« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

(自動車の)ご当地ナンバー

先日、 杉○区(わざわざ伏字にする必要はありませんが)の広報誌を見ていたら、
『国土交通省に「杉並ナンバー」を申請しました』 
という記事を見つけました。

以前から、東京では世田谷区と杉並区が「ご当地ナンバー」を申請したがっている、ということ聞いていましたが、本当に申請したようです。

ネットで調べたら、
ご当地ナンバー(第2弾)の申請地域は、8都県11地域。
「岩手県(盛岡、平泉)」「福島県(郡山)」「群馬県(前橋)」「埼玉県(川口、越谷)」「東京都(世田谷、杉並)」「愛知県(春日井)」「奈良県(飛鳥)」「鹿児島県(奄美)」の自治体が申請した。
今年の夏に導入地域を決定し、2014年度中に導入。
 
と出ていました。

現在のご当地ナンバー実施地域はこちらを。

車の台数が多い東京23区ですが、「品川」、「練馬」、「足立」の3つのナンバーしかありません。
それぞれのナンバーがどの区を包含しているのかを知っている人は少ないでしょう。
ちなみに(江東区の)お台場に住んでいる人は「足立」ナンバーですし、世田谷区は「品川」ナンバーです。

気になったのは、
導入に関するアンケート総数がたったの4553件(賛成が3355件)なのに、「多くの区民から賛成のご意見をいただいた」、と書かれてることです。
杉並区の人口は54万人。たった0.6%の賛成だけで導入の申請を行うとは勝手すぎるのではないでしょうか? 私のように知らない区民も大勢いるんですから。 ご当地ナンバーを欲しがっているのは商店街やお役所だけのようです。

東京がご当地ナンバーにしても観光や地域振興にはなんの益にもならないと思います。
そもそも、車のナンバーを見て、「あっ、ここに行きたい」と思う人がいるのでしょうか?
私なら「初めて見るナンバーだなあ」くらいで終わってしまいますが・・・

我が杉○区は「練馬」ナンバーですが、やはりネリマ大根(練馬区民の皆さんスミマセン)よりは「杉並」のほうがいいなあ・・・あせあせ

2013年7月28日 (日)

ヨーロッパの駐車事情

ヨーロッパの街中では路上駐車は当たり前。

古い建物を保存しているので慢性的な駐車場不足です。
 
よくお目にかかるのは、ビッシリと並んだ縦列駐車。
 
※2013年5月、セビーリャ駅近くで撮影
 
P1180935_small
 
どうやって出入りするのだろうと不思議に思いますが、ヨーロッパの人はみな縦列駐車の鉄人としか思えません。
 
実際に見たことはないのですが、現地観光案内人の言うことには、自分の車のバンパーを前の車のバンパーに軽くあて、車が壊れない程度の力でじわじわと押しのけ、ハンドルを切り返してバックし、今度は後ろの車を押しのける。これを何回か繰り返して必要なスペースを確保して出入りするそうです。
 
もちろん、路上で縦列駐車するときは、サイドブレーキやパーキングブレーキはかけないそうです。ちょっと心配・・・。
 
バンパーとは、本来衝撃をやわらげるためのパーツですから、正しい使い方をしているわけですが、ちょっとした傷でも気にする日本人には考えられないことです。あくまでも車は移動のための道具だと捉えているのでしょう。

全部の車のバンパーの高さがあっていればいいのですがね。現地車は、バンパーが同じ高さになるように作っているのかな?

2013年7月27日 (土)

笑える写真☆そうそう、新鮮なものに限ります

Facebookからいただいた笑える写真

 
 

Photo_11

2013年7月26日 (金)

自宅で富士登山

Gogoleが世界文化遺産に登録された富士山のストリートビューを公開しました。

 
撮影には約20kgのバックパック型の機材「
トレッカー」を使用。3日間をかけて富士吉田ルートの一合目から山頂までを撮影したといいます。よくやります(笑)

 
これは紹介ビデオ。



2013年7月25日 (木)

笑える写真☆この少年に意味を教えてあげて!

