« 期待を裏切らなかったインバル=都響のマラ5 | トップページ | 村治佳織&村治奏一 ギターデュオ »

2013年1月25日 (金)

うどんすきの新年会

うどんよりもそばが好きなのですが・・・
 
昨日(1/24)は中年3人とランチ新年会。
 
新年会は、夕食よりも昼食の方が深酒もしないし値段も安いので、「年金生活者」&「毎日が土曜日」諸君にはよいと思います。
 
会場は「美々卯」京橋店。
 
「美々卯」(みみう)は、お店のパンフレットによると、
大阪・堺で200年続いた老舗料亭「耳卯楼」を大正14年に先代平太郎が麺類専門店として「美々卯」と改め、1958年3月に株式会社美々卯として設立。昭和3年、先代平太郎が「うどんすき」を考案。
とのことで、「うどんすき」発祥の店だそうです。
 
注文したのは「お昼のうどんすきコース」(2800円)。
 
食前酒(梅酒)と3種の前菜

P1170399

灰皿、コースター、楊枝入れなど至る所にウサギのマークがあり、グラスにもうさぎが

P1170400

うどんすき(小) :3人前
 うどんすきは初めて食します。
 うどん、野菜のほかに蛤、鶏肉、湯葉、穴子など、見た目もカラフル。
 関西風のカツオと昆布の出汁が上品で美味しい。
 うどんにもう少しコシがあれば最高なのだが・・・

P1170403


かやくごはん
 雑炊の方がよかったが・・・

P1170404
 
デザート

P1170405


半個室が取れたので、ゆっくり食事が出来ました。
量は少なめですが、このくらいのほうがいいでしょう。

会食終了後、メンバーが須田町(淡路町)「ショパン」の濃いコーヒーが飲みたいというので、須田町へ。
 
昭和8年創業のステンドグラスがある暗めの店内。店の目の前は神田藪そば。

P1170407

もちろんショパンの曲だけが流れています。帰り際にピアノ協奏曲第一番が流れ始めていました。
頑固なほど昔のままの濃いブレンドコーヒー(500円)でした。
なんでも3倍の豆を使っているとか。

上質な時間が過ごせました。
このような喫茶店は長く残って欲しいものです。

« 期待を裏切らなかったインバル=都響のマラ5 | トップページ | 村治佳織&村治奏一 ギターデュオ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/56622801

この記事へのトラックバック一覧です: うどんすきの新年会:

« 期待を裏切らなかったインバル=都響のマラ5 | トップページ | 村治佳織&村治奏一 ギターデュオ »

フォト
無料ブログはココログ