« 笑える写真☆雪男用のベース | トップページ | DOMANI・明日展2013  »

2013年2月 1日 (金)

高速道路の乗り越し

私は高速道路での乗り越し(降りるはずのインターを通り過ごしてしまうこと)の経験はありませんが、巷では結構あるようです。

インターを通り過ぎた後で、あろうことかUターンして逆走したり、バックで戻ったりと危険この上ないことをする人もいるようです。
 
自覚がない逆走車は追越車線を逆走していることが多い(左側を通行する)ので、追越車線走行中はより注意が必要です。
一度だけありましたが、高速道路の
電光掲示板に「逆走車あり、注意!」の表示が出ていたので、しばらくは追越車線には出ずに走行車線を走りました。
 
さて、高速道路で乗り越してしまった場合どうするか。
 
全く自分の責任なので、次のインターまでの通行料金と、戻るための通行料金(高速で戻った場合)を負担しなくてはいけないと思っていたのですが、ネットで調べたらこれが違っていました。
 
ネクスコ東日本によれば、
 
「次の料金所で係員に伝えていただければ、その分の料金はお支払いいただかなくてもよいように対応させていただきます。」
 
「道路状況によっては100%とは申し上げられませんが、現金の方には通行カードにスタンプを押す、ETCの方はカードを抜いて料金所を通っていただくなどの措置を取り、反対側車線から入り直して折り返していただけるようにしております。遠慮なく、係員にその旨お伝えください。」
 
との事でした。
 
全く知りませんでした。
事故防止にもなるのだから、このようなことは積極的に宣伝してほしいですね。まあ、悪いことに使おうとする輩もいるかもしれないので宣伝しないのかも知れませんが・・・
皆さん、乗り越してしまったら係員の方に伝えてみましょう。助けてくれる可能性があります!
 
しかし、ハーフインター(上り・下りの一方向にしか出入りできないインター)の場合は別で、乗り越しにともなう通行料金の調整は適用されないそうです。

« 笑える写真☆雪男用のベース | トップページ | DOMANI・明日展2013  »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/56667691

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路の乗り越し:

« 笑える写真☆雪男用のベース | トップページ | DOMANI・明日展2013  »

フォト
無料ブログはココログ