« 赤い洋梨 | トップページ | ヒメリンゴの狂い咲き »

2014年11月 2日 (日)

坊ちゃんの時代

坊ちゃんの時代』(関川夏央、谷口ジロー共著)全5巻読了
 

Tile  

『坊っちゃん』は、文明開化という大きな時代の流れに付いて行けなかった者の悲劇だとする関川独自の発想を基に、漱石を中心とした明治の文学者たちや世相を描いた作品。全5部構成。
第2回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作品。

第一部 「坊っちゃん」の時代:
 漱石の『坊っちゃん』が完成するまでの経緯と当時の世相。
第二部 「秋の舞姫」:
 二葉亭と鴎外とが知り合うきっかけとなった舞姫事件。
第三部「 かの蒼空に」:
 「明るく無責任で享楽的」な啄木像。
第四部「 明治流星雨」:
 近代日本の大きな曲がり角となった大逆事件。
第五部「 不機嫌亭漱石」:
 漱石の「修善寺の大患」を中心に明治の最末期を描く。
 
マンガと侮るなかれ。明治という時代と明治人の苦悩と葛藤を活き活きと描写しています。絶対の自信を持ってお勧めできるマンガです。

« 赤い洋梨 | トップページ | ヒメリンゴの狂い咲き »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/60582768

この記事へのトラックバック一覧です: 坊ちゃんの時代:

« 赤い洋梨 | トップページ | ヒメリンゴの狂い咲き »

フォト
無料ブログはココログ