« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

笑える写真☆看板編 第2弾

面白写真の看板編第2弾です。

第一弾はこちらを。
 
私の友人が旅先などで撮影した面白看板です。

① まさか「おすぎ」の経営じゃないでしょうね。  <浅草>


__3
 
② こちらは「ゆうみん」   <函館>

__2


③ 最初は「気」が付きませんでしたが、 「き」が付けば 「きたじまさぶろう」


__4


④ 毎日飲みに行っても「しばらく」  <八王子>


__5


⑤ 「がってん」していただけたでしょうか   <浅草>

__6
 
⑥ どんなラーメンなんでしょう?   <八王子>

__7


⑦ なんか悪いことでもされたのでしょうか?  <八王子>

__8


⑧ 「二合半」。中途半端な店名ですね・・・   <八王子>


__9


⑨ 「無添加住宅」とは新しいキャッチフレーズ?    <八王子>

__10


⑩ 「.COM」 パチンコ屋です。かなり繁盛するのでしょう。   <八王子>
 
  たまたま前を通っているバスはガラガラですが・・・

__11


友人には「第三弾を期待する」と言っておきましたので、皆様ご期待を。

2013年9月28日 (土)

NHK交響楽団 第1758回定期公演 年年歳歳楽団相似 歳歳年年人不同

NHK交響楽団 第1758回定期公演 Cプログラム2日目      
   
日時:2013年9月28日(土) 開演:15:00 終演:16:55
会場:NHKホール
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
ヴァイオリン:フランク・ペーター・ツィンマーマン
コンマス:堀正文
 
曲目:
 ①ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77
 ※ソリスト・アンコール J.S.バッハ/無伴奏パルティータ第3番~プレリュード
   ~ 休憩 ~
 ②ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 Op.98
 

9月のN響定期は、今や "絶滅危惧種の巨匠" ブロムシュテットによるオール "ブラームス" プログラムで、今日のCプログラムで締めとなる。

一昨日のコバケンと同じような曲目構成。

現代を代表するヴァイオリニストのツィンマーマン。
昨年は息子がN響デビューしたが、まだ48歳の若さ。
演奏はブロムシュテットのサポートもよろしく、力強く、美しくはあったが、感動したかというと、一昨日の城戸かれんちゃんのほうが感動した。これは上手下手ではないあっかんべー。"感動"とは期待値と実際との差の大きさだからである。エッヘン。

後半のブラ4は、渋いブラームスのなかでも最も渋い曲。
それもそのはず、あの昭和天皇崩御の日の歌舞音曲自粛の中にあって唯一放送された歌舞音曲が、NHK教育テレビの「昭和天皇追悼演奏会」。その中の曲目のひとつがブラ4であった。あと一曲は確かバーバーの弦楽のためのアダージョだったかな?
いやでも渋面顔の外山雄三がことさら渋面を作って演奏していたのが今も記憶に残る。
・・・ことほどさようにブラ4は渋いのである。

重心低いサウンドで、弦の厚みと一体感は素晴らしく、一気呵成の終楽章は聴きごたえがあった。
86歳の巨匠はいまだ矍鑠としており、来年9月にも来日してくれるので、期待大である。それまでお元気で。

演奏終了後、今日でお別れのブロムシュテットと、今日が定年で最後の演奏会となる第一コンマス(第2ヴァイオリン)の山口裕之さんに花束贈呈があった。山口さんは私と同じ童顔なのであっかんべー若く見えるが、もう還暦なんだなあ。花束をもらってウルウルされていた。

そういえば、チェロ主席の木越洋さんも定年でN響を去られた。

寂しくなるなあ・・・

私がN響定期会員になって今年で40年。

年年歳歳楽団相似 歳歳年年人不同

成田空港のシャトルが廃止

成田空港第2ビルの連絡シャトルが9月26日で廃止されました。
海外出張の際にはよくお世話になりました。

場合によっては歩いた方が早いと思うこともありましたが、なくなるというのは寂しいことです。
代わりに動く歩道が設置されました。


ちなみにあのシャトルは世界初の「
水平移動するエレベーター 」なんですよ! 

乗り物の定義として、「軌道がなくワイヤーで引っ張る」からエレベーターとなるのでしょうが、昇らないのにエレベーターとはこれいかに?

