« JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~文豪編 | トップページ | 久しぶりのタイ料理 »

2014年10月 4日 (土)

JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~東大構内編

JASS主催【文豪の足跡、本郷・湯島を歩く】の後編 【東京大学構内
   
参加者数は18名(男9名、女9名)。JASSは退職者の集まりなので高齢者が多いですが、最高齢83歳、次点82歳(60年前に東大を卒業された人でした)、3位80歳、おそらく私は17位か最下位でしょう。皆さんお元気です。
 
さて、文豪ゆかりの場所を探訪したあとは東大構内の散策と昼食。

昨日発表されましたが、世界の大学ランキングで去年と同じ23位でアジアトップの座を守ったそうです。まさに日本のアカデミーの中心。

もちろん私は東大卒ではありませんが、若かりし頃に東大工学部で故宇井純先生の公開自主講座「公害原論」を受講したことがあり、少しは懐かしい場所です。

赤門から入り、
総合図書館(遺跡の発掘中)-コンドル像-ウェスト像-安田講堂横(残念ながら修復中でブルーシートがかけられていました)-(ノーベル物理学賞受賞者)小柴ホール-三四郎池-御殿下記念館-東大附属病院-スクリハ、ベルツ像と歩き、昼食会場がある医学部教育研究棟で終わり。
昼食は13階のイタリアン、カポ・ペリカーノ
昼食終了後解散。
 
 
銀杏並木の黄葉が綺麗だそうです。晩秋に訪れるとよいでしょうね。
文豪と東大、アカデミックな一日でした。
 
・東大正門 
 

Dscf5744
 
・東大赤門 
こちらを正門と勘違いされる人もいますが、旧加賀藩主前田家上屋敷の御守殿門であり、1827年に徳川家斉の第21女、溶姫を迎える際に造られた門です。
赤門は東大の代名詞になっています。
  

Dscf5754
 
・赤門の屋根 
前田家の家紋の梅鉢が見えますが、屋根の両端には「學」の紋があります。
 

Dscf5756
 
・構内は広い! 
少人数の場合は原則いつでも誰でも入れます。団体の場合は申請が必要。
 

Dscf5757

・総合図書館 
北側は遺跡の発掘中でした。
西洋人が写っていますが、ちょうど昼食時間だったので、イスラム系、中国系の学生が多く歩いていました。

Dscf5758

・コンドル像 
ご存じ、建築家のジョサイア・コンドルの銅像。
1877年に工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として招聘され、辰野金吾らを育てました。
飛んでいかないように土台で学生が弁当を食べています。
「コンドルは飛んでいく」・・・
 

Dscf5763
 
・法文一号館内の通路。 
建物内の通路って、雰囲気がありますね。

Dscf5767

・大木(たいぼく) 

Dscf5765

・派手な車が・・・ 
構内には食事ができる場所が多いですが、松本楼も出店していました。

Dscf5773

・安田講堂 
これではなんだかわかりませんが、あの安田講堂です。修復工事中でブルーシートが掛けられていました。無粋です。斜めの角度から見るのが美しいとか。女性と同じだそうです(笑)

Dscf5769

・小柴ホール内の展示 
ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊氏を記念して作られたホール。
ノーベル賞メダルのレプリカの展示もあります。

Dscf5776

・三四郎池 
正式には育徳園心字池。

Dscf5783

・工学部2号館角 
標識が外国語なら異国にいるようです。

Dscf5784

・東大附属病院 
大きな建物です。権威を感じますね。

Dscf5789

・医学部教育研究棟 
この建物の13階のある昼食会場のイタリアン、カポ・ペリカーノの入口
 

Dscf5800

・カポ・ペリカーノ(ペリカンの頭) 
天井が高く、眺めの良いレストラン。
主に教職員が利用するのでしょう。

Dscf5803

前菜(生ハムサラダ)、スープ(ミネストローネ)、パスタ(ファルファーレ:蝶々)、パン、デザート、コーヒー、ビールかソフト・ドリンク付き。
けっこう豪華です。

Dscf5806tile

JASSのイベントにはばらつきがあると言われていますが、このコースは専属案内人の説明付きで昼食が付いて、これで3800円はお値打ちだと思います。

どんどん利用しなくては。

« JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~文豪編 | トップページ | 久しぶりのタイ料理 »

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/60421117

この記事へのトラックバック一覧です: JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~東大構内編:

« JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~文豪編 | トップページ | 久しぶりのタイ料理 »

フォト
無料ブログはココログ