« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

南イタリア旅行~プロローグ

昨日(5/28)、7泊9日の南イタリア旅行から帰国しました。

夜行便に乗るのは今回で37回目(海外出張を含む)ですが、貧民席での12時間の夜間便は難行です・・・

シチリア島は別個に行きたいので、ツアー選びには苦労しました。南イタリアのツアーでは殆どがシチリア島が含まれており、期間も10日間以上がほとんど。

ようやく探し当てたのが今回参加したツアー。

Photo  

連泊主体で、アルベロベッロ(2泊)、カプリ島(2泊)、アマルフィ(1泊)、ナポリ(2泊)。

ツアーでは滅多に行かない、マルティーナ・フランカ、イスキア島、カゼルタ宮殿にも行く南イタリア本土満喫コースです。

  
これから旅日記をアップします。

2014年5月18日 (日)

N響5月定期とタイ・フェスティバル

NHK交響楽団 第1782回定期公演 Cプログラム2日目
 
日時:2014年5月17日(土) 開演:15:00 終演:16:51会場:NHKホール
指揮:ヘスス・ロペス・コボス
チェロ:ヨハネス・モーザー②
メゾ・ソプラノ:林美智子③
コンマス:堀正文
 
曲目:
①クリストバル・アルフテル/第1旋法によるティエントと皇帝の戦い(1986)
②ラロ/チャロ協奏曲 ニ短調
 ※ソリスト・アンコール バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番~サラバンド
   ~ 休憩 ~
③ファリャ/バレエ音楽「三角帽子」
 
 
指揮者もチェリストもN響初出演。

「第1旋法によるティエントと皇帝の戦い」は、静謐な弦楽合奏で始まり、派手なブラバンで終わるという曲。金管・打楽器が頑張っていた。

チェリストは大柄な割に奏でる音が小さい。見かけ倒し。

「三角帽子」は抜粋は聴いたことがあるが、バレエ音楽全曲を聴くのは初めて。指揮者もファリャもスペイン人という事で、非常に明快な明るい演奏だった。

メゾの林美智子さんがちょこっと歌っていたが、生は初めて見るがチャーミングな人だなあ・・・

★タイ・フェスティバル 2014 

原宿駅周辺とNHKホール前の代々木公園は、タイ・フェスティバル(5月17日、18日)が開かれているので大混雑。

毎年この時期に開かれている。数年前まではタイ・フード・フェスティバルという名称であったが、改名されたようである。

Dscf2696

  
Dscf2697_3
混雑するという事は分っていたので、早めに家を出て正解。
 
模擬店で、パッタイ(タイ風ヤキソバ)とシンハ・ビアを買って、腹ごしらえ。座る場所がないので立ち食い・・・
 
Dscf2698
 
Dscf2700

NHKホール正面玄関に向かうショートカットコースが設けられていた。
 
Dscf2702  
 
終演後、混雑する原宿駅には向かわずに、渋谷駅から帰宅。
  
そういえば、最後にタイに行ったのは2007年9月。  
もう7年も行っていないんだ・・・

2014年5月14日 (水)

本栖湖 富士芝桜まつり

昨日(2014/5/13)、本栖湖の近くにある「富士芝桜まつり」に行って来ました。

 
本栖湖といっても本栖湖は見えません。
 
久しぶりにスッポンポンの富士山が見えました。
 
Dscf2612
 
Dscf2624
 
平坦な地形なので、全景を見るのは展望台に上がらねばなりません。
5分毎くらいに50人ずつ展望台に上がります。
 
Dscf2610
 
芝桜のミニ富士山
 
Dscf2627
 
竜神池
 
Dscf2638
 
Dscf2648
 
ところどころハゲています。
全体的には六分程度でしょうか?
 
Dscf2616
 
芝桜のドアップ
 
Dscf2660
 
アネモネもありました
 
Dscf2631
 
Dscf2672
 
点描画風に加工
 
Dscf2654
 
 
芝桜を観賞できる場所はたくさんありますが、富士山を借景にできるのはここの強みでしょう。
 
今週末が見頃かもしれません。

2014年5月10日 (土)

国立の芝のキーホルダー

国立競技場の芝のキーホルダーが先行予約受付中でした。
(私は申し込みませんでしたが)

Dsc_0025  

国立の芝の面積は7597㎡(107m×71m)。

キーホルダーに使う芝の大きさを10c㎡(2cm×5cm)とすると、7,597,000枚取れる勘定になります。

万一完売したとすると、売上額は 7,597,000枚×1500円=11,395,500,000円!

粗利は不明ですが・・・取らぬ狸の皮算用でした。happy01

2014年5月 9日 (金)

日本フィル杉並公会堂シリーズ2014 第1回

日本フィル杉並公会堂シリーズ2014 第1回
 
日時:2014年5月8日(木) 開演:19:00 終演:21:15
会場:杉並公会堂 大ホール
演奏:日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:山田和樹
ヴァイオリン:成田達輝①
ゲスト・コンマス:白井圭
  
曲目:
 ①メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
     ~ 休憩 ~
 ②ラフマニノフ/交響曲 第2番 ホ短調 Op.27
 ※アンコール チャイコフスキー/弦楽セレナーデ~エレジー
 

_

指揮の山田和樹(ベルリン在住)は弱冠35歳の日本フィル正指揮者。
2012年のサイトウキネンでは小澤征爾の代役を務めるなど俊英の若手。

杉並公会堂シリーズは毎回開演前に指揮者のスピーチがあり、今日演奏するラフマニノフの2番は山田と同じ35歳の時の作品であり、初演日が山田の誕生日と同じというように、非常に思い入れのある曲だと言う事を言っていた。

