« 山陰旅行~②石見銀山 | トップページ | ダ・ヴィンチの美の理想 »

2012年5月23日 (水)

山陰旅行~③松江

2012/5/13~5/15の山陰旅行の3回目は松江

5月14日に出雲大社の正式参拝を済ませてから訪問。


宍道湖と中海に挟まれた静かな城下町。日本に幾つあるか分らない「小京都」のひとつ。松江城下の堀川の保存状態も良いことから「水の都」とも言われている。

松江は、1972年夏に会社に勤めて初めての夏休みで訪れて以来、40年ぶりの訪問
松江城周辺は40年前とあまり変わっていない(と思う)し、綺麗に整備された印象を受ける。

Photo


ツアーバスは地図左上の「松江堀川地ビール館」の駐車場に停まり、昼食を含めて2時間の自由時間。2時間では松江城周辺しか見れない。松江城は以前見たので、堀川めぐりの船に乗船。乗船時間は1時間弱。


ship 堀川めぐり

・出発前に船頭から重要注意事項の説明

 橋桁が低い橋が多い(4橋)ので、屋根が上下する。指を挟まないように、頭を屋根にぶつけないように。

P1130308__


・いざ出発

P1130311__


・鬱蒼と木が茂る堀川。亀や鴨、しらさぎがいる。

P1130315__


・このような橋を幾つもくぐる

P1130312__


 数少ない木の橋の「米子橋」。
 残念ながら、新しいコンクリの橋に架け換わるそうである。残して欲しいなあ・・・

P1130331__


・橋桁が低い橋は船の屋根が下がり、這い蹲る必要あり。
 オデブさんには苦痛かも。

P1130335__

P1130319__

・船の幅ぎりぎりのトンネル(橋の下)をくぐる

P1130321__

・岸辺の家
 
 民家が密集している場所では、船頭は案内のマイクを切ってる。
 岸辺の家はいろいろ大変であろう。

P1130332__


・松江城の天守閣が見えてきた

P1130346__

 天守閣をアップ

P1130339__


・古い家屋や江戸時代の武家屋敷が並ぶ「塩見縄手」を望む。

 川から見る「塩見縄手」は風情がある。

P1130354__

P1130356__


船巡りは、そのちょうどいいスピード感と見上げる風景が新鮮。


下船後、
run塩見縄手」を散策。

小泉八雲旧居

P1130363


小泉八雲記念館

P1130361_


塩見縄手

 江戸時代にタイムスリップしたよう

P1130379

P1130380

P1130377


restaurant 昼食は「塩見繩手」通りの「八雲庵」で出雲蕎麦を。


P1130366

 店内(別棟に座敷もあり)は有名人の色紙でいっぱい

P1130373

 三段割子蕎麦。程よい茹で具合。汁は甘め。

P1130370_

P1130371__


松江は金沢と並んで私が好きな街である。

昼食込みで2時間では松江城に登城する時間がなかった。

私:「またゆっくり来たいなあ、松江」。
松江:(京都弁風に)「いつまでも、待つえ~」


※バックナンバー

1回目の足立美術館はこちら
2回目の石見銀山はこちら

« 山陰旅行~②石見銀山 | トップページ | ダ・ヴィンチの美の理想 »

国内旅行」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/54782788

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰旅行~③松江:

« 山陰旅行~②石見銀山 | トップページ | ダ・ヴィンチの美の理想 »

フォト
無料ブログはココログ