« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

旧東海道、品川宿散歩~その1

5日前(2014/2/22)になりますが、
友人たちと品川駅から大森海岸駅までの旧東海道沿い(品川宿)を歩いてきました。

品川駅-八つ山橋-品川浦舟溜まり-品川神社-板垣退助の墓-ガラス工業発祥地碑-東海寺大山墓地(お千代さんの墓)-東海寺-品川宿交流館-荏原神社-天妙国寺-品川寺-海雲寺-立会川(竜馬像)-勝島運河-鈴ヶ森刑場跡-大森海岸駅。

23000歩。
 
梅や寒緋桜が咲いており、春近し、を体感してきました。
 
写真は荏原神社の寒緋桜です
 
Dscf0482
 
Dscf0483_
 
Dscf0485_
 
Dscf0488_
 

2014年2月25日 (火)

日本フィル杉並公会堂シリーズ2013 第6回

日本フィル杉並公会堂シリーズ2013 第6回 (最終回)
 
日時:2014年2月23日(日) 開演:15:00 終演:17:06
会場:杉並公会堂 大ホール
演奏:日本フィルハーモニー
指揮:ピエタリ・インキネン
ピアノ:清水和音②
コンマス:扇谷泰朋
 
曲目:
 ①シベリウス/交響詩「フィンランディア」 Op.26
 ②チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番 変ロ長調 Op.23
 ※ソリスト・アンコール チャイコフスキー/感傷的なワルツ
     ~ 休憩 ~
 ③シベリウス/交響曲第2番 ニ長調 Op.43
 ※アンコール シベリウス/「カレリア」~行進曲

_

 
日本フィルによる杉並公会堂シリーズ2013の最終回。
通常、音楽シーズンは9月から始まるが、杉並公会堂はお役所なので4月始まり。
 
冷えたら陰気ねん・・・もとい、ピエタリ・インキネンはフィンランド出身の日本フィル首席客演指揮者。弱冠33歳。
 
演奏はあまり若さは感じられず、オーソドックス。
いつものように金管は頑張っているが、弦楽が弱いなあ・・・
 
ピアノの清水和音は、生まれながらにして音楽家を約束されたような名前。
弾いていないときはきょろきょろ客席を見まわしていた。誰か知り合いを探しているのだろうか、あるいは失神者の数を数えているのか・・・
 
可もなく不可もない演奏であったが、演奏終了後にマイクを持って舞台に戻ってきた。
「このピアノで練習しなかったので、調律が狂っていた」ことを詫び、舞台上で専属の調律師に調律させたあとアンコール曲を演奏。
 
なんだかなあ・・・弾きなれた曲だからだろうけど、ちゃんと演奏するピアノで練習しろよ、手抜きじゃねえかと言いたいところであった。まあ、正直なところはよいが。
 
PS.
調律が狂っていたことは、もちろん・・・わからんwobbly

2014年2月21日 (金)

実稚恵さんと真央ちゃん

都民芸術フェスティバル・オーケストラ・シリーズ No.45
 
日時:2014年2月21日(金) 開演:19:00 終演:20:58
会場:東京芸術劇場
演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:下野竜也
ピアノ:小山実稚恵②
 
曲目:
①ヴェルディ/歌劇「運命の力」 序曲
②ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18
※ソリスト・アンコール ラフマニノフ/前奏曲 Op.32-5
   ~ 休憩 ~
③ムソルグスキー=ラヴェル/組曲「展覧会の絵」
 ※アンコール エルガー/「エニグマ」変奏曲~「ニムロッド」
 
 

毎年何公演か聴きに行っている都民芸術フェスティバル。
今年は申し込みが出遅れたので、小ホールで行われる室内楽が満席になってしまい、今日の新日フィルの演奏会だけ。

私の大ファンの小山実稚恵さんが演奏するラフマニノフの2番。何回聴いてもロマンチックの極みですね。
昨日の真央ちゃんのフリーの演技が脳裏を巡り、不覚にも涙が出てしまいました。

ちなみに真央ちゃんのラフ2は、
ボリス・ベレゾフスキーのピアノ、ドミトリー・リス指揮、ウラル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏だそうです。

2014年2月19日 (水)

春季宮殿特別参観の申込み要領

春季宮殿特別参観の申込み要領が発表されました。
 

天皇陛下には,昨年12月,傘寿をお迎えになりました。これを記念して,本年春季及び秋季の2回,宮殿特別参観を行います。
春季の宮殿特別参観を希望される方は,下記によりお申込み下さい。

1 参観日時
         平成26年5月24日(土)及び25日(日)

参観回集  合解  散
第1回 午前 9時10分 午前11時30分頃
第2回 午後 0時20分 午後 2時40分頃
第3回 午後 3時05分 午後 5時25分頃

※参観コースは,別紙(別ウインドウで開きます)のとおりです。

2 募集定員
         各回50人

3 参観できる方

         18歳以上の方(参観実施日を基準とする。) 

申込み方法などはこちらを参照願います。

往復葉書代が無駄になってもよいという太っ腹な方は応募しましょう。!(^^)!

