« 福岡は戦場か! | トップページ | PIANO三重弾! 斉藤雅広・近藤嘉宏 and レ・フレール »

2012年10月 5日 (金)

ご近所のお蕎麦屋さん~阿佐ヶ谷 「欅の森 大古久」

「欅の森 大古久」 "けやきのもり だいこく" と読みます。


Photo


どらやきで有名なうさぎやさんの斜め向かい。


Dsc_0071

のれんに書かれた「そば口福」。いいですなあ。
数年前に改装されてスタイリッシュで小綺麗な店構えになりました。

「欅の森」とは店のすぐ裏手に、かつての名主の相沢家の屋敷森(東京都の指定旧跡)があり、欅の大木があることからそう呼ばれています。


Dsc_0070


おすすめメニューの「ヘルシーそば」を注文。

Dsc_0068


温かいつけ汁に鴨肉と油揚げ、野菜天ぷらも付いているという、どこがヘルシーなんだ、と思わず突っ込みを入れたくなるメニューですが、これはお得。

蒸篭の向きが縦方向なのが気になりますが、盛られた蕎麦は色白細目の更科蕎麦。
滑らかな表面でつるつるっと喉越しがいい蕎麦です。


◆番外1

ふと壁を見るとこんな色紙が飾られていました。

Dsc_0069

---------
私はにしんそばが大好物なのだが、
「ここのにしんそばは東京一で、
もしかすると京四条の『松葉』にすら匹敵するかもしれない」
という杉並区阿佐ヶ谷『大古久』のにしんそばを食べてみたい

 
週刊『ポスト』
平成二十三年一月号
『文豪の食卓』より抜粋

---------

週刊『ポスト』の『文豪の食卓』とかいうコラムか連載ものの抜粋ですが、
ここで気になるのは、
①文豪とは誰なのか
②その文豪は何を根拠に「ここのにしんそばは京四条の『松葉』に・・・」と思ったのか

う~ん。
お店の人に聞いてみるんだった。

◆番外2

ということで、
図書館で週刊『ポスト』のバックナンバーを探そうと思ったら、杉並区の全図書館はシステム切り替えのため9/28~10/10まで休館。
11日になったら即行って確かめてみよう。・・・暇人ですなあ(笑)

◆番外3

しかし、
コンピュータシステムの入れ替えだけで2週間も休むなんて、民間企業がこんな長い期間システムを止めたら商売上がったり。

2週間もの長い間何をやるのか知りませんが、お役所仕事ですなあ。

◆番外4

ところで、
京都四条の「松葉」というお蕎麦屋さんは知らなかったのでHPを見たら、

----------
1882年(明治15年)ニ代目松野与三吉“にしんそば”を発案し、元祖となる。
もともと、「みがきにしん」は京の人々にとっては大切なタンパク源であり保存食でした。2代目松野与三吉はこのにしんとそばを合わせることで、栄養バランスのとれた「にしんそば」を世に送り出したわけです。

----------

「にしんそば」発祥のお蕎麦屋さんだったんですね。

東京では「にしんそば」を出すお蕎麦屋さんはあまりなく、私も数十年前に一回だけ京都で食しただけです。
京都の「にしんそば」は江戸時代の頃からあると思っていましたが、けっこう新しいんだ。


◆番外5

ところで、
「みがきにしん」、私は子供の頃は「磨きにしん」と思っていました。sad


ところで、
番外のほうが長くなりそうなので、この辺で終わりにします。

« 福岡は戦場か! | トップページ | PIANO三重弾! 斉藤雅広・近藤嘉宏 and レ・フレール »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/55813139

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所のお蕎麦屋さん~阿佐ヶ谷 「欅の森 大古久」:

« 福岡は戦場か! | トップページ | PIANO三重弾! 斉藤雅広・近藤嘉宏 and レ・フレール »

フォト
無料ブログはココログ