« 熱海「起雲閣」 | トップページ | みなみ伊豆 みなみの桜と菜の花まつり 伊勢海老付き »

2012年3月 8日 (木)

熱海のさくらと梅

春を求めて伊豆ドライブの4回目

◆熱海桜

2/27は文化の香りふんぷんの起雲閣を後にして、
まずはすぐ近くの糸川遊歩道沿いの「あたみ桜」を見物に。

熱海には「あたみ桜」という早咲きの桜があり、有名な河津桜よりも開花が早く、開花時期は沖縄の寒緋桜とほぼ同じだそうです。

P1120073

「あたみ桜」と言われてもご存知の方は少ないはず(知らなかったのは私だけかな?)。

~以下、ネットより転載
「あたみ桜」は毎年1月上旬~2月に咲くインド原産の寒桜の一種で、 明治4年頃イタリア人によってレモン・ナツメヤシとともに熱海にもたらされ、 その後先人たちの努力により増殖が行われました。
市内の多くの場所に植栽され、下田の御用邸(昭和47年)や伊勢神宮(昭和48年)、 東宮御所(昭和51年)に献上されたことにより、広く知られるところとなりました。
昭和40年に開かれた「花いっぱい運動」で「あたみ桜」と命名され、 昭和52年4月10日(市制40周年記念)に熱海市の木に指定されました。
同じ枝に、早期に咲く花芽と後期に咲く花芽が二段構えにできることから、一ヶ月ほど花が楽しめます。
~凡才・・・転載の終わり

河津桜は1974(昭和49)年に命名されたので、それよりは古いんですね。知らなかった。

一番多くあるのは糸川遊歩道沿い。
町のド真ん中に流れる川なので風情はありません。
P1120076

かなり濃いピンク色です。
P1120063

P1120071

P1120072

あたみ桜、糸川桜まつりは1/21~2/12ですが、まだ見ることが出来ました。開花がかなり遅れたので、3/11(日)までなんと一ヶ月も延長とか。


◆熱海梅園

その後有名な熱海梅園へ。初めての訪問です。
P1120081

もっと空気が汚いのかと思っていましたが、綺麗な空気・・・煤煙

早咲きは見頃ですが、全体的に2分咲き程度。4週間も遅れているそうです。
P1120087_

P1120085

P1120095

かなり寂しい風景
P1120093

梅にはたくさんの種類がありますが、ヤバイ系???
これはヤバイかも
P1120103_

湯河原(幕山)梅園はもっと悲惨な状態のようだったので行きませんでした。

« 熱海「起雲閣」 | トップページ | みなみ伊豆 みなみの桜と菜の花まつり 伊勢海老付き »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海のさくらと梅:

« 熱海「起雲閣」 | トップページ | みなみ伊豆 みなみの桜と菜の花まつり 伊勢海老付き »

フォト
無料ブログはココログ