秋にも実施されますが、どちらもかなりの倍率になることは請け合いです。

2014年2月18日 (火)

【面白動画】 意外な結末

スカイダイビング用の飛行機で回していたビデオカメラを、うっかり地上へポロリ。
  
カメラはなんと8カ月後に地上で見つかったのですが、記録された映像によると、落下後に意外な結末を迎えていたことが判明。
 
どんな結末かは動画をご覧ください。
 
 

2014年2月17日 (月)

浅草寺のお御籤の”凶”の割合

私は浅草寺でお御籤を引きましたが、2回続けて "凶" を引きました。
それ以来、浅草寺ではお御籤を引いていないのですが、"凶" の出る確率はなんと・・・

下記の記事をお読みください。
 

※女性セブン2014年2月27日号より転載

 

今年も初詣者数全国トップ5に入り、不動の人気を誇る東京・台東区の浅草寺。

「名もなき漁師がすくい揚げた観音像を、人々が信仰 篤く拝んだことが浅草寺の始まりです。以来、1400年近く、庶民の切実な祈りを聞き、心のよりどころとして愛され続けている寺なのです。観音様はもっとも慈悲深い仏様で、一心に拝めば苦を除き、喜びを与えてくださいます」

 そう語るのは、浅草寺の執事長の守山雄順さん。また、浅草寺のおみくじは凶が多いとの指摘もあるが、実際は?

「浅草寺のおみくじは、平安時代比叡山延暦寺の良源僧正が考案されたとされる伝統的なもの。古来、くじ100本中大吉17、吉35、半吉5、小吉4、末小吉3、末吉6、凶30と決まっており、浅草寺はこの割合を厳守しています。凶が出たら、“今は努力すべきとき”という観音様のアドバイスです。誠実に努めれば吉に転じます。辛抱して努力を重ねたら、再度おみくじを引いてみてください」(守山さん)

"凶"を引いても気にする必要はないですねhappy01

2014年2月16日 (日)

大雪後のマリナーのドヴォルザーク

NHK交響楽団 第1776回定期公演 Cプログラム2日目
 
日時:2014年2月15日(土) 開演: 15:00 終演:16:45
会場:NHKホール
指揮:ネヴィル・マリナー
コンマス:篠崎史紀
 
曲目:
①ドヴォルザーク/交響曲 第7番 ニ短調 Op.70
   ~ 休憩 ~
②ドヴォルザーク/交響曲 第8番 ト長調 Op.88
 
 

いやあ、2週連続の大雪。雪かきで疲れました。
 

天気予報では、大雪の後に大雨と強風と言う事でしたが、幸いなことに小雨程度で風も強くありませんでした。
10時頃はJRがストップしていたので、地下鉄で行こうかと思っていましたが、これも幸いなことに動き出したので通常ルートで出かけました。

山手線もいつもより空いていました。
原宿駅を降りたら歩道はべちゃべちゃの雪だらけ。
長靴で行って正解でした。原宿でも長靴姿の人も多く、違和感なしhappy01

・雪の明治神宮

Dscf0341

・代々木公園脇の歩道

Dscf0342

歩道橋付近は除雪されていましたが、歩道はほったらかし。
遠回りになりますが、除雪されている代々木公園の中を通ってNHKホールに。

・公園内では大雪で枝が折れた木がたくさんありました。

Dscf0345_

・NHKホール横

渋谷駅側の状況はわかりませんが、裏口にあたる原宿駅側は除雪されておらず、轍の後を歩きました。
籾井さんよ、失言している暇があったら、雪かきぐらいせい!