2013年9月27日 (金)

日本フィル杉並公会堂シリーズ コバケンと城戸かれん

日本フィル杉並公会堂シリーズ2013 第3回
 
日時:2013年9月26日(木) 開演:19:00 終演:20:50
会場:杉並公会堂 大ホール
演奏:日本フィルハーモニー
指揮:小林研一郎
ヴァイオリン:城戸かれん①
コンマス:扇谷泰朋
 
曲目:
 ①ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26
   ~休憩~
 ②チャイコフスキー/交響曲第4番 ヘ短調 Op.36
 ※アンコール  ブラームス/ハンガリー舞曲 第5番

Photo

杉並公会堂をフランチャイズとする日本フィルの地元開催シリーズ。

城戸かれんは杉並区出身で現在も杉並区民。19才の芸大1年生。若いなあ・・・
深蒼のロングドレスで緊張した面持ちで登場。

ブルッフのヴァイオリン協奏曲は、メン・チャイ・ベト・モツ・ブラ・シベなどのそれと並ぶ有名な曲ですが、こんなによい曲だったかなあ? 演奏者のせいかもしれませんあっかんべー 

演奏後挨拶がありましたが、杉並公会堂の前は幼稚園の送迎バスの通り道で、初めて聴いたコンサートがここ(旧)杉並公会堂。今日と同じコバケンのチャイコの第4番だったそうです!
名前の通り可憐な演奏で、これからが楽しみですな。

チャイコの4番は、最初と最後が騒がしすぎるのであまり好きな曲ではないですが、ど派手な第4楽章はコバケンの真骨頂。弦のピチカートもよかったし金管の咆哮も最高。元気が出てくる演奏でした。

アンコールはコバケン十八番のハン5(ハンガリー舞曲第5番)。メリハリを効かせた泥臭い演奏で締め。帰宅時は強風が吹いて肌寒かったですが、心は熱いまま帰宅しました。

実は妻と聴きに行く予定でしたが、妻が体調を崩して直前でドタキャン。気温差にやられたようです。この天候不順で体調を崩す人が多いようです。皆様もお気をつけて。

映画ムラヴィンスキー=レニングラード・フィルのチャイコの4番第4楽章。超特急の演奏です。

2013年9月26日 (木)

最近読んだ本

退職後も趣味の本読書は細々ですが続いています。

読書する上で現役時代と変わったことは、
①動く書斎(通勤電車)で読まなくなったので、文庫本という制約が取れた
②ということで、(字が大きな)単行本を読む機会が増えた
③ということで、新刊本を読むことが増えた
④新刊本は高いので図書館で借りることが多くなった
⑤いつでも本が読めるということは、読まなくてもよいということなので読書量が減った
⑥老眼が進んだせいでしょうか、30分も本を読んでいると目が疲れて困ります
というところでしょうか。

いまのところ、電子書籍には食指が動きません。

最近読んだ本をいくつか紹介しておきます。

①舟を編む
 三浦しをん著
 光文社
 
2012年、本屋大賞を受賞
2013年、石井裕也監督により、松田龍平主演で映画化<見ていません>

Photo

図書館で借りるのはメリットが多いですが、人気本は予約者が多くてなかなか順番が回ってこないのが玉に瑕。この本は予約してから1年半たってようやく借りられましたが、3時間で読んでしまいました・・・

辞書「大渡海」の編纂に携わる人々の物語。フィクションですが、辞書を作る大変さは伝わってきます。「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」という意味でこの書名が付いているそうです。
読後は家にある広辞苑を久しぶりにながめてみました。電子辞書を否定するつもりはありませんが、やっぱり辞書はこうでなくちゃと思いましたね。

シンプルな装丁がいいです。終盤近くにでてきましが、辞書「大渡海」の装丁と同じになっています。これは想定内・・・(余計な一言でした)

利休にたずねよ
 山本兼一著
 PHP研究所(文庫本あり)
 
第140回直木賞受賞作
2013年末に、海老蔵・利休による映画も公開されます

Photo_2

山本兼一氏の作品ははじめて読みます。
利休切腹の日から19歳の青年時代へ遡り、周辺の色々な人物から見た利休像が描かれ、利休の美意識が形成されていく様子が浮かび上がってくる仕組みとなっています。
茶室の室礼や所作のひとつひとつまでが目に浮かぶような簡潔明瞭な美しい文章です。
茶道に関する知識があればなおさら理解が深まると思います。

さて書名ですが、何を利休にたずねるんでしょうか?
映画のキャストはあれでよかったのかと・・・?