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
 
よくいますね、変な漢字のシャツを着た外人
 

Photo_10

2013年7月24日 (水)

笑える写真☆先祖です

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
確かによく似てる
 

Photo_9

2013年7月23日 (火)

笑える写真☆このミスは残念すぎる

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
説明しなければわからないのに・・・
 

Photo_8

2013年7月22日 (月)

笑える写真☆とある寺院にあった自販機

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
商売上手です。
 
 

Photo_6

2013年7月20日 (土)

期日前投票

これから山梨に行くので、期日前投票を済ませてきました。

偏向報道のマスゴミに惑わされることなく、自分の意思を表明しましょう!
 
Photo

笑える写真☆闘うサラリーマン

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
お疲れ、よくわかりますhappy01
 

Photo_4

2013年7月19日 (金)

抜歯

またしても歯の詰め物が外れたので歯医者に行ったら、

「根っこが割れていますね。抜歯しかありません。落ち着いたら抜きましょう」
と言われてしまった。sad

大人になってからの抜歯は初めて。
いやだなあ・・・
 
抜歯後は、
インプラントかブリッジか部分入れ歯だが、
インプラントは決心が付かないので、やはりブリッジにするしかないでしょうね。
 

笑える写真☆セクシー電話帳

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
"マッサージ・指圧"が見えます・・・
 

Photo_7

2013年7月18日 (木)

錯覚

笑える写真ではありませんが、目の錯覚を利用したお遊びです。

 
上半分と下半分の色は違いますよね?
 
しかし真ん中を人差し指で隠すと・・・
 
_
 
実は同じ色なのです。
 
背景色と、真ん中のグラディエーションで目が騙されるのでしょう。

2013年7月17日 (水)

笑える写真☆ダメですよ

Facebookからいただいた笑える写真

 

Photo_5

2013年7月16日 (火)

笑える写真☆話しがあるなら聞くぜ

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
ボスの風格ですなあ・・・
 

Photo_3

2013年7月15日 (月)

笑える写真☆履くたびにドキドキするなあ

Facebookからいただいた笑える写真

 
 
Photo_2

2013年7月13日 (土)

笑える写真☆本人登場

暑いので、しばらくは "笑える写真" でお茶を濁しておきます・・・

 
Facebookからいただいた笑える写真。
 

東洋系の少女と一緒なのが気になりますが、よく似ています。
 

Photo

2013年7月10日 (水)

クァルテット・エクセルシオ 第25回東京定期演奏会

クァルテット・エクセルシオ 第25回東京定期演奏会 
  
日時:2013年7月9日(火) 開演: 19:00 終演: 21:05
会場:東京文化会館 小ホール
演奏:クァルテット・エクセルシオ
 ヴァイオリン:西野ゆか・山田百子
 ヴィオラ:吉田有紀子
 チェロ:大友肇
曲目:
 ①モーツァルト/弦楽四重奏曲第12番 変ロ長調 K.172
 ②ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 Op.59-1 「ラズモフスキー第1番」
   ~ 休憩 ~
 ③ブラームス/弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op.51-1
 ※アンコール なし

Photo

昨夜、3日連続の猛暑日をものともせず、上野まで聴きに行きました。
最初は上野公園をぶらついてから聴こう、と思っていましたが、この暑さではそんな気力もおきず・・・

クァルテット・エクセルシオ(以下「エク」)はすでに何回か登場しているので、詳しい説明は省きます。

モツクァル12番は東京定期でとりあげている初期シリーズの完奏となるそうです。
弦楽四重奏曲というよりはディヴェルティメントのような楽しい曲。

ラズモ1番は40分を超える大曲であり、本来ならトリをとる曲ですが、今回はブラクァル1番に譲っています。そういえば前回の第24回定期 でも同じ作曲家で同じ順番でした。かなり弾き慣れているのか、今回の演奏では一番の出来でした。

ブラクァル1番は完成まで20年以上をかけている労作。初めて聴きましたがかなりの難曲です。

前回から1st、ヴィオラ、チェロ、2ndという弦楽四重奏団としては変わった配置になっています。
ヴィオラの吉田さんがムードメーカーのようで、時折笑みを見せながらメンバーをまとめていました。