Dscf0350nhk

会場もいつもの6~7割程度の入り。
マリナーは今年で90歳になりますが、自立2足歩行しているし、指揮姿にも老いは感じられません。
 
ドヴォルザークの交響曲では9番の「新世界より」が有名ですが、私はスラブ臭い7番が大好物です。「新世界」はメロディーの宝庫ですが、全体的なまとまりがなく、交響曲というよりは交響的組曲。

予想通りですが、マリナーの指揮はスラブ的な泥臭さはなく、端正でまとまった演奏でした。

それよりも、オーボエの池田さんが"産休"から復帰され、先月から雛壇に並んでいます。"サンキュー"!

movie 第7番第3楽章 スケルツォ:ヴィヴァーチェ
スラブ舞曲風のメロディー。

2014年2月12日 (水)

パンダ?

男性諸氏には見慣れた風景だと思いますが、パンダに見えませんか?

Dscf0291_

2014年2月 6日 (木)

ホキ美術館所蔵 森本草介展

昨日(2/5)、日本橋三越本店ギャラリーで【森本草介展】を観賞してきました。

_


__2

森本草介氏は、たおやかな女性美を追求する写実画の画家として知られており、私も以前から画集などで知っていましたが、本物を見るのは初めてです。

単にリアルなだけではない柔らかな「空気」をまとっており、まさに日本人らしい写実画でした。
静物画、風景画、人物画、全33点の絵画を堪能してきました。

会場にご本人(76才)がおられましたが、長身痩躯で矍鑠としていました。これからも素晴らしい絵を描いてくれることでしょう。

この絵は購入したポストカードをスキャンしたものです。

___2

氏の裸婦像は女性の後ろ姿を描いたものが多いですが、何とも言えない上品な色香があり、美術の一様式としての「裸婦像」以外のなにものでもない孤高を保っています。

2/17まで開催。
有料ですが、三越Mカード、伊勢丹アイ・カード、エムアイ友の会カードを提示すれば、2名まで無料で入場できます。

2014年2月 4日 (火)

恵方散歩~その2

2/3の恵方散歩の後篇です。

哲学堂公園 

東洋大学の創設者である哲学者の井上円了が、ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀った「四聖堂」(哲学堂)を建設したのが、この公園のはじまり。園内には到る所に哲学に由来するユニークな名前の建物、坂、橋などが点在し、摩訶不思議なところです。
 
何回も来ているのであまり写真は撮りませんでしたが、古い建物の老朽化が気になりました。

・哲理門(幽霊門)

Dscf0226

・梅の木と六賢台

 

Dscf0230

 
哲学の庭 
 
妙正寺川を挟んだ南側には、2009年12月に完成した「哲学の庭」なる彫刻群の庭があります。ここは初訪問です。
 
ガンジー、達磨大使、聖フランシス、エスティニアヌス、聖徳太子、ハムラビ、エクナトン、キリスト、釈迦、老子の立像と、ひれ伏すアブラハム。東西の聖人君子の彫刻が11体。
 
ハンガリー出身の彫刻家、故ワグナー・ナンドール氏の作品で、日本とハンガリーの外交関係開設140周年・国交回復50周年を記念して、中野区に寄贈。相互理解のために、「幸せへの道」を表現しているそうです。
 
Dscf0251
 
・ガンジー
 
Dscf0252_


Dscf0261_
 

Dscf0253
 
Dscf0258
 
Dscf0260
 
・園内の梅の花も咲き始めていました。
 
Dscf0246
 
Dscf0250

 
水の塔公園 
 
水の塔
 
Dscf0267

 
哲学堂公園の北側に位置した小さな公園で、エキゾチックなドームの野方配水塔(野方給水塔・水道タンク)がそびえたっています。最近は家が建てこんできたので周りから見えにくくなったのが残念です。
 
Dscf0269
 
・哲学堂公園側からはドーム部分がちょっと見えるだけ
 
Dscf0272
 
この塔は、荒玉水道の給水場につくられた塔で、高さ34メートル、直径18メートルの鉄筋コンクリート造り。昭和5年完成で昭和41年まで使われていました。現在は中野区の災害用給水槽。
塔の正面(幼稚園が建っており上部しか見えません)には、太平洋戦争での被弾跡があります(よくわかりませんでしたが)。
 
Dscf0270
 
この塔は、子供の頃に夢中になって読んだ「怪人二十面相」(少年探偵団)シリーズにでてきたのでよく覚えています。怪人二十面相によく似合う塔ではありませんか!

