« 寒いほどお得フェア | トップページ | NHK交響楽団 第1749回 定期公演 Cプログラム~準メルクルのダフクロ »

2013年2月14日 (木)

国名の由来地図

ネットで偶然見つけた国名の由来地図。
面白かったので掲載します。
 
国名を和訳した世界地図です。
 
※画像をクリックすると拡大画像が表示されるので小さな字も読めます。

Photo
 
国名は由緒ある真面目なネーミングかと思っていましたが、割と単純な国が多いですね。
 
例えば、
インドは、和訳すると『川』。そしてカナダは、『村』というように適当(失礼)なのです。
 
スペインは『ウサギ』、イタリアは『子牛』、かわいいですね。 しかし本当なのかな?
 
フランスは『槍の地』、モナコは『一人住宅』・・・大いに意味不明。
 
ロシアは『ボートをこぐ人たち』・・・これも意味不明。
 
スロバキアとスロベニアは『奴隷』。共にスラヴ (Slav) が語源なので『奴隷』となるのでしょう。
 
モンゴルは『何事にも恐れぬ勇気』・・・なかなか、かっちょいいではありませんか。
 
ドミニカ共和国はそのまま『日曜日共和国』。私みたいだhappy01
 
メキシコにいたっては『月のヘソ』。何で月なんだ?
 
日本は、分かりやすくすると『日の出ずる処』と、神々しい国名となります。
 
眺めていると、なるほど! と思うような国もあり、興味深いですよ。
 
★追加情報
 
アメリカ合衆国は『商人の息子』となっていますが、
調べたら、
一般に言われているアメリゴ・ベスピッチではなく、Richard Amerik に由来する、という説があり、“Amerik” という姓は、ap Meuric (the son of Maurice)というウェールズ語に由来するので、そう表現されていると思います。

« 寒いほどお得フェア | トップページ | NHK交響楽団 第1749回 定期公演 Cプログラム~準メルクルのダフクロ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/56764035

この記事へのトラックバック一覧です: 国名の由来地図:

« 寒いほどお得フェア | トップページ | NHK交響楽団 第1749回 定期公演 Cプログラム~準メルクルのダフクロ »

フォト
無料ブログはココログ