« スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 | トップページ | 笑える写真☆うん、これで防犯対策はバッチシだ »

2012年7月 4日 (水)

フランス旅行~⑥ノルマンディーの小さな村ブーヴロン

順不同のフランス旅行の6回目は、「フランスの最も美しい村」協会認定のノルマンディー、オージュ地方にある、ブーヴロン・アン・オージュ(Beuvron-en-Auge)。ちなみに「フランスの最も美しい村」は、現在153あるとか。

第二次世界大戦でのノルマンディー上陸作戦で激戦地となったカーンの近く。

2012年6月19日(火) 朝、モン・サン・ミッシェルを出て、1時間50分ほどで到着。

「シードル街道」の案内板も見える。

P1140859_



大きな地図で見る

30分も歩けば一周できてしまうほど小さな村で人口はたったの230人。周囲はりんご畑(みどりのりんごが多い)とのどかな牧草地が続いている。
パリからのモン・サン・ミッシェル日帰りツアーに組み込まれているので行かれた方もいるかと思う。

通りの両側には、何百年もの風雨に耐えたノルマンディー地方独特のコロンバージュ(木骨組み)の民家が並び、メルヘンたっぷりのかわいらしい村。この後訪れたルーアンも木組みの家で有名だが、ルーアンは移築されたもので、こちらは昔からそのままある歴史的な家である。

花が美しく飾られている。

P1140817


P1140853_


赤い木組みは牛の地が混ぜられているとか。

P1140850


こんな田舎にミシュランの一つ星レストラン、ル・パヴェ・ドージュ(Le Pavé d’Auge)がある。

P1140825_


このあたりは、ぶどうよりもリンゴの栽培が盛んなので、「シードル」と呼ばれるリンゴ酒が名物。「シードル Cider」とは、林檎を発酵させて造られるアルコール飲料で、発泡性であることが多い。一口で言えば、アルコール入りりんごサイダー。


◆ 村の観光案内所のようなところで「シードル」の試飲。

日本語になっているサイダーの語源はシードル。

シャンペンと同じようにコルクが空を飛ぶ

P1140855vert


皆黙って試飲。この時ばかりはシーン
ちょっと酸味のある爽やかな後味で、いくらでも飲めそう。

「シードル」を蒸留したのが「カルバドス」。りんごの「ブランデー」。「カルバドス」は試飲しなかったので、お土産にミニチュア瓶をお持ち帰り。


◆ パン屋。

P1140830_


P1140831_


この店で人気のりんごのお菓子「ブーヴロン」(3ユーロ)を食す。
かなりデカイ。クレープの中にりんごやクリームが入っている。甘かった。

P1140834_


◆ 雑貨店もしゃれており、小物が充実している。

P1140839_


P1140843


レジ横に木組みの家を模したマグネットがあったのでつい購入してしまった。
マグネットは記念になるし、安くて小さいのでお土産には最適である。

P1140846__2


◆ 骨董店も多い。昔のものを大切にしているのであろう。

P1140838_

りんごはホンモノ?
P1140847__2


人の手と心で作られる温もりが、村づくりにも物づくりにも生きていることがよくわかる。
歴史の中に流れる時間とクオリティーを実感させてくれる村であった。

たった45分間の滞在の後、ルーアンに向かう。


ちょっと歴史のお勉強。

ノルマンディーとは『北の人間の土地』(pays des hommes du Nord)を意味する。
ノルマン人(Normanean)は、スカンディナヴィアおよびバルト海沿岸に原住した北方系ゲルマン人。初期の時点では「ヴァイキング」という概念とほぼ同じ。

911年ノルマン人の首長ロロが西フランク国王シャルル3世よりノルマンディー地方を譲り受けてノルマンディー公国を建国。シャルル3世としては海賊として暴れられるより、土地を与えてしまった方が楽だと思ったのであろう。

1066年ノルマンディー公ギョーム(英語読みはウィリアム)2世はヘイスティングズの戦いでイングランド国王ハロルド2世を撃破してイングランド王についた。

乱暴な言い方ではあるが、現在のイギリス王室(ウィンザー朝)の先祖は、その後の王位継承で血はかなり薄くなっているとはいえ、フランス、ノルマンディー地方にいたノルマン人ということになる。

ヨーロッパ史は複雑怪奇である。

« スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 | トップページ | 笑える写真☆うん、これで防犯対策はバッチシだ »

海外旅行」カテゴリの記事

フランス旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行~⑥ノルマンディーの小さな村ブーヴロン:

« スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 | トップページ | 笑える写真☆うん、これで防犯対策はバッチシだ »

フォト
無料ブログはココログ