花鳥の夢
 山本兼一著
 文藝春秋社
 

「利休にたずねよ」、が面白かったので山本兼一の最新作を読んでみました。
装丁が豪華なこと!

Photo_3

稀代の絵師・狩野永徳の生涯を描く作品。
永徳の絵に対するすさまじき情念、ライバル「等伯」に対する異常とも思える嫉妬、そして狩野派の長としての苦悩。絵を描く事への永徳のこだわりが文章から滲み出てくるようでした。

④モンスター
 百田尚樹著
 幻冬舎(文庫本あり)
 
2013年、高岡早紀(絶世の美女かなあ・・・)主演で映画が公開。<見ていません>

Photo_4

「永遠のゼロ」や「海賊とよばれた男」とは趣が変わった作品。
モンスターと呼ばれるほど畸形的に醜い女性が、整形手術を繰り返して絶世の美女に生まれ変わり、自分の過去と愛憎入り混じりながら向き合うというお話。
百田尚樹特有の淡々とした文体で読みやすい。

整形や風俗など、危ない世界のことが詳しく書かれていたので興味深く読みましたが、大切なのは見た目か内面か。永遠に解答が出ない問題でしょうが、現実にも「美容整形に翻弄されている人」がいますが、そういう人たちは若いうちはいいかもしれませんが、どうやって年を重ねていくのでしょうか。


★読書中

○等伯(上、下)
 安部龍太郎著
 日経新聞出版社
 
第148回(平成24年度上半期) 直木賞受賞

Photo_5

狩野永徳のライバル等伯(長谷川信春)の生涯を描くお話し。
山本兼一の「花鳥の夢」で"永徳"を読んだので、"等伯"も読みたくなり図書館で借りました。これは3ヵ月半で借りられました。
 
読後感は読んでから・・・

いずれの本もお勧めです。
読書っていいですね!

2013年9月24日 (火)

ミニ石窯キットの紹介

山梨(八ヶ岳南麓)の山荘に設置したミニ石窯の紹介をします。

周囲の山荘では、ちゃんとした固定式の石窯を持っているお宅がけっこうありました。その時は本格的な石窯なんて作っても無駄だなあと思っていました。

ところが先月、お隣から石窯で焼いたピザのおすそ分けをもらったので、それでは私もと思いネットで探していたら、ミニ石窯キット なるものを発見。

値段も手ごろ(本体29,400円)だったので、早々購入してしまいました。

★組み立て

組み立てといっても本式の窯と違って、積み上げるだけでなので超簡単。

・基礎工事

雑草が生い茂った庭の片隅に設置。
雑草を取り払い、地面の水平を出すのに一苦労。

重量ブロック(115円)を14個使って土台を作成。1610円なり。
 
P1200605

・組み立て

ミニ石窯は耐火煉瓦(1200度)32個と大谷石の天井板2個から成ります。

P1200606

窯の形に耐火煉瓦を積み上げます。

P1200607


天井板の大谷石を2個乗っけて出来上がり。 
本体の大きさは縦、横約60cm。高さ40cm。重量130Kg。

P1200608

組み立てに10分もかかりませんが、耐火煉瓦は一個3Kg。重いし、割れ易いので神経を使います。

本式の石窯だと、耐火煉瓦をモルタルで固定し、その周りにさらに断熱煉瓦で覆って保温性を高めるのですが、ミニ石窯は保温性よりも移動できるという利便性が優先されています。

★火入れ

石窯は薪を約1時間ほど焚いて窯全体を暖めその余熱で焼きます

P1200611

薪をくべて内部を暖めます。

よく乾燥した広葉樹の薪を使えば煙もあまり出ません。

一時間ほどかかりますが、この時間が楽しい・・・
この時間にピザの準備をすればちょうどよろしい。

本当はこの時間にビール茶色いものやワイングラス赤いものを飲むのが一番でしょうが、飲みすぎてしまうと、窯が準備出来る前に自分が出来上がってしまうのでやめておいた方が良いでしょうあっかんべー

