« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2013-プログラム決定

毎年春に、上野の森を中心に開かれている東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2013-のプログラムが決定しました。

東京・春・音楽祭のホームページはこちらをご覧ください。

以下は、東京・春・音楽祭のトップページのコピーです。


今回で9回目を迎えます「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2013-」は、桜の花で彩られた上野の森を舞台に、2013年3月15日(金)~4月14日(日)の1ヵ月にわたり、約100公演を開催いたします。
 
「東京春祭ワーグナー・シリーズ」は、数あるワーグナー作品の中でも珍しく、人気も高い喜劇作品《ニュルンベルクのマイスタージンガー》を上演。セバスティアン・ヴァイグレ指揮のもと、アラン・ヘルドやクラウス・フロリアン・フォークトをはじめとする人気の歌手陣、NHK交響楽団、東京オペラシンガーズといった、ワーグナー・イヤーを彩るにふさわしい豪華布陣でお届けします。
 
「東京春祭のStravinsky」の2回目は、音楽祭では初めてバレエを制作します。パトリック・ド・バナ新振付・ウィーン国立バレエ団のメンバー、長岡京室内アンサンブル演奏による《アポロ》、初演から200年を迎える《春の祭典》は、モーリス・ベジャール振付・東京バレエ団、ジェイムズ・ジャッド指揮/東京都交響楽団の豪華2本立て。
 
「歌曲シリーズ」は、日本における初リサイタルとなる歌姫クリスティアーネ・ストーティンと、名バリトン アドリアン・エレートが、多彩なプログラミングで深奥な世界へ誘います。
 
器楽・室内楽の演奏会では、東京春祭チェンバー・オーケストラによる《四季》や、若き名手たちによる《浄められた夜》、ズッカーマン・チェンバー・プレイヤーズ with 原田禎夫などが登場。

そして、ワーグナー・イヤーに寄せてバイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテットによるワーグナー作品、ヴェルディ生誕200年企画《ファルスタッフ》「イタリア・オペラアリア名曲選」など、記念年にふさわしいプログラム。

加えて「ircam × 東京春祭」と題した新企画にもご注目ください。巨匠ピエール・ブーレーズによって組織されたircam(フランス国立音響音楽研究所)による最先端のエレクトロニクスを駆使した「音の空間移動」を披露します。
 
博物館や美術館を会場とした、芸術文化の集積地・上野ならではの「ミュージアム・コンサート」には、国内外で注目を集める16組のアーティストたちが登場します。また、毎年好評の「語りと音楽」、東京オペラシンガーズ「にほんのうた」「アルゼンチン・タンゴの夕べ」「N響メンバーによる弦楽四重奏団」も昨年に続きお贈りします。
 
そのほか、子どものための音楽イベント「東京春祭 for Kids」や無料の小さなコンサート「桜の街の音楽会」など、2013年もバラエティに富んだ充実のラインナップで、春の到来を華やかに祝います。
 
 
チケット発売日は11月18日(日)からですが、公演によって発売日が異なりますので、ホームページでご確認ください。

ハロウィーンとは?

今日10月31日はハロウィーン。
 

ハロウィーンというと近年日本でも商売戦線のひとつとして定着してきましたが、その起源をよく知らなかったのでネットや本で調べてみました。それらの情報を総合すると下記のようになります。
 

ハロウィン(Halloween, Hallowe'en)はもともとイングランド、アイルランドあたりで行われていた民間の祭り(おそらくケルト族の祭りが起源)で、カトリックあるいはキリスト教の行事と誤認されがちですが、本来キリスト教とは直接の関係はありません。

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていました。


この祭りがカトリックの諸聖人の日(万聖節・11月1日)の前夜なので、諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)、Hallowseveが訛って、Halloweenと呼ばれるようになりました。

イングランドでは中世以降だんだんと廃れていきましたが、アイルランドに残っていた伝統が移民を通じてアメリカ合衆国に渡り、そこで爆発的に広がりました。近年ではヨーロッパや日本でもかぼちゃのランタン(ジャックランタン)を飾るようになっています。

子供たちはそれぞれお化けの格好をして近所の家々を歩いてまわります。そして、ドアをたたき、「Trick or Treat?」(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)と言います。近所の家では子供が訪問するだろう数のお菓子を用意してどんなお化けが今年はやってくるのかと楽しみにしながら待っています。
 

ケルト人の祭りが起源で、キリスト教の万聖節と重なってハロウィーンというお祭りになったのですね。
 

■ フラワーアレンジメントを習っている妻の作品
 
・缶入りハロウィーン。プリザーブドフラワーを使っているそうです。

Imgp1792
 
 
・魔女の帽子をイメージした生花

Imgp1926

2012年10月30日 (火)

上野公園の全国都市緑化フェア

10月27日のウォーキングでは、旧岩崎邸庭園に行く前に上野公園内を散策しました。

ちょうど全国都市緑化フェア2012の開催中(9/29~10/28)でいろいろな展示物を見ることが出来ました。
 
 
桜並木 花短冊回廊

上野公園の桜並木のメイン通りに飾られています。

来場者の東北被災地に対する思いや祈りを短冊に込めて歩道を彩る、緑化フェア会期中のイベントです。
 
P1160391_
 
 
・これはなんだ?

