« 笑える写真☆フラソス製 | トップページ | いまさらベルばら »

2012年5月28日 (月)

山陰旅行~④鳥取砂丘、砂の美術館

2012/5/13~5/15の山陰旅行の4回目は鳥取の「砂の美術館」。


大きな地図で見る

最終日5/15の昼前に鳥取砂丘で90分の自由時間。
昼食込みの時間なので、見学できる時間は実質60分程度。

私も妻もそれぞれ独身時代に訪問しているので、小雨が降っていた事もあり、砂丘には行かずに砂の美術館を訪問。


art 砂の美術館

Photo


平成18年に仮設テントで開館して以来、第1期~4期展示で100万人の来場者を魅了し、そして世界で唯一の砂像展示専門の屋内美術館として、この4月にグランドオープンしたばかり。

関東での知名度はイマイチ(私も知らなかった)ですが、関西での知名度は抜群らしく、地元TVのニュースで頻繁に紹介されていました。

・入口

 バッキンガム宮殿の衛兵の砂像があるが、野ざらしなので崩れないのかな?

P1130512


・全体

P1130541_


砂の美術館は、「砂で世界旅行」をコンセプトに、毎期テーマを変えて展示をしており、第5期展示のテーマは「イギリス~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り~」。ロンドンでオリンピックが開催されることから、イギリスにちなんだ世界トップクラスの砂像16体を、世界10カ国から15人の超一流の砂像彫刻家を招き、制作・展示しています。


・館内全体(2偕から俯瞰)

大きな体育館くらいの広さ。

P1130531_

P1130534_


・砂の彫刻

札幌の雪祭りの砂版、と言ったらわかりやすいでしょう。
砂と水だけで作られているとはとても思えない緻密な彫刻。

P1130532

P1130525_

P1130523

P1130520

P1130515


第5期展示の期間は来年1月6日(日)まで。時間の経過とともに風化していくそうなので、見るなら早い方がいいかも。山陰に立ち寄った時についでに見る程度でいいでしょう。


鳥取砂丘

・砂の美術館展望台から鳥取砂丘が見えます。

P1130538jpg


・時間があったので、ちょこっと砂丘に侵入。

 小雨が降っていたので靴が沈み込まず、歩くにはちょうどよかった。

P1130545


サハラ砂漠には遠~~~~~~く及びませんが、鳥取砂丘は日本で最大の砂丘・・・ではありません。

日本で最大の砂丘は青森県下北半島の猿ヶ森砂丘(さるがもりさきゅう)。しかし砂丘の大部分が防衛省の敷地になっているため一般の観光客は通常立ち入る事ができないので知名度は低いですね。


富浦海岸

鳥取砂丘のすぐ東にある風光明媚な海岸を眺望。ここは初めての訪問。
船で巡ると綺麗でしょうね。

P1130557

P1130555


このあたりは「山陰海岸ジオパーク」の一部になっています。

P1130558


「ジオ(geo)」は、地球や大地という意味の接頭語で、「ジオパーク」とは、科学的に見て特別に重要で貴重な、あるいは美しい地質遺産を含む一種の自然公園。2004年にユネスコの支援により設立された、世界ジオパークネットワーク(GGN)により取り組まれています。

ジオパークは地質に関する自然遺産を保護するだけでなく、教育や地域の活性化に活かしていこうとする点で、主に保護を目的とする世界遺産と異なるそうです。

ジオパークに興味のある方は、こちらをどうぞ


このあと一路最終目的地の天橋立に。鳥取砂丘からバスで3時間。かなり遠い。

« 笑える写真☆フラソス製 | トップページ | いまさらベルばら »

国内旅行」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

美術館・写真展めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/54819015

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰旅行~④鳥取砂丘、砂の美術館:

« 笑える写真☆フラソス製 | トップページ | いまさらベルばら »

フォト
無料ブログはココログ