« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月24日 (月)

2012年の演奏会の〆は第九

昨日(12/23)、すみだトリフォニーホールで新日フィルによる第9を聴いてきました。
 
2012
 
日時:2012年12月23日 開演:14:00 終演:15:53
会場:すみだトリフォニーホール
演奏:新日本フィルハーモニー
指揮:リュウ・シャオチャ(呂紹嘉)
ソプラノ:天羽明惠
アルト:加納悦子
テノール:永田峰雄
バリトン:キュウ・ウォン・ハン
合唱:栗友会(りつゆうかい)合唱団
合唱指揮:栗山文昭
コンマス:西江辰郎
曲目:
 ①レーガー/七つの宗教的民謡 より 『おおいとしきみどり児、やさしきイエス』
 ②ベートーヴェン/劇音楽『エグモント』 序曲 op.84
   ~休憩~
 ③ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調 Op.125 「合唱付き」 
 
年末と言えば「第九」。
 
終戦直後、楽団員の餅代稼ぎのために年末に第九の演奏会が開かれて以来、すっかり日本の風物詩になってしまいました。年末に「第九」を演奏するのは日本だけ・・・と非難めいた言葉も聞かれますが、いいではないですか。日本から新しい風習を広めましょうhappy01
 
席は1階12列の指揮者のまん前。音圧も音のバランスも最高でした。
 
台湾出身の指揮者リュウ・シャオチャは初めて聴きますが、真面目で端正な指揮ぶりで新日フィルから素晴らしい音を引き出していました。
ゆったりめのテンポ(74分)やフレーズの切れ目の間合いの取り方などは私好み。それにソリストや合唱団を上手に歌わせることを心得た人のようです。経歴では、ヨーロッパでオペラを中心に活躍しているとのこと。
ソリストでは、バリトンのキュウ・ウォン・ハン(韓国)が際立っていました。
 
合唱は平均的な出来でしたが、日本の合唱団の質の高さを再確認しました。
 
 
今日はクリスマス・イヴ。キリスト教徒ではないのでクリスマスは祝いませんが、雰囲気だけは楽しみたいと思います。

2012年12月23日 (日)

劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい

3日前のことですが、劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」を観てきました。
 
「オペラ座の怪人」は、2004年製作の映画は見たことがあります。

 
Photo
 
生ミュージカルは5年前に同じ劇団四季の「キャッツ」を観て以来なんと2回目。
 
日時:2012年12月20日 開演:13:30 終演:おそらく16:00
場所:電通四季劇場「海」
演目:ミュージカル「オペラ座の怪人」
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
日本語台本:浅利慶太
主な配役:
  オペラ座の怪人/高井治
  クリスティーヌ/土居愛美
  ラウル/中井智彦
  カルロッタ/河村彩
オーケストラ指揮/吉住典洋
 
 
電通四季劇場「海」はJR新橋駅から汐留方面に向かって徒歩5分チョット。
入口が分かり難かった・・・
 
P1090765  
 
歌や台詞は日本語です。結構上手く訳されていますが、メロディーと言葉が合わずに聴き辛い箇所が何箇所もありました。
 
音楽は録音かと思っていましたが、小さいながらもオケピ(半分は舞台下に埋まっている)があり、シンセサイザーや電子ベースが見えました。やはり生音楽は迫力があります。ただし地方公演は録音のようです。
 
映画では場面転換に感心しましたが、舞台でもそれに負けず劣らずの場面転換をしていました。やはり常設劇場は違いますね。
特に何段もある階段を駆け下りるシーン、船で二人が霧の中を行くシーン、仮面舞踏会(マスカレード)のシーンなど、一つの舞台でこれほどのさまざまな世界を展開し、しかもどれもが美しい。
シャンデリが天井から舞台に落ちるシーンも迫力がありました。
 