P1160392_


横から見ると(この写真はネットから借用)。

大きな鏡にコキア 箒木(ほうきぎ)、 箒草(ほうきぐさ) の反対側が写っているのです。
コキアもかなり赤くなっています。
 
668210050
 
反対側からのアップ

P1160408_
 
これは面白い展示方法ですね。
 
これは緑化フェアの一環で、東北「農」の庭 - 共助のガーデン
東北復興の祈りをテーマに野菜や花、果樹、稲などが配されています。
 

トウガラシ(鷹の爪)
 
P1160402
 
上に向いて生えているんですね。初めて知りました!
 
・トウガラシの花。これもはじめて見ました。

P1160407


食用菊

「もってのほか」という品種。happy01

P1160404


・たわわに実る上野産コシヒカリ

反対側の田圃は稲刈りされていました。このお米はどこに行くのでしょうか?

P1160403


ヒメリンゴ

果実が熟しています。背景は国立博物館。
 
P1160401_


P1160399_


サクランボのようですね。
拙宅にもヒメリンゴの木がありますが、こんなに赤くはなりません。


P1160400_appu

 
・花で作られた象
 
上野動物園近くには花で飾られた像が。花は造花・・・ではなく生花。
 
P1160409_2
 

上野公園で思いがけないものが見れました。
緑化フェアは10月28日で終了しましたが、被災地のことはいつまでも忘れないように!

2012年10月29日 (月)

旧岩崎邸庭園

2010年の大河ドラマ「龍馬伝」での香川照之の怪演(岩崎弥太郎役)を見て、いつか行こうと思いながら2年が経ってしまったが、先日(10月27日)のウォーキングの会で立ち寄り、ようやく見ることが出来た。

大きな地図で見る
 

■重要文化財 旧岩崎邸庭園 

明治29(1896)年に完成した三菱創始者・岩崎家の本宅。土地は初代・弥太郎が購入したが、現存する洋館、大広間(かつての和館の一部)などは、3代・久弥によってジョサイア・コンドルの設計により建てられた。


正門

P1160434

正門からチケット発売所までの道のりが長いこと。
当初の正門はもっと南側にあったのでいかに広大な土地だったかがよくわかる。
 

洋館北側外観
 
シュロの木が植えられており異国情緒たっぷり。

シンガポールのホテルかと見間違う。
 
P1160433_
 

木造2階建て地下室付の本格的洋風建物。
17世紀の英国ジャコビアン様式 ルネッサンスやイスラム風のモティーフなどが取り入られている。

内部が公開されているが撮影禁止。
長年の経過によって析出した柱のニス、壁紙(金唐革紙・きんからかわかみ)、天井、床の精緻なタイル、特に洋館1階婦人客室天井のシルクのペルシャ刺繍やイスラム風のアーチなど見応えがあった。
 


・芝生が植えられた広大な庭に面した洋館南側

列柱が並ぶベランダは、よくわからんが一階がトスカナ式、2階はイオニア式だそうだ。

2階ベランダからの庭の眺めも圧巻であるが、ベランダでの撮影も禁止。外部の撮影ならいいではないか!

P1160425__


・スイスの山小屋を思わせる撞球(どうきゅう)室

洋館から少し離れた所に別棟として建っているコンドル設計の撞球室(ビリヤード場)は、当時の日本では非常に珍しいスイスの山小屋風の造りの木造建築で、洋館から地下道でつながっている(非公開)。


P1160426_

・側面

P1160426__2


・ダリアが咲いていた

P1160432_

広大な庭では野外コンサートも開催されている。聴いてみたいものである。

岩崎家はここの他に六義園、清澄庭園も所有しており、いかに大財閥だったのかがわかる。


flair ジャコビアン様式とは

初めて聞いたが、イギリスのジェームズ1世時代(1603~25年)の建築・工芸様式。垂直線を強調した中世ゴシック様式と、古典古代の規則的な構成の装飾表現が混在しており、家具ではオーク材が用いられ、ねじり棒型や丸型の脚が特徴とされる。

2012年10月25日 (木)

修復なった東京駅丸の内駅舎

昨日(2012/10/24)、日本橋に用事があったので、その帰りに開業当時の姿に修復なった東京駅丸の内駅舎を見てきました。

丸の内北口改札を出たら、ドーム屋根の下には写真撮影をする大勢の人が。
駅員が「改札付近では立ち止まらないでください」と放送していました。

★ 写真を掲載しなおしました。

・北口ドーム

明るい色なので重厚さはありませんが、駅なので明るいほうがいいでしょう。

P1160328

真下から

P1160363

鷲の彫刻。 ホンモノの鳥が入り込まないように網があります。

P1160329

・北口前から。
周囲には写生をする人もおり人気の高さがうかがえます。

P1160332

・中央口前の広場から撮ろうとしたが、全体が収まらない。

P1160339


P1160358

・記念写真を撮る人が多いこと。

P11603628

○東京ステーションギャラリー

丸の内北口にある再オープンした東京ステーションギャラリーに入ってみました。

オープン当初は時間入場制でしたが、並ばずに入場できました。

P1160373

今回の展示テーマは、
東京駅復元工事完成記念展
「始発電車を待ちながら」
Waiting gor the First Train 東京駅と鉄道をめぐる現代アート9つの物語

東京駅の歴史に関する展示かと思っていたのですが、東京駅や鉄道をモチーフにした現代アートの作品群でした。
主に映像を使用した現代アートですが、あまり現代美術に縁のない人でも、鉄道に興味があればすんなり美術の世界に入り込めるでしょう。

・2階休憩室から南口と東京中央郵便局

P11603682

・うれしいのは北口ドームの2階回廊に入れること
回廊からは一階の北口改札が見下ろせます。


床は騙し絵モドキになっているんですね!

