« 河口湖の絶品中華~中国菜館「湖宮」 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ 第22回東京定期演奏会 »

2011年11月23日 (水)

畠山直哉展 「ナチュラル・ストーリーズ」

東京都写真美術館にて、畠山直哉展 「ナチュラル・ストーリーズ」を見てきました。

201111181516000_2

自然との対峙をテーマに写真を撮り続けている氏の初期から、最新作までをクロニクル的に集めたもの。
首都圏初となる畠山展では、自然と人間との関わりを捉えた作品を中心に136点で構成されています。

・パンプレット(表)  →写真をクリックすると拡大表示します。
_
  
パンフレット(表)の写真は自然の山ではなく、ボタ山。頂上に人間が見えます。

・パンフレット(裏、一部)  →写真をクリックすると拡大表示します。
__2

製鉄所から出る雲のごとき水蒸気を彫刻のように美しく捉えたり、炭鉱施設の爆破の連続写真など、自然の美しさというよりも、自然と人間との関係を写した写真が多い。
代表作の「ブラスト」が典型的で、石灰石の採掘現場で爆破の瞬間を連続撮影したもの。(写真美術館の入口のポスター写真)。

小さな区切られた部屋に入ると、そこは異質の空間。岩手県陸前高田市の津波被害の状況を納めた小さめの写真が60枚。氏は陸前高田の出身で3・11では実家が流され、お母様を亡くされています。壁に設置された額装されたデジタルフォトフレームに映し出されるのは、被災する前の実家周辺の風景。漁に出る男たち、祭りの夜、そして…亡き母。やり切れません・・・

自然側も容赦ないが、人間のやることも容赦ない。この暴力的な関係を、構図や色彩など、完璧な形の美しい作品にしています。

一通り作品を見た後に、担当学芸員によるフロア・レクチャーに参加したので、作品の意図とか氏の想いなどを聞く事が出来て興味深かった。

恵比寿・東京都写真美術館 2階展示室。
会期は12月4日(日)まで。


恵比寿ガーデンプレイスではバカラのシャンデリアが。

201111181525000

突然、現実世界に引き戻されました。

« 河口湖の絶品中華~中国菜館「湖宮」 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ 第22回東京定期演奏会 »

美術館・写真展めぐり」カテゴリの記事

コメント

アクティブでいらっしゃいますね〜。フットワークが軽いというか、お若いというか。(ここまで褒めたらリンゴ3個くらい来るかしら?笑)
写真はときとして、文字よりもリアルに語ってくれますし、問題を提起してくれるような気がします。(と、たまにはまともなコメントもいれてみました。)
バカラのシャンデリアも興味あります〜。それに、大きなワイン屋さんがありませんでした?恵比寿、行きたいな〜。

Yuriさん。
若くはないが、興味があるものには首を突っ込むのです。
写真は見る側の感受性に訴えかけますね。ぼんやり見れば表面的にしか見えないが、注意深く見ればいろんな情報が飛び込んできます。
恵比寿はオシャレな町ですね。ビールも飲めるし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/53312775

この記事へのトラックバック一覧です: 畠山直哉展 「ナチュラル・ストーリーズ」:

» NAOYA HATAKEYAMA 畠山直哉 「NATURAL STORIES ナチュラル・ストーリーズ」 [写真の鉛筆 THE PENCIL OF PHOTOGRAPH 現代写真インターネットマガジン]
 Blast /Bllind spot issue25 2003私がはじめて畠山直哉の写真と出会ったのは今から8年前だっただろうか。正確に言えば畠山直哉ではなくNAOYA HATAKEYAMAだった。というのは2003年のある日、海外の ... [続きを読む]

« 河口湖の絶品中華~中国菜館「湖宮」 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ 第22回東京定期演奏会 »

フォト
無料ブログはココログ