 
クリスティーヌ役の土居愛美は小柄で愛らしく、歌声も美しいし頑張っていましたが、感情があまり伝わってこなかったような。映画でのエミー・ロッサムと比べてはいけませんか・・・
 
ファントム役の高井治はイケメン度では映画でのジェラルド・バトラーに負けますが、声質は高井ファントムの勝ち。ラストの場面での、ファントムのクリスティーヌへの愛と苦悩、そして深い孤独感がよく伝わってきました。
  
カルロッタ役の河村彩は迫力はいまいちでしたが、歌唱もよいし、小憎らしさがよくでていました。
 
先に映画を観てしまったので順番が逆になりましたが、映画とミュージカルでは本筋はほぼ同じでした。
 
大きく異なるのは、
・シャンデリア落下の場面が異なる
・映画ではラストに意味深なシーンが追加されている
でしょうか。
 
movie 劇団四季ミュージカル :: 東京公演プロモーションVTR
 
※配役は異なります

 

本場のミュージカルは見たことがありませんが、劇団四季も捨てたものではありません。
未見の方は一度は見たほうが良いでしょう。
 
しかし、アンドリュー・ロイド=ウェバーはよい曲を書きますね。

2012年12月21日 (金)

マヤ暦

今日(2012年12月21日)がマヤ暦では最後の日ということで、人類滅亡説などがまかり通っています。日本ではあまり騒がれていませんが、地元メキシコ、中国、フランスなどでは一部で大騒動になっています。

「ノストラダムスの大失敗」をはじめ、この手の予言は掃いて捨てるほどありますが、根拠のない予言(根拠がないから予言なのでしょうが)は私はまったく信用していません。

なんでこんな説が出てきたのか、マヤ暦について調べてみました。

ネットより転載
※鮮明な画像ではありません。

Photo

上図のように、マヤ長期暦の単位であるバクトゥン(400年で一周期)の13周期目の終わりが2012年12月21日(23日という説もあり)にあたるので、13という数字にからめて何らかの終末を意味するのではないかと言われているだけなのです。 
この日に人類が滅亡するということはどこにも書かれていないそうです。

※マヤ文明では「13」という数に特別な意味があるそうです。

NASAでも、マヤ暦は2012年12月21日に終わるのではなく、直後に新たな(バクトゥンの)周期が始まっていると主張しています。これは私も同感です。

そもそもマヤ人は自分たちの文明の滅亡も予言できていませんしね・・・

やはり、マヤかしなんでしょうねわーい(嬉しい顔) 

こんな皮肉もあります。

Nasa20121221

これに限らず、なぜこんな説がでてきたのか、自分で調べてみることも必要です。そうすれば簡単に騙されることも少なくなるのではないでしょうか。

2012年12月20日 (木)

ヨイトマケの唄

某国営放送の紅白歌合戦はほとんど見ていないが、今年は美輪明宏(丸山明宏)が「ヨイトマケの唄」を唄うそうなので、久しぶりに見てみようという気がおきた。
 
高校の頃に初めてこの唄を聴き、感銘を受けた記憶がある。
それまで丸山明宏(当時)はシスターボーイと呼ばれ、なよなよとした風貌は好きではなかったが、この唄を聴いて彼を見直した。
 
「土方(どかた)」と「ヨイトマケ」が差別用語になるので、最近まで放送禁止歌にされていたそうだ。 この唄は差別どころか明らか­に「子を思う心、親を思う心」を讃える賛歌だ。形式的にこの唄を放送禁止歌と判断した人たちには、この唄の意味を知って欲しい。
 


 

この魂のこもった唄は、何度聞いても、震えが来るくらい感動する。
桑田圭祐、槇原敬之、米良美一などがカバーしているが、やはり本物にはかなわない。
これが、本物の「唄」というものだろう。

紅白では、カットなしでフルバージョンが唄われるそうだ。
「男装」で唄うそうなので、これも楽しみ。

2012年12月18日 (火)