P11603732

しかしドーム天井はよく見えません

P11603642

「回廊」を見終わったので、ショップを見たら「帰ろう」。

○東京中央郵便局

今年の7月に地上38階建ての高層ビル「JPタワー」として新装開店していました。
旧局舎は歴史的建造物として保存を望む声が多いため、一部が残されていました。

P1160345_

2009年に当時の鳩山邦夫総務相が「価値がなくなったら国家的損失」と発言し、計画を見直して保存部分を拡大したというのは記憶に新しいことです。 しかし東京駅の陰に隠れてあまり騒がれませんね。

丸の内には改築された三菱一号館や明治生命館、第一生命館など歴史的建造物が多いですが、価値があるものは残してほしいものです。

2012年10月24日 (水)

Winter Cherry

前回の日記食用ほおずきのことを書きましたが、イタリアではチョコレート・コーティングされたお菓子として売られています。

欧米では食用ほおずきは、 Winter Cherry と呼ばれています。

_1
 
中身
 
_2
 
さすが、美食の国イタリア。
日本で売り出したら売れますかね?
 
詳しくはこちらを。英語のサイトです。

2012年10月23日 (火)

食用ほおずき

先週蓼科に行った時に食用ほおずき鬼灯、酸漿)を見つけました。

P1160275

観賞用のほおずきは「食べられない」という観念が根強いので、「食用」というイメージはありませんね。
 
食用ほおずきは、ヨーロッパが原産であり、特にフランス、イタリアでは盛んに栽培されており、すでに立派に市民権を得ているそうです。
 
日本では平成に入ってから栽培され始め、これからの食材であると期待されているそうですが、まだまだ市場で見る機会は多くありません。
 
P1160276

味は甘酸っぱく、フルーティーな香りがします。実が引き締まったミニトマトと言ったらいいですかね。 袋がついていなければ、ヘタがとれたミニトマトと区別が付きません。

ケーキなどの飾り付けにもいいかもしれません。

どこかで見かけたら一度食べてみることをお勧めします。

2012年10月22日 (月)

金木犀の香り

昨日(10/21)は秋晴れのいい天気でしたね。

我が家の金木犀も今が盛り。

よい香りを振りまいています。
 
 
P1160277
 

この時期は気温の変動が激しいので、体調管理には充分に気をつけてください。

2012年10月21日 (日)

昭和記念公園のコスモス

10月19日に、コスモスが見頃だという国営昭和記念公園に行ってきました。

 
○国営昭和記念公園
 
 

大きな地図で見る 

東京ドーム約40倍の広大な緑あふれる都会のオアシス。
おそらく3回目の訪問ですが、コスモスの時期は初めてです。
 
コスモスは原っぱ西花畑、原っぱ東花畑(黄色)、花の丘(コスモスの丘)の3箇所に植えられています。
 
・コスモスの丘
 
斜面に植えられているので、青空に良く映えます。
 
P1160311_
 

P1160317_
 
 
・黄色のコスモス
 
P1160294_
 
 
・八重のコスモス
 
P1160288_
 
 
・強風に耐えるコスモス
 
当日は風が強かった
P1160291_
 

・ダブルクリック
 
まさに当世風の名前ですが、どんな意味なんだろう?
2重の花びらなのかな?

 
P1160287__
 

コスモス以外にも、
 
パンパスグラス
 
長く伸びた花穂が美しいパンパスグラス Pampas Grass (和名:白金葦、俗名:おばけススキ)。ススキではありません。原産地であるアルゼンチンのパンパス大平原からとられたそうです。
 
P1160279_
 
 
金木犀も盛り
 
この金木犀はトイレのすぐ横にありますが、このトイレに芳香剤は不要でしょうhappy01
 
P1160301_

 
・帰りの頃は西日で木の影が美しい。
 
 
P1160322_
 

広大な公園なので、お弁当でも持って、一日のんびりしていたい所です。
 
残念だったのは、隣接する航空自衛隊立川基地のヘリコプターの音がうるさいのが玉に瑕。

2012年10月20日 (土)

マゼール=N響の「指環」

NHK交響楽団 第1737回 定期演奏会 Cプログラム2日目

 

日時:2012年10月20日(土) 開演:15:00 終演:16:35

会場:NHKホール

指揮:ロリン・マゼール

ゲスト・コンマス: ヴェスコ・エシュケナージ

曲目:

ワーグナー(マゼール編曲)/言葉のない「指環」

                  ~ニーベルングの指環 管弦楽曲集

※休憩なし


今年82歳になる巨匠ロリン・マゼールはなんとN響初登場。

全曲聴く(観る)と4夜、15時間かかる楽劇「ニーベルングの指輪」を、マゼールが75分ほどの管弦楽曲として編集した曲。

コントラバスが12台と弦楽が厚く、ホルンも8本という超大編成。
 
かなりゆったりとしたテンポ。切れ目なくうねうねと続くメロディーのためか失神者が多かったように思われた。

私はワグネリアンではないので、身震いするほどの感動はなかったが、マゼールの適確な指示にN響がよくこたえており、特に「ジークフリートの葬送行進曲」では、荘厳な響きを出していた。迫力こそいまいちだったが金管群も見事であった。
 
最後はもう少し余韻が欲しかったのだが、フライングとは言わないまでも早めの拍手が起こり、残念であった。

2012年10月18日 (木)