プログラムとは別に「エク通信」というレジメがはさまれていますが、今回はかなりの傑作。特に「とある弦楽四重奏団チェリストの話」は面白かったですね。女性3人の中の唯一の男性チェリストのお話。どこの四重奏団とは言いませんが赤裸々な話に笑ってしまいました。紹介したいのですが演奏を聴いた人だけの特権にしておきますわーい(嬉しい顔) 

10年先、20年先にどうなっているのか楽しみな四重奏団です。

2013年7月 9日 (火)

アクロバティックな始球式

再生が制限されているため、こちらでご覧ください。



2013年7月 7日 (日)

七夕は西本智実さんのコンサート

日本フィル杉並公会堂シリーズ2013 第2回
大バッハの祈り、マーラーの勝利への凱歌
 
日時:2013年7月7日(日) 開演:15:00 終演:16:55
会場:杉並公会堂 大ホール
指揮:西本智実
コンミス:江口有香
曲目:
①J.Sバッハ/「音楽の捧げもの」BWV.1079 より「6声のリチェルカーレ」(弦楽合奏版)
  ~ 休憩 ~
②マーラー/交響曲第5番 嬰ハ短調
 ※アンコール なし


Photo

今日(7/7)"くそ"がつくほど暑かったですね。梅雨明けの東京は今年初めての猛暑日。
暑い盛りに出かけるのは億劫でしたが、西本智実さんに会えるのなら暑さなどなんのそのわーい(嬉しい顔) 

チケットは完売。西本智実人気がうかがえます。
 
演奏前に西本智実さんが一人で舞台に現れてプレトーク。

マーラーと「音楽の捧げもの(おんささ)」に関する話を10分ほどされました。
これだけで満足かも・・・

「6声のリチェルカーレ」を大編成の弦楽合奏で演奏するのは珍しいそうです。
6つのメロディーのアンサンブルは対位法音楽の頂点ともいうべき奇跡の曲です(と西本さんも言っていました)。

マラ5はあまり期待していなかったので、期待通りと言っておきましょうか。
トランペットやホルンはがんばっていましたが、管と弦とのサウンドがちぐはぐ。
アダージェットと最終楽章はなかなかの出来でしたが、1月のインバル/都響 の時のような張り詰めた緊張感があまり感じられませんでした。

終演後、「子ども夢シートプログラム」に当選した子供たちから、トランペットのオッタビアーノくんとホルン奏者の?さんが指揮台前まで引っ張り出されて花束贈呈を受けていました。

よく考えたら、昨年も七夕に西本智実さんのコンサート を聴いているのでした。

年に一度の出会いを意識しているわけではありませんので、念の為・・・あせあせ 

こんな暑い日はビールビールでもグビィーっといきたいところですが、明日は健康診断。
我慢しておきます・・・

2013年7月 5日 (金)

しまうまプリント

デジカメで撮影した写真、どうしていますか?

 

パソコンに取り込んだままとか、カメラに入れっぱなしという人もいるかと思います。

 

私は、プリント写真で見たい場合、

(1)自宅のプリンターで印刷

(2)ネットプリントで注文

のどちらかで行っています。

どちらもコストは似たりよったリですので、使い分けしていましたが、

格安のネットプリント専門店を発見。

それが、しまうまプリント

初回50枚無料

更にメール便送料無料

50枚を超えた場合もビックリ価格の1枚5円

 
1000枚以上注文すると5円というのがありますが、

何枚でも5円というのはここがはじめてです。
 
初回なら100枚頼んでも送料込みで250円!!
 

プリンターのインク代が高すぎるので、これからはネットプリント専門です!

2013年7月 4日 (木)

笑える写真☆珍回答

Facebookからいただいた笑える写真

 

この子、大物になります(笑)


 

Photo_5

2013年7月 3日 (水)

笑える写真☆すみません、痒い~の

Facebookからいただいた笑える写真

 

Photo_4

2013年7月 2日 (火)

笑える写真☆かおあし

Facebookからいただいた笑える写真

 

Photo_3

2013年7月 1日 (月)

笑える写真☆感電、するかなあ・・・

Facebookからいただいた笑える写真

 

豚も迷惑な話

 

Photo_2

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
無料ブログはココログ