« 楽譜を無料でダウンロードできるサイト | トップページ | ミカンの皮の剥き方 »

2011年12月31日 (土)

大晦日

大晦日とは1年の終りの日。

いろいろなことがありすぎた2011年も一日を残すのみ。

大晦日には年越し蕎麦を食べて除夜の鐘を撞きますが、その謂れは・・・

○年越し蕎麦

みなさん年越しソバを食べると思いますが、年越し蕎麦を食べる習慣については江戸中期から始ったものですが、その理由はいろいろな説があるようです。

そのひとつとして、
元々月末に蕎麦を食べる「晦日蕎麦(みそかそば)」という習慣があり、大晦日だけにその習慣が残ったもの。
というのがあります。

また、金箔職人が飛び散った金箔を集めるのに、蕎麦粉を使ったことから、年越し蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないと言われました。

○除夜の鐘

除夜の鐘は108回撞かれますが、108の数にも意味があります。
眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに苦楽・不苦・不楽があって18類、この18類それぞれに浄・染があって36類。この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、これは人間の煩悩の数を表すとされています。

また、月の数12、二十四節気の数24、七十二候の数72を足した数が108となり1年間を表しています。

108の数にはこんな意味があったのですね。


2011年は東北関東大震災という未曾有の大惨事がありました。
原発事故も加わり、復興にはかなりの時間がかかると思いますが、来年は明るい年になるように、と祈らざるおえません。
皆様、よいお年をお迎えください。

« 楽譜を無料でダウンロードできるサイト | トップページ | ミカンの皮の剥き方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/53613295

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日:

« 楽譜を無料でダウンロードできるサイト | トップページ | ミカンの皮の剥き方 »

フォト
無料ブログはココログ