« 我が家の梅がやっと開花 | トップページ | 深川~千住ウォーキング その2 【墓マイラー】 »

2015年3月13日 (金)

深川~千住ウォーキング その1 【旅立ち】

3月11日に、大学時代の友人達2人(計3人)と「旅」をテーマにウォーキング
深川・門前仲町から隅田川沿いを北上して北千住まで歩きました。
 

_
 
松尾芭蕉の「奥の細道」の旅立ちのコース(深川・芭蕉庵から千住宿まで)をメインテーマとして歩こうという趣向です。ちなみに芭蕉はこの区間は隅田川を船で北上して千住大橋付近で上陸しています。
 
計画上の移動距離は約16Kmでしたが、実際に歩いたのは約18Km、歩数は自宅の往復を除くと32000歩。
 

Dscf8066
 
記録に残っている3万歩越えは、2006年のウィーンと2007年の京都以来過去3度目。
 
丁度東日本大震災から4年目の日だったので、訪問した寺社では震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りしてきました。
 
◇その1 【旅立ち】 
 
ウォーキングの集合場所は成田山東京別院・深川不動尊。深川には縁があるので、新車購入時の交通安全祈願のお祓いはいつもここで行っています。東日本大震災の犠牲者の方々のためにお祈りをしてきました。
 

Dscf7850
  
すぐ東隣の富岡八幡宮には、2001年に建てられた近代日本地図の祖である伊能忠敬の銅像があります。
 

Dscf7861

忠敬は私が尊敬する偉人の一人。忠敬は近くの黒江町(門前仲町1丁目)に隠宅を構えていましたが、寛政12(西暦1800)年閏4月19日の早朝に富岡八幡宮に参拝して暇夷地測量の旅に出かけたのです。
 

Dscf7857
 
銅像は、大きな黒御影石に刻まれた伊能日本図を背に、55歳の忠敬が杖先方位盤を手に力強く測量への第一歩を踏み出した姿です。ウォーキングの出発場所としては、ここ以上の場所はありませんね。
 

Dscf7859

富岡八幡宮は深川八幡とも呼ばれ古くから親しまれている神社で、大相撲発祥の地としても知られています。写真を紹介すると収まりがつかなくなるので、今回は「旅」のテーマにそった写真だけを掲載します。

その2に続く。

« 我が家の梅がやっと開花 | トップページ | 深川~千住ウォーキング その2 【墓マイラー】 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/61274440

この記事へのトラックバック一覧です: 深川~千住ウォーキング その1 【旅立ち】:

« 我が家の梅がやっと開花 | トップページ | 深川~千住ウォーキング その2 【墓マイラー】 »

フォト
無料ブログはココログ