通行止めの中央道

先日、長野・山梨方面に野暮用が出来たので、中央道を使って行って来ました。
 
ご存知のように笹子トンネルの崩落事故で下りは大月-勝沼(上りは一宮御坂-大月)間が通行止め。この区間は国道20号線に迂回しました。

平日だったので大きな渋滞はありませんでしたが、上下線とも初狩駅を中心にノロノロ運転。それ以外は40~50Kmでスムーズに走れました。

しかし、一部道が狭いため大型トラック同士のすれ違いが困難な場所があり、運が悪いとかなり待たされます。
 
平日でも、通常より一時間は余計に見ておいた方がよいでしょう。
 
途中、数箇所に臨時の簡易トイレが設置されており、「通行注意」の案内板を持った交通整理員が何人もいました。
 
年末にも笹子トンネル下り線を利用した対面通行が始まるようですが、年末年始の帰省ラッシュ時は大渋滞が予想されます。
 
少しくらいの渋滞は我慢しましょう。安全第一、徹底的に危険な箇所は直して欲しいものです。
 
 
写真は山梨県の八ヶ岳高原大橋からの八ヶ岳と南アルプス(北岳、甲斐駒)の眺め。雪をかぶるとヒマラヤにも劣らない眺め。ホンマカイナ happy01
 
八ヶ岳高原大橋より八ヶ岳連峰。
左より三ツ頭、権現岳、奥に阿弥陀岳、右に一面の雪の主峰赤岳(2899m)。

P1170305


八ヶ岳高原大橋の袂より南アルプス方面。
左から鳳凰三山、雪をかぶった北岳(3193m)、屹立する甲斐駒ケ岳(2967m)。
 
P1170306

2012年12月17日 (月)

笑える写真☆なんということでしょうか! Before After

Facebookからいただいた笑える写真

Before_after

2012年12月14日 (金)

笑える写真☆お星様よりも直接言ったほうがいいよ

Facebookからいただいた笑える写真


Photo_4

身につまされますね・・・

2012年12月13日 (木)

笑える写真☆裏から読むと・・・

Facebookからいただいた笑える写真。

勘違いしますが・・・


Photo

表から読むと、"さんぽ市"、なんですね・・・

2012年12月12日 (水)

ヒマラヤの絶景とネパール古都の旅~②ミニ・トレッキング

ネパール旅行~②ミニ・トレッキング
 
ポカラでは3連泊をして、3つのミニ・トレッキングを楽しみました。
 
ポカラは標高850m、カトマンズから西に約200kmの位置にある人口約20万人のネパール第2の都市で、アンナプルナのトレッカーで賑わうリゾート地。
喧騒と排気ガス充満のカトマンズと比べると、ポカラはゆったりとしており、それに空気が旨い! 南国の花々が咲いていますが、冬は朝晩は2度程度まで気温が下がります。昼間は20度近くまで気温が上がるので、日向は半袖でも充分な温かさ。


 

大きな地図で見る

ポカラの展望スポット、カラバンの丘へのミニ・トレッキング 12月1日

 
トレッキングとは名ばかりで、ちょっと大変な散歩、と言ったところでしょうか。
 
ポカラのホテルからミニバスに乗り、ガタガタの舗装道を30分走り、さらにデコボコの未舗装道をバスに揺られて15分。登山道入口に着きます。

Imgp2480small


さあ出発

Imgp2481small
 

大自然の中を歩くのだと思っていましたが、意に反して、小さな集落を通ります

Imgp2483small

民家の子供が手を振っていました。
貧しい生活なのでしょうが、ほほえましい風景。

Imgp2484small
 

棚田がありました

Imgp2482small
 

この地方独特の荷物の運び方

Imgp2489small
 
 
Imgp2520small



水牛がうろついていました。野良牛でしょうか?

