« ゴヤ展 2枚のマハ | トップページ | ハワイイ旅行記~プロローグ »

2012年1月14日 (土)

NHK交響楽団 第1718回 定期演奏会 Cプログラム

NHK交響楽団 第1718回 定期演奏会 Cプログラム1日目

日時:2012年1月13日(金) 開演:19:00 終演:21:00
会場:NHKホール
指揮:ラドミル・エリシュカ
コンマス:篠崎史紀
曲目:
①スメタナ/交響詩「ワレンシュタインの陣営」 Op.14
②ヤナーチェク/シンフォニエッタ
   ~休憩~
③ドヴォルザーク/交響曲第6番ニ長調 Op.60

指揮のラドミル・エリシュカはチェコ生まれの80歳。とても80歳とは思えない矍鑠とした指揮。
チェコの作曲家3人の曲であるが、選曲が地味なせいか空席が目立つ。

①スメタナ/交響詩「ワレンシュタインの陣営」

ワレンシュタイン(ヴァルトシュテイン)は30年戦争時に活躍した貴族で、プラハにプラハ城に次ぐ大きさの宮殿を作ったりなどして皇帝の顰蹙を買い、暗殺されたという人物。昨年チェコに行って宮殿を見てきた。勉強しておいてよかった[m:50] 初めて聴く曲だが、陣営での情景が目に浮かぶような楽しい曲。CDを買わねば。

②ヤナーチェク/シンフォニエッタ

村上春樹の「1Q84」に出てきただけでブームになった曲。ちなみの我が高○寺も出てくるとか。舞台後方に13名のブラスがならび、統制が取れた音を奏でていた。

③ドヴォルザーク/交響曲第6番ニ長調

ドヴォルザークの交響曲は、7,8,9「新世界」はよく演奏されるが、6番は珍しい。CDも持っておらず、聴いたことは一回くらいかも。
1,2楽章は平凡だが、スラブ舞曲風の3楽章とまとまり感がある4楽章が聴き所。演奏はどちらかというの端正で上品な作り。もっとスラブ色が欲しかった。


flairちなみに私が生まれた頃は、「新世界」は5番と呼ばれていた。第二次世界大戦後に番号が付けられていなかった曲と新発見の曲が追加されて番号が4つづつずれ、5番が9番になったということである。

最近シューベルトの「未完成」が7番になっているが、番号の変更は勘弁して欲しい。誰がなんと言おうと「未完成」は8番である。happy01

« ゴヤ展 2枚のマハ | トップページ | ハワイイ旅行記~プロローグ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/53732155

この記事へのトラックバック一覧です: NHK交響楽団 第1718回 定期演奏会 Cプログラム:

« ゴヤ展 2枚のマハ | トップページ | ハワイイ旅行記~プロローグ »

フォト
無料ブログはココログ