« ワイルドだろう~野生の鹿に遭遇 | トップページ | Apple vs Samsung »

2012年9月 3日 (月)

日本フィル シンフォニック・エンタテイメント~平原綾香

日本フィルハーモニー交響楽団
第4回シンフォニック エンタテイメント

プロデューサー 渡辺俊幸
 
  
日時:2012年9月2日(日) 開演:14:30 終演:16:40
会場:東京オペラシティ コンサートホール
指揮とお話:渡辺俊幸
ゲスト:平原綾香
 
 
_
 
曲目:
 ①渡辺俊幸/ファンファーレ・フォー・ザ・セレブレーション
 ②天才アレンジャー渡辺俊幸の妙
  ・ニュー・シネマ・パラダイス・メドレー
  ・ビートルズ《ペニー・レイン》
  ・ビートルズ《ミッシェル》
 ③名曲の秘密
  ・ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲~第18変奏
    ピアノ:高橋多佳子
 ④TV朝日「題名のない音楽会」アレンジバトルより
  ・渡辺俊幸/もしもモーツァルトがハリウッドの売れっ子作曲家だったら
     ~ 休憩 ~
 ⑤ゲストコーナー 平原綾香
  ・ジュピター(ホルスト/「惑星」~「木星」)
  ・ラヴ・ラプソディー(パガニーニ狂詩曲より 作詞:平原綾香、編曲:渡辺俊幸)
  ・この想い届け(作詞:平原綾香、作曲:渡辺俊幸)
  ・おひさま~大切なあなたへ(作曲:渡辺俊幸)
 ⑥渡辺俊幸/TVアニメ「宇宙兄弟」メドレー
 ※アンコール
  ・ミュージカル「十戒」~ブレッシング (唄:平原綾香)
  ・大地の子(作曲:渡辺俊幸)

 
オーケストラの魅力をたのしく、わかりやすく聴衆に届けるというクラシック初心者向けのコンサート。

平原綾香ファンが多いのか、客席は9割以上の入り。盛況です。
 
 
このコンサートのプロデューサーの渡辺俊幸は、さだまさし専属のミュージカル・プロデューサー及びアレンジャー。作曲家としても数多くの映画、テレビドラマ(NHK朝ドラの「おひさま」、「大地の子」など)、アニメ等の音楽を担当。この手の作曲者は青島広志や宮川彬良なら知っていましたが、渡辺俊幸はよく知りませんでした・・・

平原綾香は曲順を言い間違えたり、途中で水を飲みに舞台裏に引っ込んだり、落ち着いているようで、けっこうおっちょこちょいなんですね。ますますファンになりました。

彼女の歌声は、高音よりも低音のハスキーなところが好きです。それに歌詞を大事にし、きちんと聴き手に伝えようと歌っているの­が伝わってきます。

これからもクラシックの名曲をアレンジして、彼女らしい歌声を聴かせてくれることを期待しています。


平原綾香の話題ばかりになってしまいましたが、渡辺俊幸の「もしもモーツァルトがハリウッドの売れっ子作曲家だったら」では、モーツァルトの41番「ジュピター」第4楽章冒頭を「ヒーローのテーマ」、25番第1楽章のあのおどろおどろしいメロディーを「悪のテーマ」、クラリネット協奏曲第2楽章を「ヒロインのテーマ」として、ハリウッドのスペクタクル映画のテーマ音楽のように編曲していましたが、さすが名アレンジャー、よく出来ていました。

たまにはこのような肩が凝らないコンサートもいいものです。


movie 平原綾香 ラヴ・ラプソディー

パガニーニの主題が悪魔的な面白さでどんどん変奏されていくこの狂詩曲の中で、この第18変奏だけ趣が異なっています。 どこに主題が現れるのかわからないのですが、実は「主題反行形」(旋律が鏡文字)になっているのです。ということを③名曲の秘密で渡辺俊幸が話していました。
皆様、原曲をご確認ください。

しかし、ロマンチックなメロディーだなあheart04


movie 平原綾香 おひさま~大切なあなたへ

NHKの朝ドラはほとんど見ていませんが、この曲は知っています。
メロディーもいいですが、歌詞がまたいい。

« ワイルドだろう~野生の鹿に遭遇 | トップページ | Apple vs Samsung »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/55566407

この記事へのトラックバック一覧です: 日本フィル シンフォニック・エンタテイメント~平原綾香:

« ワイルドだろう~野生の鹿に遭遇 | トップページ | Apple vs Samsung »

フォト
無料ブログはココログ