初秋の八ヶ岳山麓

2012年10月14日~15日に八ヶ岳山麓に行ってきました。

バラクラについては前回の日記に書いたので、今回は他の場所を紹介。
 
① 清里周辺
 

大きな地図で見る

・川俣川東沢大橋

紅葉で有名な赤い橋。

今年は紅葉が遅れ気味で橋の赤さが目立ちます。

Imgp1800

・吐竜の滝

東沢大橋が架かる川俣川の下流にあたります。

遊歩道の入り口には、清里開拓の大恩人ポール・ラッシュ博士の写真入の案内板が。


Imgp1845_


川俣川渓谷にいくつかある滝の中で最も美しい落差10m、幅15mの優雅な滝。岩間から竜が水を吐いているように見えることから「吐竜(どりゅう)の滝」と名づけられています。何段にも落ちる滝の姿は風情のある景色を作り上げています。

Imgp1827

 

紅葉の見頃は10月下旬頃なので、これから色付いてくるでしょう。

Imgp1835_
 

② 蓼科 八子ケ峰(やしがみね)

大きな地図で見る

ビーナスラインのスズラン峠駐車場から、やや急な登坂を登ること30分ほど。

非常に展望が良く広々とした所です。

・蓼科山

Imgp1857_

 
・北横岳方面

Imgp1873_

 
・車山が見えます。右手遠方には穂高連峰も。

Imgp1860_

 
・黄葉が綺麗

Imgp1872
 

紅葉には早かったですが、天気に恵まれてよい散歩ができました。

 
他の写真はマイフォトをご覧ください。

2012年10月17日 (水)

蓼科バラクラ

2012年10月15日に蓼科にあるバラクラ-イングリッシュガーデンに行ってきました。
 

大きな地図で見る
 
 

10月のテーマはダリア。
 
Imgp1906_
 
大柄で派手な花ですね。
ダリアをはじめ、色々な花を見てきました。
 
写真はマイフォトをご覧ください。
 
ちなみに「バラクラ」とは「バラ色の暮らし」の省略形。
園芸家ケイ山田の命名です。
 

2012年10月15日 (月)

笑える写真☆食べないで~!

facebookからのいただき物です。
 

 
子供が見たらますますピーマン嫌いになるかな?
 
 
 
Photo

2012年10月12日 (金)

笑える写真☆お調子者

お馴染みになった「笑える写真」です。

facebookからの借り物です。
 
Photo
 
 
よくやりますね。裸になる必要はないと思いますが・・・
 
自転車に轢かれないか心配happy01

2012年10月10日 (水)

初耳の食材

先日の日曜日(10/7)にオペラ鑑賞に行きましたが、それに先立ち妻御用達の「梅の花」でランチ。
 
今月は私の誕生月なので、「特別な日のお祝いを是非梅の花で・・・お誕生日のお客様にささやかなプレゼントをご用意してお待ちしております」という勧誘ハガキが来たからです。
 
季節のこだわり懐石「茜」を食しましたが、メニューの中に初耳の食材が7点もあったので紹介します。ご存知のものばかりかもしれませんが・・・
 
Dsc_0083
 
◆小鉢三種
 
Dsc_0076
 
呉豆腐(ごどうふ)
 
佐賀県、長崎県に分布する豆腐の一種。
にがりの代わりに豆乳にくずや澱粉を混ぜ、加熱し凝固させる。
食感はもちもち感があり、やわらかなプリンを思わせる。
 
えごま醤油
 
大豆・小麦を使用せず、岩手県産のエゴマ(シソ科の一年草)を100%使用した醤油風味の調味料。
 
丁字麩(ちょうじふ)
 
近江八幡の四角い麩。近江八幡の町並みを模して作られた、といういわれがある。
 
 
◆メイプルサーモンのキウイソース掛け
 
Dsc_0077_
 
 
メイプルサーモン
 
福島県の「林養魚場」が、カナダ(だから「メイプル」)のニジマスを、1990年代後半に日本で初めて発眼卵で空輸し孵化、育成したのが始まり。その後何代もの選抜育種を繰り返し、養殖方法と品種の改良により作り出した大型トラウト。
脂がのり、輸入物のサーモンより身がしまり、臭みもほとんど無い。
 
 
◆帆立真丈のカダイフ揚げ
 
Dsc_0084
 
このような料理は食べたことがありますが、カダイフの名は初耳。
 
 
カダイフ  (極細の麺状のもの)
 
小麦粉と水でできた極細の麺状の生地で、トルコやギリシャが起源の食材。現在ではフランス料理にも取り入れられ、お菓子だけでなく、包み揚げ料理などにも使われる。クナーファとも。
 
 
◆鴨つみれのきりたんぽ鍋
 
食材の中に南関あげとたもぎ茸があり。
 
Dsc_0085
 
南関(なんかん)あげ  (鍋左側の油揚げ)
 
熊本県南関町に昔から伝わる伝統食品。油揚げの一種。
水分がほとんど含まれておらずパリパリで長期保存(3ヶ月)可能。
煮ると柔らかな食感になりよく汁がしみ込む。
 
 
たもぎ茸  (鍋上部にある薄黄色の茸)
 
ヒラタケ科に属し、シベリア半島、北海道の道東や道北に群生し、鮮やかなレモン色をした円状のかさを持つ食用キノコ。本州以南では滅多に見られない。
夏の限られた時期だけに自生し、歯切れ、口当たりが良く、アミノ酸やオリゴ糖が豊富で、中でもβ―Dグルカンがたっぷり含まれている健康食品資源。
 
