« フェルメールからのラブレター展 | トップページ | 前とうしろ »

2012年3月14日 (水)

フェルメールに関するご案内

Bunkamura ザ・ミュージアムの「フェルメールからのラブレター展」は今日(2012/3/14)で終了ですが、これからもフェルメールの絵が見られます。

①「真珠の耳飾りの少女」(「青いターバンの少女」)

Photo_2


上野・東京都美術館
マウリッツハイス美術館展(6/30~9/17)
http://www.asahi.com/mauritshuis2012/

東京都美術館の改修後の記念美術展です。
あの「真珠の耳飾りの少女」が見れます!
この後は神戸に巡回します。
 
 
2012/7/13に観てきました

 
②「真珠の首飾りの少女」

P2190073_2

上野・国立西洋美術館
ベルリン国立美術館展(6/13~9/17)
http://www.berlin2012.jp/

この絵は日本初公開です。
ほぼ同時期に上野でフェルメールの有名絵画が2つも見れるなんて、なんて幸運なんでしょう。
 
 
2012/6/27に観てきました

 
 
こんな美術展もあります。

③フェルメール・センター銀座(1/20~7/22)
フェルメール 光の王国展
http://www.vermeer-center-ginza.com/
フェルメール全37点のリ・クリエイト作品を展示。

分子生物学者の福岡伸一氏のプロデュース。現存する全フェルメール作品を最新のデジタルマスタリング技術によって、彼が描いた当時の色調とテクスチャーを推測して、原寸大で、所蔵美術館と同じ額装を施して一堂に展示。

単なる複製画ではないそうです。
本物ではないとはいえ、フェルメールの全作品が同じ大きさ、同じ額装で見れるなんて!

まさにフェルメール絵画は引っ張りだこ状態ですね。
客寄せパンダと言ったら怒られるでしょうか


人ごみが嫌だという人は、フェルメールのこんな手軽な入門書はいかがでしょうか。

フェルメール ―謎めいた生涯と全作品
Kadokawa Art Selection(角川文庫)

その全作品をカラーで紹介し第一人者が解説する、初心者もファンも垂涎の手軽な入門書!

« フェルメールからのラブレター展 | トップページ | 前とうしろ »

美術館・写真展めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルメールに関するご案内:

« フェルメールからのラブレター展 | トップページ | 前とうしろ »

フォト
無料ブログはココログ