恵方散歩~その1

昨日(2/3)は節分。
東京は歩くと汗ばむような陽気でした。

江戸っ子(初代ですが・・・)の私は、上方の海苔問屋の陰謀である『恵方巻き』は食べませんが、恵方(今年は東北東)方面への散歩をしてきました。
ちなみに恵方巻きを全国区にしたのは、コンビニの「ななつ・じゅういち」です。地方の風習を全国に広めてほしくないなあ。地方色が無くなってしまいます。

散歩コースは、
バス→野方駅→信州一味噌→平和の森公園→新井薬師→上高田(唱歌「たきび」の歌発祥地)→哲学堂→哲学の庭→水の塔公園→バス→中野駅。 

13000歩。本来ならすべて徒歩のはずでしたが、3時間という時間の制約があったので交通手段を利用してしまいました。

宮坂醸造本社(信州一味噌) 

信州一味噌で有名な宮坂醸造本社。
呑兵衛さんには諏訪の清酒「真澄」の醸造元としても有名です。
最近建て替えられてしまい、風情が無くなりました・・・

Dscf0187

新井薬師(梅照院) 

「眼の薬師」、「子育て薬師」として有名な新井薬師(梅照院)。

 
Dscf0205

Dscf0203

節分会の準備をしていました。
 
Dscf0201_

手水舎は蓮の花
 
Dscf0200
 
上高田(唱歌「たきび」の歌発祥地) 
 
♪ かきねの かきねの まがりかど
   たきびだ たきびだ おちばたき
   『あたろうか』 『あたろうよ』
   きたかぜ ぴいぷう ふいている
 
 
誰でも知っている(かな?)唱歌「たきび」。
昨日は北風は吹いていませんでしたが・・・
 
新井薬師から東に400mほど、住宅街(中野区上高田)の中で目標物がなく判りにくい場所です。20年ほど前に自転車で徘徊していた時に偶然発見しました。
「たきびのうた」の作詞者がこの近くに住み、この辺りを散歩しながら, 「たきびのうた」の詩情をわかせたと言われています。
 
Dscf0209
 
Dscf0210
 
発祥の地の案内板が建っている屋敷は、竹垣に囲まれ大きな庭木が何本も残る立派な家。武蔵野の面影を残す雰囲気があります。
 
Dscf0206
 
Dscf0215
 
ところで、上高田というと1950年代から70年代前半にかけて、数多くのTV番組主題歌やコマーシャルソングを歌った上高田少年合唱団が有名でした。
赤胴鈴之助、怪人二十面相(少年探偵団)、鉄腕アトム、笛吹童子、鉄人28号・・・懐かしいなあ。

2014年2月 1日 (土)

ジャパン・レストラン・ウィーク~根津から西洋美術館へ

J●Bの会員誌を見ていたら、「ジャパン・レストラン・ウィーク 」 なるものを発見。
 
Dscf0174
 

期間中はプレミアムなレストランの特別メニューがお得な定額料金で食べられるというので、「モネ展」を見に行く日のランチを予約しました。
 

上野周辺では根津のアン・プティ・トゥール(小さな塔?)というフレンチ・レストランくらいしかなかったのでここを予約。
 
Dscf0129unpetittour
 
アミューズ(淡路島産たまねぎポタージュ)、前菜(ノルウェー産サーモン)、魚料理(八丈島産金目鯛)、肉料理(岩手産ハーブ豚三枚肉のポワレ)、デザート、コーヒーで3150円。
我が家でのランチの上限金額ですが、これはお得です。2月11日まで。
 
Dscf0131tile
 
shoe 根津から西洋美術館までは谷中、上野公園を通って30分程度の軽いお散歩。
 
谷根千(谷中、根津、千駄木)と呼ばれるこのあたりは、戦災をあまり受けず、また大規模開発を免れたため、一昔前の街並みが残っています。
 
くし揚げで有名な「はん亭」(レストランの目の前)
総ひのき造りの木造三階建て。文化庁指定の登録有形文化財。
道路拡張のため前面が削り取られたので、鉄やらいで覆われていました。
 
Dscf0138  
 

天眼寺
 
Dscf0140
 
古い商店
 
Dscf0141
 
一乗寺
京都の一乗寺とは関係ないのかな?
 
Dscf0142
 
下町風俗資料館付設展示場(旧吉田屋酒店)
 
Dscf0146
 
店内
 
Dscf0147
 
Dscf0149
 
Dscf0150
 
かふぇカヤバ
繁盛していました。
 
Dscf0152
 
芸大、上野公園内を通って西洋美術館へ。
 
腹ごなしにはちょうど良い散歩でした。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
無料ブログはココログ