Imgp2550small

もうすぐ目的地。
このトレッキングでは4名に1名のポーターが付き、荷物を持ってもらえます。
私は荷物があったほうがバランスが取れるのでお断りしましたが、彼らの仕事を奪ったことを後悔しています。

Imgp2496small
 

登り始めて35分、マチャプチャレの尖がった山頂が見えてきました!

Imgp2502small


カラバンの丘からの大展望
 

なんという雄大な眺めでしょうか。
左から甲斐駒のようなアンナプルナ南(7219m)、その右側奥にアンナプルナⅠ峰(8091m)、中央に東洋のマッターホルン、ポカラのシンボル・マチャプチャレ(6997m)、その右にアンナプルナⅢ峰(7555m)、尖がったアンナプルナⅣ峰((7525m)、ちょっと高いアンナプルナⅡ峰(7939m)、最右はラムジュン・ヒマール(6986m)。
右下に見える蛇行している川はポカラのフェワ湖に注ぐハルバン・コーラ川。ポカラの標高が800mなので、なんと7200m強の標高差を眺めていることになります。これはヨーロッパ・アルプスでは叶わないこと。


Imgp2533small_2

 

Imgp2528small
 

ピンクの木はヒマラヤ桜。花と葉が同居していました。

Imgp2523small
 
丘では子供たちが屯していました。
皆好奇心旺盛。我々が下山するのをいつまでも着いて来ました。
田舎の子だからでしょうか、「物をくれ」とは言わなかったのが偉い!

Imgp2522small
 
restaurant ホットランチ
 
丘の仮設テントでランチ・タイム

Imgp2556small

コックたちが先に丘に登っており、ホットランチの用意をしていました。

P1170052small


カレーが主体のネパール料理。
野菜が多く、そんなに辛くはありません。

P1170054small


昼食後、ネパール人たちがネパール民謡を。


Imgp2559small
この後、唄にあわせてツアーメンバーでネパール踊りを舞いましたhappy01



ノーダラの丘 12月2日
同じ風景ですが、場所が異なるとちょっと見え方が異なります。


Imgp2660small

ここでは、マチャプチャレ(魚の尾)の山頂部分が魚の尾のように2つに分かれているのが見ることが出来ます。
標高6993mの山ですが未踏峰です。この山はシヴァ神に関連する特に神聖な山として地元住民によって崇敬されており、登山が禁止されているからです。岩が脆く崩れやすいということもあります。

P1170107small
 
天気に恵まれて大展望を満喫し、地元の人にも触れ合えたミニ・トレッキングでした。

2012年12月 9日 (日)

ヒマラヤの絶景とネパール古都の旅~①ヒマラヤ遊覧飛行

 
今回から2012年11月28日~12月5日のネパール旅行の内容をご紹介します。

ネパール旅行の行程はこちらをご覧ください。

ネパールは緯度的には奄美大島から沖縄本島のあたりに該当しますが、カトマンズ(1300m)やポカラ(850m)は標高が高いため最低気温は2度とかなり寒いです。しかし最高気温は20度と一日の気温差が大きく、昼間は日陰はひんやりしますが、日向は日差しが強く夏のような暑さ。服装に苦労しました。

旅行内容は行程とは関係なく紹介していきます。


① ヒマラヤ遊覧飛行

今回のネパール旅行の内、最も楽しみにしていたヒマラヤ遊覧飛行。 2012年11月30日に搭乗しました。

今回利用したのは、昨年の中欧旅行で初めて利用した中規模ツアー会社。
このツアーに決めたポイントは、ヒマラヤ遊覧飛行でした。
 
多くのツアーでは、カトマンズからのエベレスト遊覧飛行と、ポカラからのアンナプルナ遊覧飛行の2回の遊覧飛行があり、ともにオプショナルの場合が多いのですが、このツアーではカトマンズからポカラに飛行機で移動する時に、飛行機をチャーターし、ポカラへの移動と2つの遊覧飛行を一度で行うというものです。
 
