« 笑える写真☆北海道スケール | トップページ | エアロゾル予測 »

2013年2月 4日 (月)

佐川美術館所蔵 平山郁夫展~大唐西域図への道

またまた会期終了間際ですが、招待券があったので日本橋三越本店・新館で開催されている平山郁夫展を見て来ました。
 
佐川美術館所蔵 平山郁夫展
~大唐西域図への道

 
会期は2013年2月4日(月)まで

※パンフレット(表)

 
___
 
 
※パンフレット(裏の一部)
 
____2

300点を超える平山作品を所蔵する佐川美術館から、代表作である〈大唐西域画〉、〈シルクロードシリーズ〉、〈アンコールワットシリーズ〉、〈南京城壁シリーズ〉などの中から76点が展示されています。

広島の原爆で被災した体験を持つ平山画伯の平和を祈る心を描き続けた画業を振り返る美術展です。

はて、佐川美術館・・・宅配便の? と思ったら、

1998年(平成10年)、佐川急便創立40周年を記念して開館した。収蔵作品は、日本画家・平山郁夫と彫刻家・佐藤忠良の作品が中心となっている。

知らなかった。滋賀県守山市の風光明媚な琵琶湖畔にあります。

平山画伯は、玄奘三蔵の旅を追体験した成果を、奈良・薬師寺の玄奘三蔵院大唐西域壁画殿の堂内を飾る〈大唐西域壁画〉に結実させましたが、今回の展示ではより多くの人々に見てもらいたいという平山画伯の強い願いのもとに、2007年に制作された〈大唐西域画〉が展示されています。大きさこそ違いますが、壁画の迫力が伝わってきます。

今日で会期が終了しますが、佐川美術館に行けばいつでも見れますよ。

« 笑える写真☆北海道スケール | トップページ | エアロゾル予測 »

美術館・写真展めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐川美術館所蔵 平山郁夫展~大唐西域図への道:

« 笑える写真☆北海道スケール | トップページ | エアロゾル予測 »

フォト
無料ブログはココログ