« 世田谷のお花見 | トップページ | 奈良・吉野 (2) 吉野の桜 »

2015年4月10日 (金)

奈良・吉野 (1) 大宇陀の又兵衛桜

2年前から恒例になっている、春(桜)と秋(紅葉)の古都(京都、奈良)巡り

今年の春は、奈良・吉野に行ってきました。
奈良駅隣接のホテルに宿泊し、
4/7 大宇陀(おおうだ)
4/8 吉野山
4/9 奈良公園・ならまち
 
という日程。

 
東京では雪もちらついたそうですが、奈良でも真冬の寒さ。
4/9以外は小雨が降ったりやんだりで天候には恵まれませんでしたが、桜を堪能してきました。
 
(1)大宇陀の又兵衛桜 あるいは 本郷の滝桜 
 
一般的には「又兵衛桜」として有名ですが、地元では「本郷の滝桜」と呼ばれています。
2000年のNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニング映像で使用されたことから、急に全国区になったそうで、多くの花見客が訪れます。
丁度4/7に満開を迎え、4/9朝のNHKニュースでも紹介されていました。
 
ここに来るまでがまた大変。
 
自宅→(徒歩)→JR最寄駅→(中央線)→東京→(東海道新幹線)→京都→(奈良線)→奈良→(万葉まほろば線)→桜井→(近鉄)→榛原→(奈良交通バス)→大宇陀バス停→徒歩20分でようやく見ることができます。
 
・本郷の滝桜(しだれ桜) 

訪れた日がちょうど満開。天気が良ければ大勢の人で埋まるのですが、天気が悪いのが幸いして、誰もいなくなった(ように見える)瞬間に撮影できました。
 
Dscf8614
 
黒田如水、豊臣秀頼に仕え、数多くの軍功を挙げた後藤又兵衛
 
又兵衛は大坂の役で戦死したことになっていますが、なぜか生き延びてこの地に隠れ住み、ここで没した、あるいは又兵衛の親族がこの地に住んでいて屋敷に桜があった、などという言い伝えがあるので、「又兵衛桜」と呼ばれています。
 
樹齢300年、樹高13m、幹回り3m超。
「福島・三春の滝桜」の1000年には及びませんが、技の支えもなく、よい枝振りです。
  
Dscf8602_3
 
Dscf8593_2    
  
背後の桃の木は以前からありましたが、花見客が多くなってからは、手前に水仙や菜の花が植えられ、非常にカラフルな眺めです。
 
Dscf8618
 
Dscf8611_2
 
Dscf8619_    
  
ツアーバスや自家用車で来る花見客が多かったですが、苦労して見に来たからこそ、感動が大きいのです(笑)

ライトアップもされますが、周辺が整備される前は周りには何もなく、非常に幻想的な姿だったと、地元の人が言っていました。自然の物は自然なままの方が似合うのに。

« 世田谷のお花見 | トップページ | 奈良・吉野 (2) 吉野の桜 »

国内旅行」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/61418570

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・吉野 (1) 大宇陀の又兵衛桜:

« 世田谷のお花見 | トップページ | 奈良・吉野 (2) 吉野の桜 »

フォト
無料ブログはココログ