« イリーナ・クリコヴァ ギター・リサイタル | トップページ | 最近読んだ本 »

2013年9月24日 (火)

ミニ石窯キットの紹介

山梨(八ヶ岳南麓)の山荘に設置したミニ石窯の紹介をします。

周囲の山荘では、ちゃんとした固定式の石窯を持っているお宅がけっこうありました。その時は本格的な石窯なんて作っても無駄だなあと思っていました。

ところが先月、お隣から石窯で焼いたピザのおすそ分けをもらったので、それでは私もと思いネットで探していたら、ミニ石窯キット なるものを発見。

値段も手ごろ(本体29,400円)だったので、早々購入してしまいました。

★組み立て

組み立てといっても本式の窯と違って、積み上げるだけでなので超簡単。

・基礎工事

雑草が生い茂った庭の片隅に設置。
雑草を取り払い、地面の水平を出すのに一苦労。

重量ブロック(115円)を14個使って土台を作成。1610円なり。
 
P1200605

・組み立て

ミニ石窯は耐火煉瓦(1200度)32個と大谷石の天井板2個から成ります。

P1200606

窯の形に耐火煉瓦を積み上げます。

P1200607


天井板の大谷石を2個乗っけて出来上がり。 
本体の大きさは縦、横約60cm。高さ40cm。重量130Kg。

P1200608

組み立てに10分もかかりませんが、耐火煉瓦は一個3Kg。重いし、割れ易いので神経を使います。

本式の石窯だと、耐火煉瓦をモルタルで固定し、その周りにさらに断熱煉瓦で覆って保温性を高めるのですが、ミニ石窯は保温性よりも移動できるという利便性が優先されています。

★火入れ

石窯は薪を約1時間ほど焚いて窯全体を暖めその余熱で焼きます

P1200611

薪をくべて内部を暖めます。

よく乾燥した広葉樹の薪を使えば煙もあまり出ません。

一時間ほどかかりますが、この時間が楽しい・・・
この時間にピザの準備をすればちょうどよろしい。

本当はこの時間にビール茶色いものやワイングラス赤いものを飲むのが一番でしょうが、飲みすぎてしまうと、窯が準備出来る前に自分が出来上がってしまうのでやめておいた方が良いでしょうあっかんべー

最初のうちは窯の内部は煤で黒いのですが、燃やしているうちに内部の煉瓦の色が白っぽくなったら適温(煉瓦の壁面温度が700~800度程度)になった証拠。煤切れというそうです。

P1200612

★いよいよピザ(写真は第一便)の投入

内部の薪を掻き出し、奥のほうの薪だけを残して、前方に空間を作ります。
土台の煉瓦の表面は煤で少し黒いですが、この黒い焦げ目がまた美味しいのです。

P1200613

ほんの1,2分で出来上がり。
奥のほうが熱いので、回転させる必要があります。

外はカリカリ、中はもっちり。とろっとしたチーズと生トマトの相性もバツグン。

P1200614

実は初めて石窯で焼くので市販の冷蔵ピザにトッピングしただけですが・・・次回は手作りピザに挑戦です。

ミニ石窯キットには、ピザスコップ、 灰かき棒、火ばさみ、ほうき(小)、皮手袋が付属しています。

・ピザ2枚だけではもったいないので、サツマイモを投入。

P1200617

この場合は、鉄板(別売)の蓋をします。
内部温度は280度もありました。ちょっと焚きすぎたようです。

P1200615

余熱で90分焼いた焼き芋のほっこりとした味は絶品でした。
遠赤外線効果バツグン。

P1200618

小さなパン、アップルパイ、焼きリンゴなどを焼くときは鉄板で蓋をすれば熱が逃げにくくなります。

P1200609


冷蔵ピザなら家で焼けば5分程度で焼けてしまいますが、スローライフはいいものですね。

大谷石の蓋を外して網を乗せればBBQコンロとしても使えます。

冬季など長期間使わないときは、耐火煉瓦を取り外して土台のブロックだけを残して保管しておきます。 

« イリーナ・クリコヴァ ギター・リサイタル | トップページ | 最近読んだ本 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

石窯は、薪を燃やす所と、焼く所が同じ所なのですね。始めて知りました。

ターボーさん

そうねんです。私も初めて知りました。
てっきり下から焚いているのかと・・・

大きな石窯は違うかもしれませんが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/58257955

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ石窯キットの紹介:

« イリーナ・クリコヴァ ギター・リサイタル | トップページ | 最近読んだ本 »

フォト
無料ブログはココログ