いろんな食材があるものです。
 
料理の内容は仲居さんから聞きました。帰宅後にネットで調べましたが全部正しく回答していました。さすがプロです。
食材を充分味わうほどの量はありませんでしたが、食材の名前を覚えただけでも大収穫でした。
 
PS.
ささやかなお祝いは、
竹箸、生花一輪、記念写真 でした。
 
※写真は携帯で撮影したので明瞭に撮れていません。

2012年10月 8日 (月)

バーデン歌劇場~「トスカ」

プッチーニ作曲 歌劇「トスカ」
ウィーンの森 Bühne バーデン市劇場
 
日時: 2012年10月7日(日) 開演:16:00 終演:18:20
会場: 武蔵野市民文化会館大ホール
 
台本: ルイージ・イッリカ/ジュゼッペ・ジャコーザ
演出監督: ルチア・メシュビッツ
指揮: クリスティン・ポーラック
管弦楽: モーツァルティアーデ管弦楽団
 モニカ・レブホルツ(ソプラノ:トスカ)
 ジェイソン・パポヴィッツ(テノール:カヴァラドッシ)
 アンドレイ・ボリセンコ(バリトン:スカルピア男爵)
合唱: バーデン市劇場合唱団
原語(イタリア語)上演、日本語字幕

 

Photo

 

バーデンはウィーンの南25Kmにある温泉保養地。モーツァルトの妻コンスタンツェもここで湯治していた。

毎年この時期に来日し、日本中を駆け抜ける「バーデン市立劇場」の来日公演。 バーデンではオペレッタが主体だが来日公演はオペラ。今年が17年目の来日で東京での公演は武蔵野だけ。
今回の来日で日本公演300回(どの公演かはわからない)とのことで、開演前に演出監督のルチア・メシュビッツの挨拶があった。

「トスカ」は「カルメン」と並んでオペラ入門に最適だろう。
・正味2時間以内と短い→飽きる前に終わる。
・筋が単純、出演者が少ない→痴呆症入門者でも覚えやすい。
・すばらしいアリアが満載→「妙なる調和」、「歌に生き、愛に生き」、「星は光りぬ」。
・劇的な音楽→テ・デウム、殺人の場面、エンディング

「トスカ」の粗筋は各自お調べいただくことにして省略するが、主役の3人が全員死んでしまう(殺人、処刑、自殺)という救いようがない悲劇。

わが生涯でやっと6度目の生オペラ鑑賞である。
席は2階最前列やや右側のゴールデンシート。舞台からはちょっと遠いが、全体が見渡せて対訳モニターも見やすい。
舞台も演出もオーソドックスで、私のようなオペラ初心者でも分かりやすかった。

BS録画しておいた複数の「トスカ」を観て予習しておいたが、声は出ているのだが、演技の迫力とかこまやかさでは見劣りしたのは致し方ないところか。

私が一番好きな場面は、悪党スカルピアが合唱隊と共に歌う1幕〆の「行け、トスカ(テ・デウム)」。
合唱隊は10名ほど(日本人のエキストラなし)しかいなかったが、なかなかのスケールであった。

一流歌劇場ではないとはいえ、4桁で生オペラが観れるのは嬉しい。

◆おまけ

「トスカ」と言えば世紀の歌姫マリア・カラスがすぐ思いだされるが、「トスカ」は激しい愛と悲劇のカラスのはまり役であろう。

movie マリア・カラス 「歌に生き、愛に生き」 1964年。

 

movie 「トスカ」全幕 2011年ロイヤル・オペラ

 BS録画しておいた「トスカ」がYoutubeにあった。高画質でそれも全幕!
 字幕が英語なのが残念。2時間7分あるので、時間があるときにゆっくり観てください

 「行け、トスカ(テ・デウム)」は47:00~51:05。

 

2012年10月 6日 (土)

PIANO三重弾! 斉藤雅広・近藤嘉宏 and レ・フレール

3大ピアノ★プロジェクト
PIANO三重弾! PartⅣ
ピアノ大スペクタクル ジャンルを超えて鳴り響くサウンド
斉藤雅広・近藤嘉宏 and レ・フレール


3


杉並公会堂恒例、エンターテイナー斉藤雅広が贅沢なフルコースで贈るシリーズ第四弾。
とのことですが、私は初めて。

副題に3大ピアノ★プロジェクト、とあるように、杉並公会堂には世界の3大ピアノといわれている、
スタインウェイ&サンズ(ハンブルク)
ベーゼンドルファー(ウィーン)
ベヒシュタイン(ベルリン)
が常設されています。
日本で3大ピアノが常設されているホールは杉並公会堂だけだそうです。

日本のヤマハやカワイがないのがカワイそう・・・

世界の3大ピアノの聴き比べができる機会は滅多にありません。この3台のピアノと3組4人のピアニストのジャンルを越えた華麗なる競演です。女性がいないのが寂しいですが・・・

レ・フレールが目的なのか、いつものクラシックコンサートとは異なって若い人や子供の姿も多く見られました。

ピアノは舞台手前から右向きのベーゼンドルファー、その後ろに左向きのベヒシュタイン、一番奥に反響版を付けた右向きのスタインウェイが配置されていました。

日時:2012年10月5日(金) 開演:19:00 終演:21:05
会場:杉並公会堂大ホール
演奏:斉藤雅広<S>
    近藤嘉宏<K>
    レ・フレール(斉藤守也、圭土兄弟)<F>
 