最初のうちは窯の内部は煤で黒いのですが、燃やしているうちに内部の煉瓦の色が白っぽくなったら適温(煉瓦の壁面温度が700~800度程度)になった証拠。煤切れというそうです。

P1200612

★いよいよピザ(写真は第一便)の投入

内部の薪を掻き出し、奥のほうの薪だけを残して、前方に空間を作ります。
土台の煉瓦の表面は煤で少し黒いですが、この黒い焦げ目がまた美味しいのです。

P1200613

ほんの1,2分で出来上がり。
奥のほうが熱いので、回転させる必要があります。

外はカリカリ、中はもっちり。とろっとしたチーズと生トマトの相性もバツグン。

P1200614

実は初めて石窯で焼くので市販の冷蔵ピザにトッピングしただけですが・・・次回は手作りピザに挑戦です。

ミニ石窯キットには、ピザスコップ、 灰かき棒、火ばさみ、ほうき(小)、皮手袋が付属しています。

・ピザ2枚だけではもったいないので、サツマイモを投入。

P1200617

この場合は、鉄板(別売)の蓋をします。
内部温度は280度もありました。ちょっと焚きすぎたようです。

P1200615

余熱で90分焼いた焼き芋のほっこりとした味は絶品でした。
遠赤外線効果バツグン。

P1200618

小さなパン、アップルパイ、焼きリンゴなどを焼くときは鉄板で蓋をすれば熱が逃げにくくなります。

P1200609


冷蔵ピザなら家で焼けば5分程度で焼けてしまいますが、スローライフはいいものですね。

大谷石の蓋を外して網を乗せればBBQコンロとしても使えます。

冬季など長期間使わないときは、耐火煉瓦を取り外して土台のブロックだけを残して保管しておきます。 

2013年9月21日 (土)

イリーナ・クリコヴァ ギター・リサイタル

遅まきながら、私の2013/2014新音楽シーズンの始まりです!
 
イリーナ・クリコヴァ ギターリサイタル
 
日時:2013年9月20日(金) 開演:19:00 終演:20:55
会場:武蔵野市民文化会館 小ホール
演奏:イリーナ・クリコヴァ(ギター)
曲目:
 ①アルベニス/アストゥリアス(伝説)
 ②J.S.バッハ(ギター編曲)/無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV.1007
 ③ソル/幻想曲 第7番 Op.30
   ~ 休憩 ~
 ④ヴァシリエフ/3つの森の絵画
   樫の老木
   スノードロップ(待雪草:マツユキソウ)
   森の精霊の踊り
 ⑤ヴァシリエフ/3つの叙情的作品
   エレジー:ラフマニノフの思い出に
   回想:アグスティン・バリオスの思い出に
   モジアナ:ヴィラ=ロボスの思い出に
 ⑥ルドネフ/古い菩提樹
 ⑦タレガ/アルハンブラの思い出
 ※アンコール デル・レイ/「カリフォルニア組曲」~プレリュード
           コズロフ/ 美しいエレナのためのバラード</span>
 

Photo


イリーナ・クリコヴァはロシア生まれ(在オランダ)で、世界で最も批評家から高い評価を受けているギタリストの一人(武蔵野のパンフレットより)。若い上に美人confident
 

①②⑦以外ははじめて聴く曲ですが、ギター演奏の技術は目を見張るものがあります。村治佳織も上手いですが、彼女以上かもしれません。フィンガーノイズが全くといっていいほどなく、それに音が均一で美しい!
 

バッハの無伴奏チェロ組曲(ギター編曲版)はチェンバロの演奏を聴いているような音の響きでした。
 

最後の「アルハンブルの思い出」は、目を瞑って聴いていると、4ヶ月前に訪れたアルハンブラ宮殿を思い出させてくれる演奏でした。ちなみにあのトレモロは、アルハンブラ宮殿の水(噴水)を表現しているそうです。
 
 

movieナルシソ・イエペス(10弦ギター)の演奏:カタルーニャ音楽堂
 

movie当日はNHKの収録がありましたが、小ホールなのにカメラが5台(有人3台、無人2台)も! さすが国営放送局です。おそらくBSでしょうが、放送される日を楽しみにしています。

2013年9月12日 (木)

笑える写真☆どうも臭いらしい

Facebookからいただいた笑える写真

Photo_6

2013年9月11日 (水)