その通り非常に流麗な指揮で、ロシア的泥臭さは感じなかったものの、弦の美しさを十二分に引き出しており、60分を超える大作にもかかわらず弛緩することなく演奏しきった。

ヴァイオリンの成田達輝(パリ在住)は長身痩躯のイケメンで22歳。2010年のロン=ティボー国際コンクール2位。2014年の第24回出光音楽賞を受賞したこれも期待の若手。
線は細いものの、非常に美しい音を醸し出す。

ゲスト・コンマスも30歳の白井圭というように、若手中心の演奏会で非常にすがすがしい気分になった。

 

ちなみに、ラフマニノフの交響曲第2番の第3楽章のメロディーは、平原綾香がアルバム『my Classics2』でAdagioとして歌っている。

movieYoutubeには平原綾香の歌がなかったのでピアノ演奏でどうぞ。

国立競技場スタジアムツアー

7月から解体工事に入る国立競技場のスタジアムツアーに参加しました。

2014/5/7 午後の部に参加。
 
・すごい行列。暇人多し・・・私もだ
coldsweats01
 
Dscf2399
 
 
国立競技場のグランドに入るのは、東京オリンピックの開閉会式リハーサルの時(高校一年の時)以来50年ぶり。観客席に入るのも東京オリンピックで陸上競技を観戦して以来2度目。
 
 
・入場者カード
 
これはコピー。希望者には後日本物が郵送されます。
 
Dscf2403
 
東京オリンピック優勝者銘盤。
 
左右に金メダリストの名前が彫られています。解体後も新国立競技場に飾られるそうです。
 
Dscf2413
 
 
グランドに入場
 
1991年の世界陸上の優勝者銘盤を見た後は、いよいよグランドへ
 
 
Dscf2423
 
・電光掲示板
  
Dscf2427
 
・五輪旗を持って記念写真を撮る人
 
Dscf2435
 
・100mスタートライン
 
全天候トラック(ポリウレタン製)。結構固いです。
東京オリンピックの時はアンツーカーでした。
 
Dscf2448
 
・聖火台。
 
 グランドに入った時は聖火が燃えていましたが、しばらくしたら消えてしまいました。残念。
 
Dscf2430
 
・さあ、コーナーキック
  
 美しい芝生です。夏芝と冬芝を使って、一年中緑を保っています。
 中に入りたかったのですが、立ち入り禁止。
 
Dscf2436
 
 
・秘密の地下通路
 
グランドの下の緊急設備。織田ポールの近くに入口があります。
ここは見たかったのですが写真だけ。
 
Dscf2438
 
・パノラマ写真
 
Dscf2434    
 

観客席(正面スタンド)へ
 
・正面貴賓席横。左に野見の宿禰、右にニケ。力と美の象徴。

Dscf2465
 
・貴賓席のすぐ下の、高いであろう席からの眺望
 
Dscf2458
 
けっこう広い席です
 
Dscf2462
 
 
スタンド下へ
・貴賓席の下にある貴賓室。
 
今では、有名タレントの控室に使われているそうです。
 
Dscf2452
 
・選手更衣室
 
 シャワー室もあり。ちょっとショボイなあ・・・
  
Dscf2467    
 
・なにげに表彰台
 
Dscf2471
 
 
聖火台へ

グランド、スタンド見学の後は、学徒出陣記念碑を見て、いよいよ聖火台へ。
 
聖火台下より新宿方面。かなり高いです。
 
ここでデジカメのバッテリーが切れたのでスマホで撮影。

 
Dsc_0011
 
・聖火台
 
近くで見るとなかなか凝った聖火台。川口の鋳物屋さんで作られました。
  
Dsc_0018
 
・赤坂方面
 
遠くスカイツリーが見えます
  
Dsc_0023
 
 
もちろん50年前とはグランドもスタンドの椅子も変わっていますが、これが最後かと思うと感無量のひと時を過ごしました。
 
スタジアムツアーも5月22日を残すのみです。
 
新国立競技場は、お金をかけずに環境に優しい未来志向の競技場にしてもらいたいものです。
http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/tabid/414/Default.aspx

2014年5月 6日 (火)

笑える写真☆看板編 第三弾

友人がご近所や旅先で撮影した面白看板(第三弾)を公開します。

 
① まんじまけろーに
 
万事まけろということかな?
 
_
 
 
② ラボラボカンパニー
 
 なんの会社でしょうか。面白そうな会社です。
 
__2
 
 
③ 御用
 
 ここで飲むと御用になりそう。
 
__3
 
④ Boo
 
 中に高木ブーが居そうで怖い・・・
 
_boo
 
⑤ 串ぼうず
 
 焼き鳥屋にしては変なネーミング
 
 __4
 
 
⑥ 自動化コーナー
 
 ATMなのに、なんでわざわざ自動化コーナーと書くんでしょう?
 
__5
 
⑦ けむ蔵
 
店内の状況が想像できます。
 
__6
 
⑧ なまら
 
 どんなラーメンがでてくるのでしょうか?
 
__7
 
⑨ Hair Hospital
 
なんともモダンなネーミングです。
散髪屋じゃないでしょうね?
 
 
_hair_hospital
 
看板編もすでに第三弾。
 
第四弾が楽しみです。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト
無料ブログはココログ