曲目:
 ①斉藤圭土/Happy Song <全員>
 ②レ・フレールの世界 <F:3台> 自作の三曲を演奏
  ・Eagel
  ・マスカラード
  ・Boogie Woogie Improvisation (ブギウギの即興演奏)
 ③サン=サーンス/死の舞踏(ピアノ連弾版) <S:ベーゼン><K:ベヒ>
 ④ラフマニノフ/組曲第2番より「タランテラ」(ピアノ連弾版) <S:ベヒ><K:スタ>
  ~ 休憩 ~
 ⑤ドビュッシー/月の光 <S:スタ>
 ⑥ドビュッシー/喜びの島 <S:スタ>
 ⑦ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲(ピアノ連弾版)  <S:スタ><K:ベーゼン>
 ⑧ショパン/スケルツォ第2番 変ロ長調 Op.31 <K:ベヒ>
 ⑨斉藤守也/On y va! <全員>
 ※アンコール
  ・Boogie back to Yokosuka <F:ベーゼン>
  ・スターウォーズのテーマ <S:ベヒ><K:スタ>


演奏に先立ち、斉藤雅広が軽妙な司会で3大ピアノの弾き比べをしました。
・華麗な音のスタインウェイ&サンズ
・渋いが深みのある音色のベーゼンドルファー
・一音一音が明瞭に聴こえるベヒシュタイン
聴き比べれば分かりますが、単独で聴いたら素人の私には区別出来ないでしょうね。

斉藤雅広はTVでも有名なピアニスト。話も上手く面白い人です。

近藤嘉宏はかなイケ(かなりのイケメン)ですが、若かりし頃の写真のようです。

レ・フレールは1台のピアノを2人で自在に操る「キャトルマンスタイル(quatre mains:仏 意味は「4本の手」。音楽用語では「4手連弾」)で一躍有名になったデュオ。
ジャズやブギ・ウギ風で全く自由な演奏スタイル。手が絡み合わないか心配になるほどの演奏です。
レ・フレールの演奏では観客が全員手拍子で盛りあがっていました。クラシック・コンサートでの手拍子は「ラデツキー行進曲」以外では初めて。


movie レ・フレールのOn y va! (フランス語で「さあ、行こう」)

どこかで聴いたような心が浮き立つ曲。
これでは手拍子をしないわけにはいきません。

最大の収穫はあまり聴けないベヒシュタインが聴けたことでしょう。
ドビュッシーが「ピアノ曲はベヒシュタインの為だけに書かれるべきだ」と称賛したベヒシュタインピアノですが、濁りのない透明な響きや明るく立ち上がりが良い音に惚れ惚れしました。

コンサートホールのピアノはスタインウェイ、ベーゼンドルファー、ヤマハがほとんどですが、ベヒシュタインを備えるホールが増えて欲しいものです。

2012年10月 5日 (金)

ご近所のお蕎麦屋さん~阿佐ヶ谷 「欅の森 大古久」

「欅の森 大古久」 "けやきのもり だいこく" と読みます。


Photo


どらやきで有名なうさぎやさんの斜め向かい。


Dsc_0071

のれんに書かれた「そば口福」。いいですなあ。
数年前に改装されてスタイリッシュで小綺麗な店構えになりました。

「欅の森」とは店のすぐ裏手に、かつての名主の相沢家の屋敷森(東京都の指定旧跡)があり、欅の大木があることからそう呼ばれています。


Dsc_0070


おすすめメニューの「ヘルシーそば」を注文。

Dsc_0068


温かいつけ汁に鴨肉と油揚げ、野菜天ぷらも付いているという、どこがヘルシーなんだ、と思わず突っ込みを入れたくなるメニューですが、これはお得。

蒸篭の向きが縦方向なのが気になりますが、盛られた蕎麦は色白細目の更科蕎麦。
滑らかな表面でつるつるっと喉越しがいい蕎麦です。


◆番外1

ふと壁を見るとこんな色紙が飾られていました。

Dsc_0069

---------
私はにしんそばが大好物なのだが、
「ここのにしんそばは東京一で、
もしかすると京四条の『松葉』にすら匹敵するかもしれない」
という杉並区阿佐ヶ谷『大古久』のにしんそばを食べてみたい

 
週刊『ポスト』
平成二十三年一月号
『文豪の食卓』より抜粋

---------

週刊『ポスト』の『文豪の食卓』とかいうコラムか連載ものの抜粋ですが、
ここで気になるのは、
①文豪とは誰なのか
②その文豪は何を根拠に「ここのにしんそばは京四条の『松葉』に・・・」と思ったのか

う~ん。
お店の人に聞いてみるんだった。

◆番外2

ということで、
図書館で週刊『ポスト』のバックナンバーを探そうと思ったら、杉並区の全図書館はシステム切り替えのため9/28~10/10まで休館。
11日になったら即行って確かめてみよう。・・・暇人ですなあ(笑)

◆番外3

しかし、
コンピュータシステムの入れ替えだけで2週間も休むなんて、民間企業がこんな長い期間システムを止めたら商売上がったり。

2週間もの長い間何をやるのか知りませんが、お役所仕事ですなあ。

◆番外4

ところで、
京都四条の「松葉」というお蕎麦屋さんは知らなかったのでHPを見たら、

----------
1882年(明治15年)ニ代目松野与三吉“にしんそば”を発案し、元祖となる。
もともと、「みがきにしん」は京の人々にとっては大切なタンパク源であり保存食でした。2代目松野与三吉はこのにしんとそばを合わせることで、栄養バランスのとれた「にしんそば」を世に送り出したわけです。

----------

「にしんそば」発祥のお蕎麦屋さんだったんですね。

東京では「にしんそば」を出すお蕎麦屋さんはあまりなく、私も数十年前に一回だけ京都で食しただけです。
京都の「にしんそば」は江戸時代の頃からあると思っていましたが、けっこう新しいんだ。


◆番外5

ところで、
「みがきにしん」、私は子供の頃は「磨きにしん」と思っていました。sad


ところで、
番外のほうが長くなりそうなので、この辺で終わりにします。

2012年10月 4日 (木)

福岡は戦場か!

