« 国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展 | トップページ | 10月1日は都民の日 »

2012年9月30日 (日)

ウォーキングの会(1) 汐留シオサイト、浜離宮、水上バス

久しぶりの会社仲間のウォーキングの会。

昨日(2012年9月29日)は、
新橋-浜離宮~水上バス~浅草-千束-吉原-待乳山聖天-ソラマチ(スカイツリーには昇らず)
を歩いてきました。
歩数は24、000歩。さすがに疲れたので、先ほど整体で体をほぐして来ましたhappy01

一回目は前半の、
新橋-汐留シオサイト-浜離宮~水上バス~浅草・吾妻橋までを紹介。

20120929_1

     ※竹芝桟橋とありますが、水上バスは日の出桟橋から出航します。

○汐留シオサイト SIO-SITE

P1160078siosite


新橋の近く、汐留地区にある巨大複合施設。初めての訪問です。
時間が早かったので、施設には入らず周りを見ただけ。

・日本テレビ本社のマイスタジオの壁にかかる日テレ大時計。

宮崎駿氏設計のカラクリ時計で、かなりの大きさです。日に数回動くそうですが、動いているのを見たいですね。

P1160071siosite

movie Youtubeにありました。

結構凝ってますね。


・ススキと高層ビル

なかなかマッチしますね!

P1160077siosite


○浜離宮恩賜庭園

潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。

・三百年の松

P1160082_

六代将軍家宣が庭園を大改修したとき、その偉業をたたえて植えられた松。枝振りがすばらしい三百歳の松です。

・お花畑ではコスモスが花盛り。

P1160084
 
 
P1160087

春には菜の花が咲き乱れます。
高層ビルをバックにすると趣が違います。


・潮入の池

P1160098_

潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式ですが、現存するのはここだけです。


・池には鴨と亀

P1160111_


・植物で飾られた象の像

P1160115_


ちょうどこの日から「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」が開かれており、その関連での展示のようです。植物はぞうか? 造花・・・象か お粗末


○竹芝桟橋

伊豆・小笠原諸島への玄関口。
学生時代に2回、ここから船で伊豆大島に行った思い出があります。小笠原にも行ってみたいですね。

・広場にある帆船のマスト

P1160118


・よく見ると、船本体はなく、マストだけ・・・

P1160120


○日の出桟橋

水上バスの乗り場。
晴海に国際展示場があった時代は、ここから船で晴海に渡りました。

・御座船「安宅丸(あたけまる)」が係留されていました。

P1160122

江戸時代、西国・九州の諸大名は参勤交代の際に、海路30~40艘の船を従え、現在の大阪・淀川口あたりまで瀬戸内海を往来したと云われています。この時、殿様御召船として使用された船を「御座船」といいます。徳川時代の旧姿を現代に蘇らせた観光船です。
定期船として日の出桟橋と(お台場の)青海間を約40分で運行しています。
納涼船やチャーター便としても運行しています。これにも乗ってみたいなあ。

マストが高いので、橋がくぐれず隅田川は航行出来ません。残念。


・ここから人気の水上バスで浅草・吾妻橋へ。

P1160123_

外国人を東京案内する場合によく利用するので、今回で4回目の乗船。


・水上バスより永代橋と東京スカイツリー

すっかり下町のランドマークとして定着しました。

P1160124_


隅田川に架かる12の橋をくぐって、約40分で浅草の吾妻橋に到着。

・吾妻橋から墨田区役所、スカイツリー、アサヒビール本社、キント雲(炎のオブジェ)

P1160131


ここまではラクチンでしたが蒸し暑かったなあ。

第二回は浅草-千束-吉原-待乳山聖天-ソラマチ。

« 国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展 | トップページ | 10月1日は都民の日 »

散歩」カテゴリの記事

コメント

この金色のビルの最上階のティーサロン、穴場ですよ。スカイツリーもバッチリですし、ビールとか軽食もあります。それにしてもお元気ですね〜。羨ましいです。

Yuriさん。
おお、いい事を聞きました。
今月の大学同期会の会場が金色ビルの22階です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/55782964

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキングの会(1) 汐留シオサイト、浜離宮、水上バス:

« 国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展 | トップページ | 10月1日は都民の日 »

フォト
無料ブログはココログ