« ハイジの村 | トップページ | 今年も出会えたガマガエルくん »

2013年6月 7日 (金)

スペイン紀行~⑨セビーリャ

スペイン紀行第9回はセビーリャ Sevilla 

5/12 午前


セビーリャは、「もっとも素晴らしい」という意味を持ち、伝説ではヘラクレスがつくった町だともいわれ、紀元前10世紀にはすでに都市があり、その後ローマ帝国の自治都市となる。
8世紀以降イスラム勢力のもとで発展し、1248年キリスト教徒に奪還される。世界一周のマゼランもセビーリャから出発。

以前は"セビリヤ(あるいはセビリア)"と表記した地図や観光案内書が多かったですが、最近は"セビーリャ"、"セビーヤ"、"セビージャ"など多岐にわたる記載が見られます。
外国語をカタカナで正しく表記するのは事実上困難ですが、現地案内人の発音を聞いていると"セビィイリャァ"と聞こえたので、私はそれに近い"セビーリャ"と記載することにします。
ちなみに英語ではSeville ("セヴィル")です。

セビーリャは数々のオペラの舞台にもなっています。
・セビーリャの理髪師(これは「セビリヤの理髪師」のほうがいいなあ・・・)
・フィガロの結婚
・ドン・ジョバンニ(ドン・ファン)
・フィデリオ
・カルメン
 

カルメンが働いていた(という設定の)タバコ工場は、現在ではセビーリャ大学になっています。

P1180959_small

葉巻は適度の脂と柔らかさがある女性の太ももで巻くのが一番良質とされた時代だったそうです。 それで女性が多いんだ。どんな格好で巻いていたのでせうか・・・

ドン・ファンのモデルといわれている人(スペイン貴族のミゲル・デ・マニャラ)が建てた救済病院も存在しています。
話は変わりますが、私的にはケルビーノが成長してドン・ファンになったのだと固く信じていますが・・・

前夜セビーリャ駅前のホテルに宿泊したので、朝一番からセビーリャ観光開始。

◆スペイン広場 

1929年のセビーリャ万博の跡地。

P1180953_small

パビリオンとして建てられた広場内の建物は、ムデハル様式を取り入れたもので、両翼に半円形に延びる回廊とスペイン各県の歴史的出来事を描写した壁面タイル絵が特徴的です。

・特に有名なグラナダの壁面タイル。グラナダ明渡しのタイル絵。

P1180946__small

「アラビアのロレンス(ホテルとして利用)」や、「スター・ウォーズエピソード2」のロケ地としても有名なので、今度映画を見直してみよう。

◆カテドラル(セビーリャ大聖堂) 

※右側の高い塔がヒラルダの塔

P1180966_small

1402年から一世余をかけて建てられたゴシック様式の大聖堂。ヨーロッパではサン・ピエトロ大聖堂、セントポール大聖堂に次ぐ3番目の規模を誇ります。
このツアーでは入場しなかったが、聖堂内にはコロンブスの墓があるのだが、墓石とかがあるのではなく棺の中に遺灰が納められているそうです。なんでも、遺族が遺体搬送費用をけちったため現地で火葬にして遺灰だけを運んだためだそうで、よってコロンブスは遺体が残っていないので最後の審判の時には救済されない・・・わーい(嬉しい顔) 

ヒラルダの塔(高さ98m)

大聖堂付設で、12世紀末のイスラム建築で塔の最上部に「信仰の勝利」を象徴する青銅の女性像が飾られている。この像が風によって向きを変えるのでヒラルダ(風見鶏)の名が付いている。

P1190003__small

◆アルカサル(王城) 

・王城入口

P1180968__small

元々は12世紀後半にイスラム教徒によって建てられた城塞だが、現存するのは14世紀に建てられたムデハル様式の城塞。内部の装飾は「アルハンブラ宮殿」に似ていますが、グラナダ王国の建築家たちが造営に参加したと言われています。

P1180973___small

P1180975___small

精緻な彫刻です

P1180980__small


P1180982__small

P1180985__small


・王城付属の庭園

P1180990__small

 

◆サンタ・クルス街 

旧市街にある元ユダヤ人街。

 フラメンコ発祥の地らしく、フラメンコ衣装の土産物屋が多い。

P1190009___small

P1190014__small

◆ムリーリョ公園 

サンタ・クルス街にある緑豊かな公園です。画家のムリーリョがこのサンタ・クルス街地区に住んでいたことが名前の由来だとか。

白鳩が・・・

P1190032_small  
 

・真ん中はコロンブスが乗った『サンタ・マリア』号を配した記念塔

南国の青空にヤシの木が似合います。

P1190034__small


◆ジャカランダの並木 

セビーリャでジャカランダの並木を発見。紫色の花が咲きはじめたばかりですが、日本ではあまり見られない南国の花なので見れて幸運でした。

P1190051__small

P1190053__small

ジャカランダの並木は南アフリカのプレトリアが有名で、ジャカランダを見るためだけのツアーもあるとか。

レストラン 昼食

・大盛野菜サラダ、ホワイト・アスパラ付き。
 北部は野菜が少なかったですが、南部は多い。軽く300gはあるでしょう。これで一日の野菜は充分。
P1190042small

海鮮ミックス・パエリア 
 本場で食べるのを楽しみにしていましたが、おこげはなくリゾットのよう。米も芯が残っていました。 各地方やレストラン、家庭によってその味は千差万別とのこと。後日バルセロナでリベンジしました。ちなみにパエリアでミックス(野菜、海鮮混在)というのは邪道だそうです。

P1190044_small

◆グラナダへ 

5/12 午後

 
昼食後(14:00)、グラナダへ3時間のバス移動。今回のツアーでは最長の移動時間。

・途中のサービスエリア(ガス・ステーション併設)で珍しい木を発見

P1190059__small  

P1190061__small

木の名前をご存知の方は教えてください。

・グラナダの南に聳えるシエラ・ネバダ山脈が見えてきました。

 雲が山脈に覆いかぶさっています
P1190062_small  

 シエラ=山脈、ネバダ=雪(に覆われた)、「雪に覆われた山脈」。やや左側の尖った山が最高峰のムラセン山(標高3479m)。アメリカのネバダ州もスペイン語からとられました。

P1190065_small


次回はパラドール・グラナダとフラメンコ鑑賞。

« ハイジの村 | トップページ | 今年も出会えたガマガエルくん »

海外旅行」カテゴリの記事

スペイン旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン紀行~⑨セビーリャ:

« ハイジの村 | トップページ | 今年も出会えたガマガエルくん »

フォト
無料ブログはココログ