« 被災地(福島)応援ツアー~会津若松、飯盛山 | トップページ | タイ人向けグルメ・ツアー »

2015年3月 8日 (日)

被災地(福島)応援ツアー~喜多方ラーメン工場

『被災地(福島)応援ツアー』 その6【喜多方ラーメン工場の見学】。 
 
会津若松では鶴ヶ城や飯盛山の他に「宮泉酒造」の酒蔵で日本酒作りの見学と試飲、柏屋で薄皮饅頭の試食、喜多方に移動してラーメン工場の見学と盛りだくさんの体験。
 
ラーメン工場(ふぶき亭)見学:麺の製造工程だけ】
 
酒蔵見学は何回もしていますが、ラーメン工場の見学は初めて。喜多方は蔵の街、蔵を改造した工場です。
 

Dscf7801
 
喜多方にラーメン工場は6つあるとのこと。OEM生産をしています。
 
①ミキシング(調合)工程。
小麦粉、水、食塩、かん水などを混ぜますが、かん水を混ぜなければ「うどん」になり、うどんも作っているとか。うどんとラーメンは紙一重。
 
②麺帯・熟成工程。
ミキシングされた材料を帯状にして麺帯(めんたい)を作ります。これの小さいのを「麺帯子(めんたいこ)」と言います←うそですよ。
かん水の代わりに辛子を混ぜればなにになるでしょうか?

Dscf7802
 
③圧延工程(⑤までは連続工程)。麺帯を少しずつ薄く延ばします。
④切り出し(成型)工程。切刃とよばれる裁断機で指定した太さに切断。
 

Dscf7803
 
⑤包装工程。切断された麺を一食ずつ包装。
⑥製品検査工程。金属混入、重さのチェック。

Dscf7804
 
という工程を経るそうで、元職業柄、生産管理・工程管理(生産計画、作業指示、段取替え、ロット分け、ロットトレース、歩留把握、進捗管理、在庫管理、出荷指示)、品質管理、原価管理などをどのような方法でやっているのか気になりました(笑)
 

見学後、お店に移動して「ささやかな」試食と、買い物タイム。
 

Dscf7806
 
試食は「来た方」だけの特権。

ラーメンなら何処でも買えるのでなにも買いませんでしたが。


これで被災地(福島)応援ツアーの日記は終わりです。

一泊二日でしたが、いろいろなところが見れて、いろんな体験ができて、都から補助も出て、お得なツアーでした。

« 被災地(福島)応援ツアー~会津若松、飯盛山 | トップページ | タイ人向けグルメ・ツアー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/61249782

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地(福島)応援ツアー~喜多方ラーメン工場:

« 被災地(福島)応援ツアー~会津若松、飯盛山 | トップページ | タイ人向けグルメ・ツアー »

フォト
無料ブログはココログ