« チェルニー編曲によるピアノ独奏版モーツァルト「レクイエム」 | トップページ | 山の手線一周半~発車メロディーのこと »

2011年12月 9日 (金)

NHK交響楽団 第1716回定期公演 Cプログラム

NHK交響楽団 第1716回定期公演 Cプログラム1日目

日時:2011年12月9日(金) 開演:19:00、終演:21:05
会場:NHKホール
指揮:シャルル・デュトワ
ヴァイオリン:リサ・バティアシュビリ ①
青ひげ:バリント・サボ ②
ユディット:アンドレア・メラース②
コンマス:堀正文

曲目:
①ブラームス/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77
   ~休憩~
②バルトーク/歌劇「青ひげ公の城」 Op.11(演奏会形式)

また濃くなったデュトワの髪。
それはどうでもいい。

N響のもやもや金管には慣れているが、今日もやってくれた。リサ・バティアシュビリの安定した技術が光ったので残念な演奏。オケと独奏者を別々に拍手できればいいのだが。

「青ひげ公の城」(一幕)はバルトーク唯一の短い(一時間程度)オペラ。歌唱する出演者は2人のみで場面の展開もないため、演奏会形式でも充分。
N響の演奏もよかったが、アンドレア・メラース(メゾ・ソプラノ)のドラマティックな歌唱力には驚いた。ブラボー多発。この声量なら広いNHKホールでも、隅々まで綺麗に聴き取れたことであろう。解説を見るとバルトークと同じハンガリー生まれで、「青ひげ公の城」のユディットを当たり役としているとの事。うなずける。

« チェルニー編曲によるピアノ独奏版モーツァルト「レクイエム」 | トップページ | 山の手線一周半~発車メロディーのこと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/53444374

この記事へのトラックバック一覧です: NHK交響楽団 第1716回定期公演 Cプログラム:

« チェルニー編曲によるピアノ独奏版モーツァルト「レクイエム」 | トップページ | 山の手線一周半~発車メロディーのこと »

フォト
無料ブログはココログ