« 人種差別 | トップページ | 伊豆稲取温泉の「雛のつるし飾り」まつり »

2012年3月 1日 (木)

河津桜

2012年2月27日~29日、区の契約保養施設と直営施設を利用して伊豆方面をドライブしてきました。

春を求めて伊豆ドライブの1回目

まず、2月28日の河津桜


大きな地図で見る">

河津桜とは、
静岡県賀茂郡河津町で毎年2月下旬から3月上旬に満開になる濃いピンク色の桜。この桜は染井吉野のようにパーっと咲いてパーっと散る桜ではなく、伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし、毎年2月上旬から開花しはじめ約1ヶ月を経て満開になります。この桜は本州でも早咲きの種類に分類されています。
数年前までは無名の河津桜もここ数年で全国区になったようです。
ただ河津桜は開花の予想が立てづらく、早い時にはお正月から開花する場合もあったり、遅い時は2月中旬に開花が始まったりとなかなかワガママな観光客泣かせの桜です。そうです、美しいものはワガママなのです。

風が強く寒い日でした。
河津川沿いの河津桜。まだまだ満開は先です。
P1120176_20120228

私は2007年の同じ時期(2/26)に河津桜を見に行っています。
ほぼ同じ構図の写真。この時は満開を過ぎていました。
P1010403_20070226
黄色い菜の花との対比が美しい。

河津駅前の桜は結構咲いています。なんでも開花促進剤を注射したそうで・・・
P1120163

花よりも人の方が多い。平日にもかかわらず多くの観光バスが。
P1120168 P1120188

染井吉野よりは濃いピンク色。
P1120193
 
P1120171

白鷺がいました。
P1120194
 
 
河津桜の原木。原木は4分咲きくらい。
P1120186

河津桜の原木は、河津町の飯田勝美氏(故人)が1955年(昭和30年)頃の2月、河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽咲いているさくらの苗を見つけて、現在地に植えたものです。
1966年(昭和41年)から開花がみられ、1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き続けて近隣の注目を集めました。
伊東市に住む勝又光也氏は1968年(昭和43年)頃からこのサクラを増殖し、このサクラの普及に大きく貢献しています。一方、静岡県ではこの特徴ある早咲き桜について調査をし、この桜は河津町に原木があることから、1974年(昭和49年)にカワヅザクラ(河津桜)と命名しました。カワヅザクラはオオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と推定されています。

なんと、河津桜は命名されてから38年しか経っていないのです。それも自然交配種とは驚きます。

この分だと満開は遅れに遅れて3月12日頃だそうです。
どなたか満開のレポートをお願いします。

PS.
花を見るというよりも、観光客と出店を見に行ったようなものですが、前回と同じく何も買わず

« 人種差別 | トップページ | 伊豆稲取温泉の「雛のつるし飾り」まつり »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河津桜:

« 人種差別 | トップページ | 伊豆稲取温泉の「雛のつるし飾り」まつり »

フォト
無料ブログはココログ