これにより飛行機の待ち時間を大幅に短縮できます。
 

Photo


ネパールでは気候の影響(霧や強風)で飛行機の運航が乱れがちですが、当日は晴天にもかかわらず1時間30分の遅れ。このくらいの遅れは可愛い方だそうですcoldsweats02

・小さなプロペラ機
 
P1160982_small
 

ブッダエアという航空会社。墜落したらお陀仏、飛行機はおシャカ。なんて駄洒落を言ったら、メンバーから叱られました。wobbly
 
・機内は2席×9列
 
P1160976_small
 

私はこのような遊覧飛行機に乗ったことがないので、今までで一番小さな飛行機でしょう。
 

・なかなか美人のスッチー
 
Imgp2401_small
 
 飛行中は山の名前とかを教えてくれます。飴と鞭・・・水を配っていました。
 
 この奥にコックピットがありますが、扉はありません。
 
乗員は、パイロット2名、スッチー1名、添乗員、現地案内人、ツアーメンバー16名の全21名。
 
予定では1時間30分の飛行。カトマンズからポカラの移動だけなら25分。
 

・スモッグに煙るカトマンズ空港を離陸
 
Imgp2406_small
 
座席はくじ引きで決まりますが、遊覧飛行では同じルートを旋回して往復するので、どちらの窓に座っても展望できます。
 
高度が上がると左側にヒマラヤの山々が見えてきました。飛行高度は6000mほどでしょう。すばらしい青空です。皆さん夢中でシャッターをきっています。
 
・私の席はちょうど翼の上。
 
 妻は最後列(最後列だけ通路部分が座席になっており3人掛け)。
 翼の垂直翼がなんとも邪魔!
 
Imgp2412_small  
 
今となってはどれがどの山かさっぱりわかりませんが、おそらくランタン山系か?
 
・左に鹿島槍のような双耳峰が見えます。これも7000m級の山でしょう。
 
Imgp2436_small  
 
 
エベレスト(チョモランマ、サガルマータ)が見える頃になると、乗客は1名づつコックピットに案内されます。
 
・コックピット
 
Imgp2419_small  
 
・コックピットからのエベレスト(左奥)
 
Imgp2421_small  
 
・エベレスト(8848m。世界最高峰)と右はローツェ(8516m)
 
Imgp2431_small
 
 
Imgp2420_small  
 
 
・ヒマラヤの山々
 
Imgp2427_small
 
 
P1160981_small
 
エベレスト方面は視界が良かったですが、アンナプルナ方面は山頂に雲がかかっていたため、早めにポカラに着陸。飛行時間1時間10分の遊覧飛行でした。
 
アンナプルナの山々は地上からの展望を楽しみました。
 
飛行中は結構揺れるとのことでしたが、まったく安定した飛行でした。興奮していて揺れを気にしていなかったからかも知れませんが・・・
 
後で聞いたところ、上空は強風が吹き、高度を少し落として飛行したそうです。
 
 
・遊覧飛行搭乗証明書
 
Photo_2  
 
着陸後、連番付きの搭乗証明書のようなものが全員に配られました。だからなんだということもないですが記念にはなります。
  
搭乗日と氏名は自分で書きます。改竄できますね・・・
 
アンナプルナ方面はよく見えませんでしたが、エベレストをこの目で真近で見れたことは一生の思い出になりました。

2012年12月 8日 (土)

NHK交響楽団 第1743回 定期公演 Cプログラム

NHK交響楽団 第1743回 定期公演 Cプログラム 1日目
 
日時:2012年12月7日(金)  開演:19:00 終演:21:03
会場:NHKホール
指揮:シャルル・デュトワ
ピアノ:ルイ・ロルティ ②
コンマス:篠崎史紀
 
曲目:
①ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」
②リスト/ピアノ協奏曲 第2番 イ長調
  ~ 休憩 ~
③レスピーギ/交響詩「ローマの祭り」
          交響詩「ローマの噴水」
          交響詩「ローマの松」
 
