« 日本フィル杉並公会堂シリーズ2014 第3回 | トップページ | JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~東大構内編 »

2014年10月 3日 (金)

JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~文豪編

昨日(10/2)はJASS(日本セカンドライフ協会)主催の東京街あるき「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」に参加してきました。

有料のウォーキングに参加するのは初めてです。

ウォーキングは一人か気の合った仲間とぶらぶら歩くのが好きですが、このような案内人付きで見どころを説明してくれるウォーキングもよいものです。
 
第一回は文豪編。
 
文京区はなぜか文豪に縁の場所が多い地区。

コースは、
本郷三丁目-かねやす石川啄木喜之床跡文京ふるさと歴史館坪内逍遥旧居跡炭団坂宮沢賢治旧居跡樋口一葉ゆかりの井戸菊坂一葉ゆかりの旧伊勢屋質店菊富士ホテル跡妙本寺跡(明暦大火の火元)赤心館跡徳田秋声旧宅啄木ゆかりの蓋平館別荘跡新坂東大正門法真寺一葉桜木の宿跡東大赤門<東大構内>昼食現地解散

所要2時間40分、4Km程度の軽めのウォーキングでした。

文学好きの方なら、あああそこか、と思うような場所ばかり。ほとんどは跡地で看板しか立っていませんが、往時の文豪の生きざまを垣間見る思いをしました。
 
※東大構内と昼食は次回紹介
 
・かねやす
 
江戸時代、「本郷もかねやすまでは江戸の内」、と川柳で読まれた「かねやす」。元々は口内医(歯医者)でしたが、現在では衣料品店。
 
Dscf5685
 
文京ふるさと歴史館
 
Dscf5692
 
・文京ふるさと歴史館内の「文化の風景」コーナー
 
文京区ゆかりの文豪の品々が展示。
ここでは館員による説明が15分ほどあった。やはり餅屋は餅屋。
 
Dscf5693
 
炭団(たどん)坂
 
現在では階段。急坂で転げ落ちると炭団のように真っ黒になるからとか。
 
Dscf5701
 
細い菊坂下通りにあったカラフルな家
 
Dscf5708
 
樋口一葉菊坂旧居跡
 
一葉も使っていたであろう井戸。あまりにも観光客が来るので、ここでの説明は禁止だそうです。
 
Dscf5716
 
一葉がよく利用していた旧伊勢屋質店
 
Dscf5719
 
啄木ゆかりの蓋平館別荘跡
 
現在は同じような読みの太栄館になっているが、ここも6月に閉館。すぐ左手に勾配14%という急坂の「新坂」がある。
 
Dscf5741
 
<続く>

« 日本フィル杉並公会堂シリーズ2014 第3回 | トップページ | JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~東大構内編 »

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/60413667

この記事へのトラックバック一覧です: JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~文豪編:

« 日本フィル杉並公会堂シリーズ2014 第3回 | トップページ | JASSウォーキング 「文豪の足跡、本郷・湯島を歩く」~東大構内編 »

フォト
無料ブログはココログ