« ショプロンってどこ? 中欧旅行(6) | トップページ | おとぎの国~テルチ 中欧旅行(8) »

2012年4月30日 (月)

ユニークな銅像たち~ブラチスラヴァ 中欧旅行(7)

中欧旅行第3日(2)~ブラチスラヴァ

9月28日

午前中にショプロンの旧市街を散策し、一時間半のバス旅でスロバキアに入国。
入国といってもシェンゲン協定国間の移動はパスポートコントロールがないので寂しい。パスポートにハンコが欲しいのだが・・・

ちなみにEU圏、ユーロ圏、シェンゲン圏はそれぞれ別なのでご注意を。


◆スロバキア

国土は北海道の5分の3、人口540万人という小国。ハンガリー王国の一部だった時代が長い。
第一次世界大戦後オーストリア・ハンガリー帝国からチェコと合併するかたちで独立し、その後幾らかの変遷を経て、1993年にチェコスロバキアから分離独立(ビロード離婚と言われている)し現在に至る。ユーロ加盟国。

あの欲張りヒトラーに、「チェコは欲しいがスロバキアはいらん」と言わしめたほど、国土のほとんどが山岳で、めぼしい産業はない農業国。貧乏国ゆえ、欧州金融安定化基金の拡充策を最後まで反対した。
もともとチェコ人とスロバキア人は民族が異なるが、チェコ語とスロバキア語は日本語の標準語と関西弁の違いくらいしかない。


ブラチスラヴァ

ドナウ川沿いにあるスロバキアの首都。オーストリアとの国境がすぐそばにあり、世界で一番国境に近い首都(国防上の問題があるぞ)ではないかな?
1542年、ハンガリー王国の首都ブダがオスマン帝国の手に落ちた際には、ブラチスラヴァに首都が移され、マリア・テレジアもここでハンガリー女王としての戴冠式を受けた。町の中心には旧市街とブラチスラヴァ城が美しく保存されている。

・ブラチスラヴァ城
ドナウ川のほとりの高い丘にある。四角い城の四隅に塔があり、ひっくりかえしたテーブルといわれている。簡素な城である。

P1080428

P1080425


・ブラチスラヴァ城からの眺望
 ドナウ川にかかる新橋の南の主塔が展望タワーとなっており、UFOの塔といわれている。

P1080452__ufo


 旧市街方面。聖マルティン大聖堂はおきまりの修復工事中。

P1080446_

 ブラチスラヴァ城の公園では、なにかのCM?の撮影が。

P1080449_cm

・旧市街
 旧市街で唯一残っているミハエル門

P1080517_

 フランチェスカンスキー教会

P1080503

 こういう横道が私の好み

P1080515


 6歳のモーツアルトが写真の家(パールフィ宮殿)で演奏したことがあるという記念碑。現在はオーストリア大使館。 モーツァルトならなんでもいいのだ[m:50]

P1080494__


 ナポレオン軍の砲弾が今も残る。ホンマカイナ?

P1080508_


 街角には、ハンガリー伝統楽器のテケルーを演奏しているパフォーマーがいた。 

P1080504


◆ユニークな銅像たち

 旧市街や近くの公園には最近作られたユニークな銅像がたくさんある。

 マンホールから体を乗り出す作業員の銅像。今までに2回、車に轢かれたとか(笑)

P1080550_

 隣にはパフォーマーも

P1080552__

 パパラッチが誰かを狙っている・・・  店の名も「パパラッチ」

P1080546_


 フラヴネー広場にはナポレオンも。記念撮影するには丁度よい。

P1080554_


新市街からはブラチスラヴァ城の4つの塔が見えるポイントがある。まるで逆さにした碁盤台だ!

P1080529


・スロバキア国立劇場とトラム。

 1889年に建てられた由緒ある歌劇場。

P1080577_


・スロバキア国会議事堂。  ブラチスラヴァ城のそばにある。

 小国なので、日本の市庁舎のほうが立派かも。ハンガリーの国会議事堂と比べたらいけない。
 前の広場にはドブチェクの銅像がある。

P1080456


スロバキアの首都とはいえ小ぢんまりとした街で、観光地化がそれほど進んでいない分、中世の雰囲気がそのまま残っているように感じた。派手さはないけれど、静かで良い街だった。


次回は、おとぎの国テルチ

« ショプロンってどこ? 中欧旅行(6) | トップページ | おとぎの国~テルチ 中欧旅行(8) »

中欧旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニークな銅像たち~ブラチスラヴァ 中欧旅行(7):

« ショプロンってどこ? 中欧旅行(6) | トップページ | おとぎの国~テルチ 中欧旅行(8) »

フォト
無料ブログはココログ