抜歯してきました

以前のブログで抜歯(左下の犬歯の奥の歯)のことを書きましたが、

本日(9/11)朝に、抜歯してきました。
 
永久歯の抜歯は初めて。
まだ歯を抜いたことがない方のために抜歯の手順を記載します。

 
① まず、抜く歯の歯茎に表面麻酔。薬を塗るだけです。
  これは②の麻酔注射の痛み軽減のためでしょう。
 
② 次に、歯を抜く際の痛みがないように、歯茎の周りに麻酔液を注入。
  何箇所か(私の場合は4箇所)に針を刺して注入します。
  この時間が一番長かったですね。歯茎の周りが腫れぼったい感じがします。
 
③ 次に、
歯周靭帯の切除。
  歯は歯周靭帯という組織によって歯ぐきと強く結びついているので、これをメスで切除します。
  ガリガリという音が聞こえますcoldsweats02
 
④ 次に、挺子による歯の脱臼。
  
骨と歯の間の歯根膜の部分に挺子を挿入し、歯根膜繊維を断裂させ、歯を骨から脱臼させるのです。

⑤ いよいよ、
鉗子のよる歯の抜去。
  いわゆる抜歯です。歯を鉗子でつかみ、歯を抜きます。
  麻酔のため、痛みは全くありません。
 
⑥ 最後に、止血。
  
ガーゼを噛んで止血します。
  歯の状況によっては抜歯窩(歯を抜いたあと)の治療もあるようです。
 
時間にして全部で20分くらい。
③④⑤の時間はあっという間で、結構簡単に抜けてしまいました。


抜歯した後の歯を抜いた穴というのは、血液で満たされ(血餅)それが元になり治っていくそうです。
 
明日は消毒のために歯医者に行きますが、問題がなければその後はブリッジ作り。
まだまだ先は長そうです。

笑える写真☆ドアが閉まらないけど見えないからいいか

Facebookからいただいた笑える写真


Photo_5

2013年9月10日 (火)

笑える写真☆だめだめ、覗いちゃ

Facebookからいただいた笑える写真

Photo_4

2013年9月 9日 (月)

笑える写真☆高すぎだろう

Facebookからいただいた笑える写真


198円×0.8=158.4

小数点が無視されたのでしょう。


Photo_3

2013年9月 8日 (日)

笑える写真☆こんな問題あり?

Facebookからいただいた笑える写真


こんな問題ありかな?

Photo_2

2013年9月 7日 (土)

笑える写真☆誰ですか? 子どもの遊び場で本気だしたの

Facebookからいただいた笑える写真




Photo

2013年9月 3日 (火)

東京都シルバーパス

今週一週間は、シルバー人材センターでの東京都シルバーパス更新業務」の仕事をしています。退職後、お金をもらって仕事をするのはこれが初めてです。

東京都在住の方以外は、「
東京都シルバーパス」についてご存じないと思いますので、簡単に説明しておきます。東京都在住の方でもご存じない人も大勢いると思います。

以下、「東京バス協会」のHPより抜粋引用

◆目的
一般社団法人「東京バス協会」では、東京都の高齢者の社会参加を助長し、高齢者の福祉の向上を図るために、『東京都シルバーパス』を発行。

◆対象者
70歳以上の東京都内にお住まいの方で、
寝たきり等で経常的なバス利用が困難でない方

◆有効期限
一年毎に更新可能。

◆料金(一年間)
所得が125万円以下の方 負担金 1,000円
所得が125万円超の方   負担金 20,510円 (なんという半端な金額なんでしょう)

◆対象路線
東京都内のほとんどの乗合バス。(原則として東京都内のみ)。
都営地下鉄と都電全線、日暮里・舎人ライナー。
 

残念ながら東京メトロは使用できませんが、都営地下鉄が利用できるのは大きすぎる魅力です。
所得が125万円以下なら、これがたったの1000円で一年間乗り放題なのですから!
20510円支払っても、月に9回(4.5往復)以上利用すれば元が取れます。

東京都以外でこのようなシルバーパス制度があるのは、横浜・川崎くらいです。

しかし超高齢化社会を迎えて、70歳以上の交付対象の高齢者が巷に溢れ、その存在意義は大きく問われるところとなっており、廃止への動きは一段と強まっているらしいので、私が70歳になる頃には廃止の憂き目にあっているかも・・涙 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
無料ブログはココログ