福岡県警のHPより転載


Caution_bomb


最近北九州で暴力団がらみの犯罪が多いですが、手榴弾が日常化しているとは驚きです!

2012年10月 3日 (水)

ウォーキングの会(3) 食べ物編

9月29日のウォーキングの第3回(最終回)は食べ物編。

第1回はこちら
第2回はこちら

このウォーキングの会は歩くだけではなく、途中のつまみ食いと昼食が楽しみです。というかそれが目的かもしれませんhappy01


○浅草仲見世

浅草きびだんご「あづま」

P1160153


実演販売ほかほかの出来立てきびだんご!
5本/300円(税込)
売り子のお姉さんもかわゆい。

「亀屋」の人形焼

P1160158

時すでに遅し、食べた後なので人形焼の写真なし。

仲見世には4件の「人形焼き」のお店があります。
ここの人形焼は店頭で数個ずつ手焼きで焼くお店で、薄い皮の中に北海道十勝産の小豆を使った餡がたっぷり。
ちなみに仲見世で一番古い人形焼のお店は「木村家本店」です。食べ比べてみてはいかがでしょうか。

仲見世での歩き食いは禁止されているので、良い子の皆さんは決められた場所(お店の横)で立ち食いしましょう。


○雷5656会館

P1160175

一回目のブログで紹介した雷5656会館の土産売り場で「雷おこし」の試食。


restaurant 昼食:千束(せんぞく)いせや

P1160177

観光コースから外れているので、地元のお客さんが多いそうです。

千束いせや」は、下町の名店として100年余の伝統を誇る浅草・日本堤「土手のいせや」の姉妹店。姉妹店はもう一店「蔵前いせや」があります。

・私が注文したのはしらうお天丼

P1160186


P1160181

天丼で使用するしらうお(白魚)は生のもので、傷みが早いため鮮度が何より重要だそうです。いせやでは仲買さんが市場から新鮮なものを選び仕入れており、今日のしらうおは宮城県沖のものです。白魚自体は淡白な味のため、青柳の貝柱を混ぜてかき揚げにしています。

ぱっと見たときは「油っこくて重そう」と思ったのですが、からっと揚がっており、全然重くありません。


・他のメンバーは全員「天丼」。裏切られましたhappy01

P1160182

海老が小さいですが、値段(980円)を考えればコストパフォーマンスはいいでしょう。


・御当地ラベルのアサヒスーパードライ

P1160180__2

アサヒビール本社が浅草・吾妻橋際にあるので、この周辺のお店は東京スカイツリーの御当地ラベルの瓶です。味は・・・同じでした。


・こちらが本店の「土手のいせや」。
 趣がある建物(写真中央)です。人気店なので大勢での入店は無理でした。

P1160210


○隅田川沿いの甘み2店

長命寺桜もち

P1160239

桜もちは桜の季節が似合うので、今回はパス。
お店はちょっと風情がありませんね。


言問団子(ことといだんご)

P1160243

江戸時代末期の創業。TBSアナウンサーの外山惠理の実家だそうです。
「言問」の名は、在原業平の和歌「名にしはばいざ言問はん都鳥 我が思ふ人はありやなしやと」(『古今和歌集』)にちなむもの。

3つの団子(小豆・白・味噌餡入)に緑茶の付いた三色セット

P1160241_

歩きつかれた体には甘みが一番。


○番外

目的地のスカイツリーを目の前にして、桜橋の袂で、メンバーの一人が持参した大分銘菓「ざびえる」と下関名物「干しフク」をサカナに、シャンパンで乾杯!

・「ざびえる

P1160234


mobaq 大分なのになぜ「ざびえる」?
フランシスコ・ザビエルは、天文20年(1551年)豊後の国を訪れ、大友宗麟の保護を受けたことによります。

ザビエルはカトリックにおける日本の守護聖人の一人。プラハのカレル橋に彼の像があるように、偉い人なのです。

名幹事のNさん、ありがとうございました。

24,000歩歩きましたが、食べた量を考えるとトントンかもしれません・・・


2012年10月 2日 (火)

