« 笑える写真☆キーがつきましたか? | トップページ | 笑える写真☆ごっつぁんです »

2012年4月15日 (日)

ザ “MARUTANI” ワールド

“吹奏楽界のカリスマ”こと大阪府立淀川工科高吹奏楽部顧問の丸谷明夫の指揮による特別コンサート。

■ザ“MARUTANI”ワールド

日時:2012年4月14日(土) 開演:16:00 終演:18:42
演奏:東京佼成ウインドオーケストラ
指揮:丸谷明夫
ゲストコンサートマスター:須川展也(サキソホン)
曲目:
 ①音楽祭のプレリュード(アルフレッド・リード)
 全日本吹奏楽コンクール課題曲セレクション
  ②「高度な技術への指標」/河辺公一(1974年課題曲)
  ③式典のための行進曲「栄光をたたえて」/内藤淳一(2001年課題曲)
  ④「オーディナリー・マーチ」/高橋宏樹(2010年課題曲)
  ⑤行進曲「希望の空」/和田信(2012年課題曲)
 ⑥リンカーンシャーの花束(パーシー・グレインジャー)
   ~ 休憩 ~
 ⑦祝典序曲(ドミトリー・.ショスタコーヴィッチ)
 ⑧大阪俗謡による幻想曲(大栗裕)
 ⑨お楽しみコーナー~観客有志による指揮コーナー
  美中の美(スーザ)
  旧友(タイケ)
 ⑩アルメニアン・ダンス パートI (アルフレッド・.リード)
 ※アンコール
  ・不詳 サキソホン独奏あり
  ・陽はまた昇る(フィリップ・スパーク)
  ・故郷~開場全体で唱和
  ・行進曲 ウェリントン将軍

知人が行けなくなったので、代理で聴いて来た。

場所は、杉並区の立正佼成会「普門館」。初めての訪問。
収容人員5000人の大ホール。東京国際フォーラムのホールAに似ている。
が、もっと豪華。ホール内の両側にエスカレータがある。
P1090364

P1090367

全日本吹奏楽コンクール(日本の吹奏楽界では、高校野球でいう「夏の甲子園」に匹敵する最も大きな大会)中学・高校の部の全国大会が毎年普門館で開催されていることから、「吹奏楽の甲子園」と呼ばれている。

開演前に学生たちが舞台を触っていた。彼らにとっては憧れの舞台なんだろうなあ。

P1090366_

ロビーは楽器や楽譜、CDの宣伝・販売で大混雑。クラシック音楽コンサートとは違って若い子が多く、戸惑いを感じる。

P1090365

吹奏楽(ブラスバンド)の世界はあまり詳しくはないが、中学生の時に買った初めてのレコードが「スーザ行進曲集」。これがクラシック好きになったきっかけかもしれない。

この特別講演会は昨年開催される予定だったが、東日本大震災の影響で中止になった。一年越しの再演である。

東京佼成ウインドオーケストラは1960年結成のプロ・オーケストラ。
⑦⑨以外ははじめて聴く曲であるが、さすがの演奏であった。特に⑦祝典序曲では、2階席両側に総勢70人の特別公募のバンダ(別働隊)とともに華やかな音楽の宴が繰り広げられた。

丸谷明夫の明るく軽妙洒脱なトークもあり、アンコールでは会場全体で「故郷」を唱和するなど、非常に楽しめた演奏会であった。
氏が率いる大阪府立淀川工科高吹奏楽部は全国大会金賞の常連校ということであるが、氏の人柄からくるものであろう。「吹奏楽は演奏しても聴いていてもワクワクしなければならない」と願い続けているそうである。

今日は肌寒く一日中雨であったが、吹奏楽を聴いて心が晴れてきた。行きはバスで行ったが、帰りは小雨の中を自宅まで歩いて帰宅。

« 笑える写真☆キーがつきましたか? | トップページ | 笑える写真☆ごっつぁんです »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/54472376

この記事へのトラックバック一覧です: ザ “MARUTANI” ワールド:

« 笑える写真☆キーがつきましたか? | トップページ | 笑える写真☆ごっつぁんです »

フォト
無料ブログはココログ