« ペルー周遊の旅〜番外編②ペルーの飲料 | トップページ | ペルー周遊の旅~②アンデス越え »

2015年8月12日 (水)

ペルー周遊の旅~番外編③アルパカのグリル

【ペルー周遊の旅~番外編③アルパカのグリル】 
 
小出しにしているペルーの話題ですが、このペースだと数か月はかかりそうです(>_<)

アルパカは良質な毛を利用するために、ビクーニャを品種改良した家畜ですが、ペルーでは食用にもなります。

・アンデス山中の自然の牧場でのアルパカ

Dscf1643

クスコのホテル(JW.マリオット)の初日の夕食はチョイス・メニューだったので、私は迷わずアルパカのグリルを注文しました。

Dscf2541

肉厚で弾力があり脂肪分が少なく、牛のモモとフィレを足して3で割ったような食感と味でなかなかいけます。

・クスコの市場で売られていたアルパカの肉。
 一般的な食材と言う事が分ります。

Dscf2718

毛は取られるは、肉まで食われるわで、アルパカも可哀想ふらふら

« ペルー周遊の旅〜番外編②ペルーの飲料 | トップページ | ペルー周遊の旅~②アンデス越え »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ペルー旅行」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

毎日暑いですねー。
そんな暑い中、続編の更新、お疲れ様です。
アルパカって毛を取るだけと思っていましたが、ヒツジと同じ運命にあるんですね・。
でも、ヒツジはヒツジ肉の味ですが、アルパカは牛ヒレ、モモと似てるのですかー。

ナニワさん

アルパカ肉は臭みもないので、牛肉と言われれば「そうかなあ」と思ってしまいます。

メンバーのうち、男性だけがアルパカグリルを注文していました。
日本では食べられないのに、女性陣は勇気がないなあ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581998/62068115

この記事へのトラックバック一覧です: ペルー周遊の旅~番外編③アルパカのグリル:

« ペルー周遊の旅〜番外編②ペルーの飲料 | トップページ | ペルー周遊の旅~②アンデス越え »

フォト
無料ブログはココログ