« 最近読んだ本 | トップページ | 成田空港のシャトルが廃止 »

2013年9月27日 (金)

日本フィル杉並公会堂シリーズ コバケンと城戸かれん

日本フィル杉並公会堂シリーズ2013 第3回
 
日時:2013年9月26日(木) 開演:19:00 終演:20:50
会場:杉並公会堂 大ホール
演奏:日本フィルハーモニー
指揮:小林研一郎
ヴァイオリン:城戸かれん①
コンマス:扇谷泰朋
 
曲目:
 ①ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26
   ~休憩~
 ②チャイコフスキー/交響曲第4番 ヘ短調 Op.36
 ※アンコール  ブラームス/ハンガリー舞曲 第5番

Photo

杉並公会堂をフランチャイズとする日本フィルの地元開催シリーズ。

城戸かれんは杉並区出身で現在も杉並区民。19才の芸大1年生。若いなあ・・・
深蒼のロングドレスで緊張した面持ちで登場。

ブルッフのヴァイオリン協奏曲は、メン・チャイ・ベト・モツ・ブラ・シベなどのそれと並ぶ有名な曲ですが、こんなによい曲だったかなあ? 演奏者のせいかもしれませんあっかんべー 

演奏後挨拶がありましたが、杉並公会堂の前は幼稚園の送迎バスの通り道で、初めて聴いたコンサートがここ(旧)杉並公会堂。今日と同じコバケンのチャイコの第4番だったそうです!
名前の通り可憐な演奏で、これからが楽しみですな。

チャイコの4番は、最初と最後が騒がしすぎるのであまり好きな曲ではないですが、ど派手な第4楽章はコバケンの真骨頂。弦のピチカートもよかったし金管の咆哮も最高。元気が出てくる演奏でした。

アンコールはコバケン十八番のハン5(ハンガリー舞曲第5番)。メリハリを効かせた泥臭い演奏で締め。帰宅時は強風が吹いて肌寒かったですが、心は熱いまま帰宅しました。

実は妻と聴きに行く予定でしたが、妻が体調を崩して直前でドタキャン。気温差にやられたようです。この天候不順で体調を崩す人が多いようです。皆様もお気をつけて。

映画ムラヴィンスキー=レニングラード・フィルのチャイコの4番第4楽章。超特急の演奏です。

« 最近読んだ本 | トップページ | 成田空港のシャトルが廃止 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/58273971

この記事へのトラックバック一覧です: 日本フィル杉並公会堂シリーズ コバケンと城戸かれん:

« 最近読んだ本 | トップページ | 成田空港のシャトルが廃止 »

フォト
無料ブログはココログ