« シーザー・サラダ | トップページ | コンスタンチン・シェルバコフ ピアノ・リサイタル »

2015年5月10日 (日)

男なら一度は降りてみたいバス停ベスト3

男なら一度は降りてみたいバス停ベスト3

 
女の湯(めのゆ):東京都奥多摩町、西東京バス
Photo
    
女体入口(にょたいいりぐち):駒ケ根市、伊那バス他
Photo_2
    
女の都入口(めのといりぐち):長崎市、長崎バス他
Photo_4
    
なぜこんな名前のバス停になったのか。
 
①「女の湯は、古くは「目の湯」と呼ばれて目によく効くお湯だったとか。近くに鶴の湯温泉源泉があります。
 
②「女体入口は、近くの「女体」集落の入口だから。「女体いきいき交流センター」なる施設もあります。ますます行きたくなりました。なぜ「女体」なのかは不明。
 
③「女の都入口は、長崎市に「女の都(一丁目~四丁目)」という町名があります。平家の落人、特に女性が落ち延びた地、というのが由来だそうです。
 
※写真はすべてネットより借用。

« シーザー・サラダ | トップページ | コンスタンチン・シェルバコフ ピアノ・リサイタル »

旅行・地域」カテゴリの記事

笑える写真」カテゴリの記事

コメント

タモリ倶楽部みたいになってますね~。
丹後に向かう時に「物集女」という地名のところを通り、なんと読むのか教えてもらったら「もずめ」でした。

ナニワさん

地名って面白いですね。

「女」の付く珍地名は多いですが、「男」は少ないなあhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/61567762

この記事へのトラックバック一覧です: 男なら一度は降りてみたいバス停ベスト3:

« シーザー・サラダ | トップページ | コンスタンチン・シェルバコフ ピアノ・リサイタル »

フォト
無料ブログはココログ