« 被災地(福島)応援ツアー~日光・輪王寺(三仏堂) | トップページ | 被災地(福島)応援ツアー~会津若松、鶴ヶ城 »

2015年2月28日 (土)

被災地(福島)応援ツアー~大内宿・塔のへつり

被災地(福島)応援ツアー その2~大内宿・塔のへつり

日光を出て、バスは会津西街道を一路北上。2時間かかりました。
道路に雪はありませんでしたが、片側1車線の山道で、積雪だったら難儀したと思います。

★会津・大内宿で50分の自由時間。

大内宿は、会津城下と下野国(日光 今市)を結ぶ会津西街道の32里の区間の中で会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町。

旧街道の両側には茅葺屋根の建物(多くは最近になって復元)が軒を連ね、古い町並みが残っている事で1981年に宿場町としては妻籠宿、奈良井宿に次いで全国3番目に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

Dsc_0037

モノクロの世界に色彩。ほっとします。

 
Dsc_0038
 
高倉神社の木の鳥居
 
Dsc_0045_
 
シーズン中は観光客で賑わいますが、冬の平日ということでお店も殆ど閉まっており、観光客も我々ツアー客だけ。
 
突き当りの高台にある子安観音堂まで苦労して雪道を登り、宿場の眺めを堪能しました。
 
Dsc_0035
 
添乗員は積雪で滑るのでやめたほうがよい、と言っていましたが、この風景を見なければここに来た甲斐がありません。
 
・大内宿の眺め
 
Dsc_0027
 
それにしても、長ネギを箸がわりに食べるネギそば(高遠そば)を食べたかった。
   
Dsc_0042_

会津の殿さまが信州高遠藩で育ち、寛永20年会津藩主となって以来、大根おろしそばを「高遠そば」と言っており、大内宿ではそれに長ネギを箸がわりに用い、薬味をかねて提供されているのです。

塔のへつり 
 
大内宿からバスで20分程度なので、セットで観光する場合が多いそうです。
 
長い年月をかけて自然が作り出したこの渓谷は、塔の形が立ち並ぶ断崖という意味から「塔のへつり」と名づけられました。へつりとは地元の言葉で断崖のこと。塔の形をした断崖まで吊り橋が架けられ、断崖内部の一部を見学することもできますが、積雪期は通行止めで眺めるだけ。
   
Dscf7666

芦ノ牧温泉の丸峰観光ホテル着は17時。
温泉が広くて気持ちがよかった。

« 被災地(福島)応援ツアー~日光・輪王寺(三仏堂) | トップページ | 被災地(福島)応援ツアー~会津若松、鶴ヶ城 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災地(福島)応援ツアー~大内宿・塔のへつり:

« 被災地(福島)応援ツアー~日光・輪王寺(三仏堂) | トップページ | 被災地(福島)応援ツアー~会津若松、鶴ヶ城 »

フォト
無料ブログはココログ