

11月に入ると、喪中欠礼はがきが舞い込むようになり、我が家にもすでに3通の欠礼はがきが届いています。

服喪期間中に新年を迎える場合は、喪中欠礼の挨拶状を出すのが一般的です。

●服喪期間

両親の場合は服喪期間が1年だということは知っていましたが、夫・妻は1年、子・兄弟姉妹が3ヶ月というのが一般的だそうです。

●喪中の範囲

ところで、喪中の範囲はどこまでなのでしょうか?
ネットによると、一般的には、自分を中心として、一親等(父母・配偶者・子)と、同居している二親等(祖父母・兄弟・孫)が喪中になります。たとえ同居していなくても、悲しみの気持ちが強い場合は、二等親でも喪中欠礼を出しても構わないということです。
誰の喪中なのか書いていないはがきも見受けられますが、いつ誰が亡くなったか位は書いてほしいと思います。

●欠礼はがきを受取ったら

喪中欠礼はがきは「年賀欠礼」であり、こちらからは新年の挨拶ができませんので…ということを知らせるわけだから、年賀状をもらうことは構わないと考える人もあるそうで、これには私も賛成です。しかし喪中を知っていて年賀状を出すのはなんですから、寒中御見舞いのはがきを出したほうがいいでしょうね。

●我が家では

今年5月に義姉(妻の一番上の姉)が亡くなりました。
兄弟姉妹なら同居していても服喪期間は3ヶ月。しかし妻が「一番仲が良かった姉なので喪中欠礼にしたい」と言うので、今年は妻の知人、友人には妻名義で喪中欠礼はがきを出すことになりました。

年賀状は妻と連名で出していますので、今年は私のほうの親類、友人には私の名前だけで出すことになります。定年退職の最初の年賀状が私の名前だけ・・・定年離婚と思う人もいるかもしれませんねcoldsweats01

2011年11月15日 (火)

河口湖、山中湖ドライブ

2011年11月8日から一泊で、富士五湖(主に河口湖、山中湖)周辺をドライブしてきました。

今年は、台風の影響で葉が落ちてしまったことと、気温の変動が大きいため、あまりきれいな紅葉は見られませんでしたが、山中湖の紅葉ライトアップは幻想的でした。

Imgp1297

写真を掲載しましたので、
アルバムをご覧ください
(別ウィンドウで開きます)

2011年11月14日 (月)

ブログ開設のご挨拶

13年前(1998年)に試験的にホームページを立ち上げましたが、ここ数年はなんの更新もしていません。

その後、2006年10月にMIXIに入会し、MIXIで日記を書いて活動してきました。
MIXIでのHNは"ヴォルフィー"です。

MIXIだと限られた人しか日記が見れないのと、MIXIの相次ぐユーザ無視の改変に業を煮やし、新にブログを立ち上げたということです。

しばらくはMIXIと同じ日記を掲載することになると思います。

トップページ | 2011年12月 »

フォト
無料ブログはココログ