« 笑える写真☆そうそう、新鮮なものに限ります | トップページ | (自動車の)ご当地ナンバー »

2013年7月28日 (日)

ヨーロッパの駐車事情

ヨーロッパの街中では路上駐車は当たり前。

古い建物を保存しているので慢性的な駐車場不足です。
 
よくお目にかかるのは、ビッシリと並んだ縦列駐車。
 
※2013年5月、セビーリャ駅近くで撮影
 
P1180935_small
 
どうやって出入りするのだろうと不思議に思いますが、ヨーロッパの人はみな縦列駐車の鉄人としか思えません。
 
実際に見たことはないのですが、現地観光案内人の言うことには、自分の車のバンパーを前の車のバンパーに軽くあて、車が壊れない程度の力でじわじわと押しのけ、ハンドルを切り返してバックし、今度は後ろの車を押しのける。これを何回か繰り返して必要なスペースを確保して出入りするそうです。
 
もちろん、路上で縦列駐車するときは、サイドブレーキやパーキングブレーキはかけないそうです。ちょっと心配・・・。
 
バンパーとは、本来衝撃をやわらげるためのパーツですから、正しい使い方をしているわけですが、ちょっとした傷でも気にする日本人には考えられないことです。あくまでも車は移動のための道具だと捉えているのでしょう。

全部の車のバンパーの高さがあっていればいいのですがね。現地車は、バンパーが同じ高さになるように作っているのかな?

« 笑える写真☆そうそう、新鮮なものに限ります | トップページ | (自動車の)ご当地ナンバー »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパの駐車事情:

« 笑える写真☆そうそう、新鮮なものに限ります | トップページ | (自動車の)ご当地ナンバー »

フォト
無料ブログはココログ