« 春の足音 | トップページ | 投汁そば  »

2015年2月14日 (土)

N響2月定期Cプログラム~堀さん最後の演奏会

NHK交響楽団 第1803回定期公演 Cプログラム2日目
 
日時:2015年2月14日(土) 開演:15:00 終演:16:58
会場:NHKホール
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ヴァイオリン:庄司紗矢香①
コンマス:堀正文
 
曲目:
①シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
 ※ソリスト・アンコール シベリウス/「水滴」
      ~ 休憩 ~
②ショスタコーヴィチ/交響曲第5番 ニ短調 Op.47
 
 
偶然でしょうが、2曲ともニ短調で作品番号47.。
 
庄司紗矢香さんのシベリウスは圧巻。骨太にして繊細。
アンコールの「水滴」は可愛らしいピチカートの小品で、これも紗矢香さんらしい。
「水滴」はヴァイオリンとチェロの曲なので、庄司さんはヴァイオリン一台でチェロの部分も弾いたのでしょうか。難しそうに弾いていたのでそうかもしれません。ブラーヴァです!

タコ5はヤルヴィ(次期N響首席指揮者)の冷静でありながら圧倒的な音響構築で聴き応えあり。来季が楽しみです。
 

Dsc_0015
 
ところで、コンマスの堀正文さん(N響コンマスとして35年)と第2ヴァイオリン主席の永峰高志さんが定年で退団ということで、今日が最後の演奏会。終演後花束贈呈あり。長い間お疲れ様でした。こういう光景を見るとうるっとしてしまいます・・・
 
これでN響のコンマスは「まろ様」一人になってしまいましたが、後任は誰だろう?

札幌交響楽団コンマスの伊藤亮太郎氏という話も聞きますが・・・

« 春の足音 | トップページ | 投汁そば  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

えええええええっ
堀さん、退団ですか!!?
義母を連れて昔よく佐藤しのぶのコンサートに行きましたが、
演奏がNHK室内音楽団で、コンマスが堀さんでした。
中盤、堀さんのソロ演奏があるのですが、
とろけるような音色に酔いしれたものです・・・

アシュケナージさんがNHK定演で手にけがをされて、堀さんが急きょ弾き振りをされた動画が上がってましたが、チャイコフスキーを弾き振りって、大変だっただろうなあ。。

堀さん、お疲れ様でした。
徳永さんと同じでソロ活動されるのかなあ。

寂しいですね~・・。

ナニワさん

堀さんをご存知でしたか。
2枚目ですが、ちょっとこわもてで、定期演奏会では笑った顔を見たことがなかったですね。
それだけ重責だったのでしょう。

N響のコンマスに弱冠30歳で就任して35年間N響を支えてこられました。N響の顔が消えるのは寂しい限りです。
今後のご活躍を祈ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/61136151

この記事へのトラックバック一覧です: N響2月定期Cプログラム~堀さん最後の演奏会:

« 春の足音 | トップページ | 投汁そば  »

フォト
無料ブログはココログ