« フェルメールに関するご案内 | トップページ | しゃれた機内安全デモ »

2012年3月15日 (木)

前とうしろ

私は飛行機に乗った場合、機内誌には必ず目を通します。
昨年のことですが、日本航空の機内誌「SKYWARD国内版」を読んでいたら面白い記事があったので紹介します。

浅田次郎の「つばさよつばさ」という連載コーナーです。
テーマは「前とうしろ」。

あらかじめ言っておきますが、皆さんが期待しているようなお下劣な話題ではありませんよ。 happy01

一般人の家に入る時に靴を脱ぐ習慣があるのは、日本と韓国、台湾、西アジアの一部くらいで少数派だそうです。私が外国で一般家庭にお邪魔したのは、タイ、中国、ノルウェーだけですが、ノルウェーの農家では靴を脱ぎました。これはお国柄というよりも個人の問題かもしれませんが、各国とも日本のような段差がある玄関ではありませんでした。

それはさておき、
氏がソウルに行った時の韓国料亭での出来事。氏が玄関のたたきで後向きになって靴を脱いだ時に、料理店の主人から「どうして日本人のみなさんは後向きになって靴を脱ぐのでしょう」と質問されたそうです。どうも、最初から帰る仕度をしているように思われたみたいだそうです。なるほど、そんな考えもあるのですね。日本人は主人の手を煩わせたくない、という思いやりの心からの行動だと思うのですが。

氏はアメリカでも似たような体験があり、あるホテルの駐車場でバックで駐車したら、駐車場の係員から「日本人は皆、何故バックで駐車するの?」と質問されたそうです。
要するにバックで駐車するのと、バックで出庫するのは手間は同じじゃないか?ということ。

前向きで頭から入庫するか、バックで入庫するかは時と場合によりますが、日本の駐車場は大概において狭いので、内輪差の影響が少ないバックで入れたほうが入れ易いという理由だと思っています。教習所でもそう習ったような習わなかったような。

この話のオチとして、氏が大きなスーツケースを車のトランクに入れようとしたら、バックで駐車したおかげでトランクに入れるのに手間取り(おそらく後が壁か、後ろに駐車している車がぎりぎりに停まっていたのでしょう)、件の係員が鼻で笑っているような視線を感じたので、目をあわせないようにそそくさと出庫。さすが小説家のオチだと感心。

氏の2つのエピソードとも、普段我々が常識と思ってることも、世界では常識では無いかもしれません。

« フェルメールに関するご案内 | トップページ | しゃれた機内安全デモ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/54226757

この記事へのトラックバック一覧です: 前とうしろ:

« フェルメールに関するご案内 | トップページ | しゃれた機内安全デモ »

フォト
無料ブログはココログ