« ハワイ紀行~③ルアウ・ショーとサンセット | トップページ | 日本語になった "おフランス語" »

2012年2月 6日 (月)

読響のストラヴィンスキー3大バレエ音楽

都民芸術フェスティバル オーケストラ・シリーズNo.43

日時:2012年2月6日(月) 開演 19:00 終演 21:05
会場:東京オペラシティ コンサートホール
演奏:読売日本交響楽団
指揮:沼尻竜典
ピアノ:永野英樹 ②
コンマス:藤原浜雄

曲目:
ストラヴィンスキー 3大バレエ音楽
①火の鳥(1919年版)
②ペトルーシュカ(1947年版)
  ~休憩~
③春の祭典
 ※さすがにアンコールなし

珍しいことに、プログラムに「ペトルーシュカ」のピアノ奏者の名が掲載されていた。

ストラヴィンスキーのデビュー作「火の鳥」
親しみやすいメロディーの断片のオンパレード「ペトルーシュカ」
複雑で奇怪なリズム、ポリフォニー、不協和音に満ちていて原始的な音の洪水の「春の祭典」
ストラヴィンスキーの3大バレエ音楽を一夜で演奏するという、指揮者にも演奏者にも酷な演奏会。
これがA席3800円で聴けるなら儲けもの。

沼尻竜典の的確な指揮、金管の破綻はあったものの管楽器の活躍が大きかった。特に「春祭」は出色の出来。ブラヴォー多発。

★蛇足

「春の祭典」の曲名にはフランス語の Le sacre du printemps が併記されていることが多いが、私は長い間 printemps を「プリンテンプス」と発音していた。銀座に同名のデパートがあることに気づいて、これが「プランタン」と読むことを知った時の驚きはいかばかりであったろう。wobbly

そういえばフランスで活躍したベルギー人作曲家・ヴァイオリニストのビュータンは Vieuxtemps と綴る。 なぜ発音しない文字を書くのか! フランス語の責任者出て来い!

« ハワイ紀行~③ルアウ・ショーとサンセット | トップページ | 日本語になった "おフランス語" »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/53920995

この記事へのトラックバック一覧です: 読響のストラヴィンスキー3大バレエ音楽:

« ハワイ紀行~③ルアウ・ショーとサンセット | トップページ | 日本語になった "おフランス語" »

フォト
無料ブログはココログ