« 笑える写真☆連日の猛暑で | トップページ | とんでもない錯視動画 »

2013年10月14日 (月)

サルビア

最近、mixiやfbでサルビアの話題が出ていたので、私もサルビアの日記を。 

山梨の山荘の庭はいまだに整備中ですが、何もないのは寂しいので、とりあえず駐車場の縁石沿いにサルビアなどを植えました。

P1200738

サルビアは近くの市場で24鉢(赤、白、紫)で1050円。6月上旬に植えたのですが、4ヵ月後もまだ花を咲かせています。最初は3色を分けて植えていたのですが、何株かは枯れてしまったのでいくつか入れ替えました。不耐寒性なので寒冷地では一年草扱い。また来年も植えようと思っています。

サルビアというと2つの歌を思い出します。

ひとつは、昔(1972年頃)流行った、"もとまろ"という女性3人のグループが歌った「サルビアの花」。


しっとりとした、いいメロディーなのですが、中島みゆきの歌のように恨み節っぽい歌詞がアンバランスで好きな歌でした。

♪・・・
 そして君のベッドに
 サルビアの紅い花しきつめて
 僕は君を死ぬまで抱きしめていようと
 ・・・


当時は意味もなく聴いていたのですが、今聴いてみるとシュールですなあ・・・

全歌詞はこちらを。

もう一曲は2ヶ月前にあるコンサートで初めて聴いたばかりの歌曲。

サルビア
作詞 堀内幸枝
作曲 中田喜直


有名な中田喜直氏の作曲。
正統派の日本歌曲界の作曲家が、こんな燃えるように激しい曲を作っていたのにはびっくりしました。

歌詞も凄い。
情熱を通り越して、情念と言えるかもしれませんね。

♪サルビアは赤い花だわ
 その花は血の色だわ
 わたしはその花をみつめていたとき
 急に愛の言葉を口にしたのね

 夏の風はあったかいわ
 嫉妬する熱風だわ
 かん高い感情の中でとまどった
 ふたりの顔に吹きつけていたのよ

 サルビアの花びらを
 いっぱいふりかけてちょうだい
 まっ赤な色にふちどられてさけんだ
 あの時をも一度おもいだしたいの

 サルビアは赤い花だわ
 その花は血の色だわ
 

表現力があるソプラノさんだったので、胸に響きました。

サルビアって怖い花ですね・・・

« 笑える写真☆連日の猛暑で | トップページ | とんでもない錯視動画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/58381465

この記事へのトラックバック一覧です: サルビア:

« 笑える写真☆連日の猛暑で | トップページ | とんでもない錯視動画 »

フォト
無料ブログはココログ