 
先月に続き、2日目(今日)が所用で聴きにいけないので、一日目に振り替え。
席は一階6列やや右側。かなり前方の席でNHKホールらしくない音が聴けた
 
曲目はリストの2番を挟んだローマのサンドウィッチ。
ちなみにサンドウィッチとは人名由来。
 
①ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」
 
久しぶりに生を聴いたが、非常にカラフルなデュトワらしい音作り。
 
②リスト/ピアノ協奏曲 第2番
 
ルイ・ロルティはN響には18年ぶりの出演らしいが、N響になじんだ演奏。
2番はめったに聴かない曲であるが、チェロ独奏(藤森が熱演)との掛け合いもあり面白い曲である。
使用ピアノはFazioliというイタリア製のピアノ。このピアノは初めて聴くかも知れないが、非常に温かみと深みのある音がする。
ネットで調べたら、綿密な手作業をふんだんに盛り込み、世界で最も高額なピアノだそうだ。
 
③レスピーギ/ローマ三部作
 
曲順は作曲順ではないが、曲の性格を考えるとベストな曲順であろう。後半に3曲立て続けに演奏するのは演奏する方も聴く方もかなりシンドイ。
 
曲間で拍手があってもデュトワは知らん振り。続けて演奏したいとの趣向であろう。
 
「祭り」ではバンダがちょっとズレていたのが残念だが、「噴水」では色彩感豊かな演奏。
最後の「松」はすばらしい出来。座った席が前方ということもあったが、まるでローマの大軍が眼前を通り過ぎるようであった。

2012年12月 7日 (金)

ネパールに行ってきました

(2012年) 11月28日から6泊8日のツアーでネパールに行ってきました。

山好きの私にとって、いつかは行きたかったところ。

残念ながらエベレストには登頂しませんでしがcoldsweats01、遊覧飛行と麓からヒマラヤ山脈の眺めとネパールの古都を楽しんできました。

行程は、

11月28日  airplane成田から香港乗り継ぎで(ダッカ経由)カトマンズへ。バクタブル泊

11月29日  バクタブル、パナウティ、チャングナラヤン観光。バクタブル泊

11月30日  airplaneカトマンズからポカラまでヒマラヤ遊覧飛行。ポカラ観光。ポカラ泊

12月1日   shoeミニ・トレッキング(カラバンの丘)。ペワ湖畔。ポカラ泊

12月2日   サランコットの丘で日の出。shoeミニ・トレッキング(ノーダラの丘)。ポカラ泊

12月3日   airplane飛行機でカトマンズへ。カトマンズ観光。カトマンズ泊

12月4日    早朝のスワヤンブナート寺院。パタン観光。airplane深夜カトマンズ発

12月5日   airplane香港乗り継ぎ、14時成田着。

次回から詳細な日記を書きます。

2012年12月 6日 (木)

笑える写真☆なんだ、漫画か・・・

Facebookからいただいた笑える写真

 

なんだ、漫画か・・・

Photo_9

2012年12月 5日 (水)

笑える写真☆ま、自分のは自分でやらないとね・・・

Facebookからいただいた笑える写真

 

ま、自分のは自分でやらないとね・・・

Photo_8

2012年12月 4日 (火)

笑える写真☆ちょっと勉強部屋に行ってきまーす

Facebookからいただいた笑える写真

 

ちょっと勉強部屋に行ってきまーす

Photo_7

2012年12月 3日 (月)

笑える写真☆絶対狂わない時計

Facebookからいただいた笑える写真

絶対狂わない時計

止まっている時計は一日2回は合いますが・・・

Photo_6

2012年12月 1日 (土)

笑える写真☆あ”~

Facebookからいただいた笑える写真

あ”~


Photo_5

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

フォト
無料ブログはココログ