ウォーキングの会(2) 浅草、千束、吉原、待乳山聖天、ソラマチ

9月29日のウォーキングの第2回です。

第1回はこちら

第2回は
浅草-千束-吉原-待乳山聖天-ソラマチ(スカイツリーには昇らず) 。

20120929_2


水上バスの終点、浅草・吾妻橋桟橋で船を降りて、浅草寺へ。
その前に、浅草文化観光センターの展望テラスへ。

○浅草文化観光センター

雷門の正面にある台東区の観光案内所で、建設時に景観問題が話題になった施設です。
最上階である8階にカフェと展望テラスがあります。無料です。


・オープンスペースになっているので写真が撮りやすい。左手にカフェがあります。

P1160145


・定番のスカイツリー方面の眺望

P1160138


雷門-仲見世-五重塔-浅草寺が一望の下

この景色はなかなか見ることは出来ません。

P1160141


○浅草寺

2箇所のお店でつまみ食いをしましたが、食事編は第3回に回します。

五重塔とスカイツリーの競演

新旧の構造物の対比ですが、五重塔の心柱と似た耐震構造を持つ東京スカイツリー。この組み合わせは不自然ではありません。

P1160165


○アニマル浜口トレーニングジム

浅草寺の裏側にアニマル浜口トレーニングジムを発見。
「気合だ」×10が聞こえてきそうです。

P1160169


・所狭しとトレーニング・マシンが並んでいます。

P1160170


・浜口京子選手への応援メッセージの多さには驚きます。

P1160172_

残念ながら浜口京子選手は不在でしたが、リオを目指すのか引退するのか気になるところです。


○雷5656会館 (かみなりごろごろかいかん)

浅草寺の裏手、言問通り沿いにある常盤堂雷おこし本舗直営の会館。

P11601745656

土産売店や食堂がありますが、5階のときわホールではよしもと興行の演芸をやっていることがあります。2階のお土産売り場では試食が出来、給茶機もあるので、ちょっとした休憩にも利用できます。


restaurant 千束いせやで食事。

3回目で紹介します。


○鷲神社(おおとりじんじゃ)

酉の市で有名な鷲神社。鷲(わし)と書いて「おおとり」と読みます。

P1160191


P1160189jpg

有名な熊手御守は開運・商売繁昌のお守りとして「酉の市」のみに授与されます。
神田に居た頃は実家が商売をやっていたので、「酉の市」には何回か来たことがあります。


○吉原弁財天

1923(大正12)年の関東大震災で吉原遊郭一帯が火に包まれ、逃げ遅れた遊女490人が弁天池に飛び込み溺死しました。この遊女の供養にと1926(大正15)年、吉原観音像が建立されたそうです。

・吉原観音像

P1160198


・珍しい白い曼珠沙華

赤い花の突然変異で白くなるとか。初めて見ました。

P1160202_


遊郭で賑わった吉原を通り、今戸神社へ。

○今戸神社

P1160223


御祭神に伊弉諾尊・伊弉冉尊の夫婦の神様を祀っている事から、縁結びにゆかりがある神社として、大変有名です。
ここの絵馬は、他の神社では見られない『真円形』の絵馬です。縁と円の語呂を掛け合わせたものとのこと。

P1160222_2


・なんと招き猫の発祥の地だそうです

招き猫といえば世田谷・豪徳寺が有名ですが・・・

P1160217


今戸焼発祥地、沖田総司終焉の地でもあります

なかなか商売熱心な神社のようです・・・

P1160213_


○待乳山聖天(まつちやませいてん)

P1160225

浅草の観音様のすぐ北側にある本龍院というお寺で創建は飛鳥時代。
聖天(大聖歓喜天。ヒンズー教では象の頭のガネーシャ)を祀り、夫婦和合と金運に御利益があります。 江戸時代に隅田川を一望する景勝地として賑わいました。 

・あちこちに大根と巾着

P1160227

ホームページには、
境内各所に印されてあります巾着や大根は、ご信心をされて祈願をすることによって得られるその 御利益を端的に表したものです。
大根は人間の深い迷いの心、瞋(いかり)の毒を表すといわれており、大根を供えることによって 聖天さまがこの体の毒を洗い清めてくださいます。そしてその功徳によって、身体を丈夫にしてい ただき、良縁を成就し、夫婦仲良く末永く一家の和合を御加護頂けます。巾着は財宝で商売繁盛を表し、聖天さまの信仰の御利益の大きいことを示されたものてす。
と、ありました。

全員で大根を奉納してきました。

P1160229250


○ソラマチ、東京スカイツリー

待乳山聖天から桜橋を渡って東京スカイツリーへ。

・隅田川に架かる隅田川唯一の歩行者専用橋の桜橋より

P1160230


・桜橋の照明灯にカモメが止まっていたのでスカイツリーのてっぺんに乗せようとしたが、うまくいかず

P1160237_


・すきまスカイツリー

P1160252


・ソラマチとスカイツリー


P1160260


・ソラマチ4階プロムナードからのスカイツリー。でかい。

P1160257_2


・16時時点で当日券は70分待ち。

P1160258_1670

 並んだ場合はちょうど夕景が見られる時刻になりますが、さすがに疲れたのでソラマチを冷やかして帰宅しました。

長い日記にお付き合いいただき、ありがとうございます。

日記に書くのも疲れるほどのてんこ盛りのウォーキングでした。

第3回目はrestaurant食事編です。

2012年10月 1日 (月)

10月1日は都民の日

今日10月1日は都民の日

東京の公立の学校(一部の私立も)は休校です。

写真は清水崑デザイン(1976年から小島功が引継)のカッパのバッチ
1965年の刻印があります。

幼少期を東京で過ごされた方は、懐かしいのではないでしょうか。

Photo_2


1997年の都民の日を最後にバッジの販売がなくなりましたが、昔はこのバッチを着けていれば都の施設に無料で入場できました。


現在ではバッチを着けずとも、都民でなくとも、東京都の施設が無料で入場できます。

施設はこちらを参照してください。


« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト
無料ブログはココログ