« 2014年前半に読んだ主な本 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ東京定期 »

2014年7月 4日 (金)

西本智実さんの2曲の「ロミ・ジュリ」と田部さんのグリーグ

日本フィル杉並公会堂シリーズ2014 第2回
 
日時:2013年7月3日(木) 開演:19:00 終演:21:22 
会場:杉並公会堂 大ホール
指揮:西本智実
ピアノ:田部京子
ゲスト・コンミス:物集女純子
 
曲目:
①チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
②グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
  ~ 休憩 ~
③プロコフィエフ/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(西本智実版)
 ※アンコール プロコフィエフ/古典交響曲~第3楽章
 
 
Photo
 
 
年に一度、七夕の頃に杉並公会堂で指揮される西本智実さん。
お得意のロシアもの「ロミ・ジュリ」2曲と田部さんのグリーグ。
一般的には「ロミオ」ですが、クラシック♪業界では「ロメオ」と記載することが多いです。
 
演奏前に西本智実さんが一人で舞台に現れて恒例の10分ほどのプレトーク。
2曲の「ロメオとジュリエット」の聴きどころを解説していましたが、難しかったwobbly
 
チャイコの「ロミ・ジュリ」は非常に重厚な演奏。
 
田部さんは北欧ものに定評がありますが、グリーグは非常に熱がこもった凛々しい演奏でした。ブラーヴァ!
 
プロコの「ロミ・ジュリ」は組曲ではなく、西本さんが2時間30分のバレエ音楽を45分程度にストーリー順に抜粋した曲が演奏されました。
お得意のロシアものということで曲の特徴をよくつかんだメリハりのある演奏で、日フィルのメンバーもよく応えていました。
 
いまでこそ大好きな曲ですが、大学生の頃に最初に聴いた時の「なんだ、この曲は!」という驚きはいまでも覚えています。調性音楽でこんなに音符が上下する曲は聴いたことがなかったからです。
 
movie 騎士たちの踊り(モンタギュー家とキャピュレット家)
 
 
ところで、ゲスト・コンサートミストレスは物集女純子さん。何人の方が苗字を読めるかな?

« 2014年前半に読んだ主な本 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ東京定期 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
この曲は一度聴いたら、忘れられないインパクトがありますね。
でも、子供らに聞かせたら「ソ○ト○ンク」の曲と言われました。

物集女さん・・・もちろん読めませんでした。
京都にお名前と同じ地名があるそうですね。

ナニワさん

この曲は柔銀行のCMでも使われましたね。
最近、クラシックの曲がCMで使われることが多くなりました。

「もずめ」さんとお読みします。
私はなぜか読めてしまいましたが、国文学者に同姓の人がおられた思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/59926458

この記事へのトラックバック一覧です: 西本智実さんの2曲の「ロミ・ジュリ」と田部さんのグリーグ:

« 2014年前半に読んだ主な本 | トップページ | クァルテット・エクセルシオ東京定期 »

フォト
無料ブログはココログ