« フランスに行ってきました | トップページ | フランス旅行~②モン・サン・ミッシェルの昼食 »

2012年6月26日 (火)

フランス旅行~①モン・サン・ミッシェル

6/14~6/22のフランス旅行の日記です。

ツアーの日程順ではなく、思いついた場所から書きますので時系列にはなっていません。


①モン・サン・ミッシェル

日本人が行きたい世界遺産で堂々の2位のモン・サン・ミッシェル。
ちなみに1位はペルーのマチュピチュ。

このツアーではモン・サン・ミッシェルの対岸のホテルに宿泊。
パリからの日帰りツアーで訪れる人が多いが、夕景や朝の風景を見るには一泊するに限る。

周囲950mの岩山に建てられた修道院、Mont St-Michel。
Mont=山、St-Michel=聖ミカエル(ミッシェル、マイケル)。聖ミカエルの山という意。
8世紀に大天使聖ミカエルの夢のお告げによって建てられ、巡礼の聖地となった。

2012年6月18日(日)、朝8時にロワールを出発。12時30分頃、ようやくバスの車窓からモン・サン・ミッシェルが姿を現した。

P1140462_


バス車内からはやんやの喝采が。
ピラミッドや富士山が初めて見えた時の感動と同じである。


◆景観を守るためのプロジェクトが始動

モン・サン・ミッシェルと陸地を結ぶ堤防が完成したのは1877年。誰もが安全に島に渡れるようになった反面、周囲に大量の砂が堆積し、島が完全に海に囲まれることも稀になった。
そこでフランス政府はかつての環境を取り戻す計画を発表し、実行に移されている。
土砂を取り除き、堤防が取り壊されて橋が架けられる。2015年に完成すると、潮の流れを妨げるのは何もなくなり、往時の姿が復元される。

まだ橋は出来ていないが、今年の4月から島へのアクセス方法が変更になり、島から2.5Kmのところの駐車場に車を置き、環境に優しいシャトルバスに乗り換えて島に向かう。

シャトルバス乗り場。この右手に大駐車場がある。 

P1140472_

シャトルバス乗り場からモン・サン・ミッシェルを望む

P1140716


◆いよいよモン・サン・ミッシェル修道院へ

シャトルバスを降りると眼前にドド~ンとモン・サン・ミッシェルが。まるで本物の山のよう。
尖塔までの高さは約150m。クフ王のピタミッドとほぼ同じ高さ。
このあたりは以前は駐車場になっていた。

P1140480_


・はね橋がある王の門。左手にオムレツで有名な「ラ・メール・プーラール」

P1140499_


・グランド・リュ(大通り)という小路には店がひしめいている

P1140533_


・城壁の上から堤防と対岸を眺める
 以前は堤防上が駐車場になっていた。

P1140708_


◆修道院内部

まずグランド・リュから50段の階段を登って哨兵の門にあがり、さらに90段の階段を登ると西のテラスにたどり着く。結構疲れる。

西のテラス

 修道院付属教会の西にあるテラスからの眺めは雄大。砂州が広がる。

P1140573_


 ガブリエルの塔を見下ろす

P1140577_


・修道院付属の教会

 素朴なステンドグラス

P1140583_

 祭壇にある聖ミカエルの小像。

P1140588__


ラ・メルヴェイユ(驚異)棟最上階にある修道院の憩いと瞑想の場所。
 美しい列柱廊。

P1140593


P1140601_


・修道僧の納骨堂

 大きな車輪がある通路。

P1140630_

 この車輪の中に6人の囚人が入り、壁のレールに沿った荷車を人力で動かすもの

P1140627_


聖エティエンヌ礼拝堂。 死者のために設置されたチャペル

 十字架に永遠を表す「AΩ(AZ)」の文字が

P1140637_


 ピエタ像(キリストの頭部は失われている)

P1140636_


・騎士の間

 修道士たちが写本や彩色を行った仕事部屋。オブジェが飾られている。

P1140642__


・修道院の出口にある尖塔を飾る聖ミカエルの像のレプリカ

P1140649_

 流し目のイケメンですなあ・・・

P1140648__


 尖塔の聖ミカエル像。 現在の像はヘリコプターで取り付けられた

P1140486_


・城壁の上からの修道院

P1140679_


◆モン・サン・ミッシェルの夕景と朝焼け

夕景

 これで22時12分。まだ明るくてライトアップもされていない

P1140759_


P1140755_


 ようやくライトアップが始まる

P1140761_

 ホテル近くから撮影

P1140760_


 朝もや。工事機器がじゃま・・・

P1140776

 朝焼け

P1140790_

 モン・サン・ミッシェルに一番近いホテル、ルレ・サン・ミッシェル。
 お高い上に予約が取れにくいが、全室モン・サン・ミッシェル・ビューとのこと。

P1140792_


◆宿泊ホテル。ホテル・ドゥ・ラ・ディーグ。

シャトルバス乗り場の目の前にあるホテル。ルレ・サン・ミッシェルの向かい側。
対岸のホテルでは、モン・サン・ミッシェルに2番目に近いホテルだが設備は簡素。エアコンなし。
すぐ近くにスーパーもあるので便利。

P1140473__

部屋のベランダから身を乗り出せばモン・サン・ミッシェルが見える。
ただしモン・サン・ミッシェルが見える部屋はほんの一部。

P1140723

2階のレストランからの眺めは最高

P1140749_


ロワールを出発したときは雨雲が垂れ込めていたが、モン・サン・ミッシェルに着いた時は快晴に! 晴れ男の面目躍如。

モン・サン・ミッシェルの対岸に宿泊したので、朝晩の姿を拝めることが出来た。日帰りで来るのは勿体無い。宿泊するなら島内よりも、姿が拝める対岸がお勧め。
エアコンがないホテルが多いので真夏の宿泊はやめたほうがよい。当日も西陽がガンガン照りつけて室内が暑かった。網戸がないので虫が入ってきて窓を開けるわけにはいかないので辛い。

次回は名物オムレツの昼食。

« フランスに行ってきました | トップページ | フランス旅行~②モン・サン・ミッシェルの昼食 »

海外旅行」カテゴリの記事

フランス旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行~①モン・サン・ミッシェル:

« フランスに行ってきました | トップページ | フランス旅行~②モン・サン・ミッシェルの昼食 »

フォト
無料ブログはココログ