« 笑える写真☆ネーミングセンス抜群 | トップページ | 笑える写真☆食べられます? »

2013年11月 6日 (水)

チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

  • チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団演奏会
     
    日時:2013年11月5日(火) 開演:19:00 終演:21:20
    会場:武蔵野市民文化会館 大ホール
    演奏:ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団
    指揮:レオシュ・スワロフスキー
    チェロ:トマーシュ・ヤムニーク②
    曲目:
     ①スメタナ/モルダウ(ヴルタヴァ)~連作交響詩「わが祖国」より
     ②ドヴォルザーク/チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104
     ※ソリスト・アンコール J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第2番~サラバンド
       ~ 休憩 ~
     ③ドヴォルザーク/交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界より」
     ※アンコール ドヴォルザーク/スラブ舞曲 第8番


    Photo


    ブルノはプラハに次ぐチェコ第2の都市で、チェコ東部モラヴィアの中心都市。

    オールチェコ。曲目も指揮者も独奏者も楽団もすべてチェコ尽し。
    曲目はこれ以上考えられないという大ベタ。アルテ友の会感謝コンサートと銘うってあり、格安な価格設定なので、「安いから聴きに行こうか」的な初心者聴衆が多かった。まあ、誰でも最初は初心者ですが・・・

    ①モルダウ(ヴルタヴァ)

    出だしのフルートの音色が最高。抑制されたゆったりとした豊かな響きでした。

    ②ドヴォチェロコン

    チェロのヤムニークは確実な演奏で、さほど目立つ感情表現はしません。第3楽章でのヴァイオリンとの掛け合いではヴァイオリンに負けていました・・・

    ③新世界より

    正統派の演奏というのでしょうか、控え目だが、心にしみる演奏をしてくれました。

    アンコールのスラブ舞曲では、エンディングと同時に指揮者が客席側に180度回転し聴衆に挨拶。楽しませてくれました。

    オーボエ2番は若いブロンズ美人。手前にいるバカデカイチェロ奏者がじゃまでよく見えなかったのが残念!

    武蔵野公演はいつもそうですが、満席の客席。他の演奏会では空席が目立つとのことですが、演奏する側はドル袋手取りが少なくてもあっかんべー、満員の聴衆の前で演奏する方がやる気が出るのでは?

« 笑える写真☆ネーミングセンス抜群 | トップページ | 笑える写真☆食べられます? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/58524305

この記事へのトラックバック一覧です: チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 :

« 笑える写真☆ネーミングセンス抜群 | トップページ | 笑える写真☆食べられます? »

フォト
無料ブログはココログ