« クァルテット・エクセルシオ 第24回東京定期演奏会 | トップページ | 笑える写真☆菅原ヨシ子さん »

2012年11月26日 (月)

りんごオーナー

林檎好きの妻が新聞で「りんごオーナー」の広告を見つけ、2005年から毎年、長野県伊那市にあるりんご園で「りんごオーナー」になっています。
 
「りんごオーナー」の仕組み

仕組みはこうです。

1.「りんごオーナー」の申し込み
  りんごの木を一本単位で申し込む
  次年も継続する場合は、収穫時に申し込む

2.6月頃料金の支払い(振込)
 
3.「りんごの木」の選定
 
  7月中旬の指定日(土、日の2日間)に現地に赴き、自分の好みの「りんごの木」を選びます。 継続する場合でも毎年木を選びなおします。
 選定のポイントは、日当たりが良く、(すでに実がついているので)玉数の多い木を選びますが、一本一本玉数を数えていたら時間が足りません。えいや、で決めるしかありません。
 
  うれしいことに「指名料」は無料!happy01
 
4.「りんご」の収穫
 
  11月中旬の指定日(土、日の2日間)に現地に赴き、自分で収穫します。
 りんごは手で実を持ってちょっと上に捻れば綺麗にヘタが取れます。
 
※りんごの木の生育管理はりんご園にお任せ
※不作でも150玉は保証されます
※自分で収穫できない場合は、りんご園に有償で委任できます
 
詳細はこちら


収穫

今年は2012年11月18日(日)に収穫しました。
今年のリンゴ(サンフジ)は日当たりが良かったせいか色が赤い。

P1160727


例年260玉~360玉の範囲ですが、今年は332玉の収穫。

これでおよそ200玉。


P1160728


今年も姪夫妻とその子供(甥孫)が手伝いに来てくれたので、私は管理職に徹しましたわーい(嬉しい顔) 

甥孫(てっそん)が持っているのは、最大のリンゴ(顔よりでかい)と最小のリンゴ。
同じ木でこんなに生育の違いがあるんですね。

_

・収穫(脚立使用)、
・宅配用梱包->現地から送付する宅配申し込み、
・持ち帰り用梱包->車に搬入、
で約1時間半の作業。


りんごの食べ方

知人、親戚縁者に240玉ほど配ったので、夫婦二人で90玉ほどを消費します。
主に生で食べますが、傷物はアップルパイで使うとかジャムにしています。
 
リンゴは、軽く洗ってリンゴカッターでカットし、皮毎食べています。(残留農薬の心配は少ない)。リンゴの皮と身の間にある成分が、内臓脂肪を分解する作用があるそうです。

このリンゴカッター、皮を剥くのが苦手な人には便利なシロモノ。

Photo

捥ぎたてリンゴの瑞々しい事!


費用を考えたら市販のリンゴを買った方が安いでしょうが、レクリエーションと考えると安上がりかもしれません。りんごを楽しみにしている人も多いですし。

« クァルテット・エクセルシオ 第24回東京定期演奏会 | トップページ | 笑える写真☆菅原ヨシ子さん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/56152639

この記事へのトラックバック一覧です: りんごオーナー:

« クァルテット・エクセルシオ 第24回東京定期演奏会 | トップページ | 笑える写真☆菅原ヨシ子さん »

フォト
無料ブログはココログ