« ペルー周遊の旅~②アンデス越え | トップページ | ペルー周遊の旅~④マチュピチュ村 »

2015年8月27日 (木)

ペルー周遊の旅〜③アンデスを越えてマチュピチュ村へ

【ペルー周遊の旅〜③アンデスを越えてマチュピチュ村へ】 

ナスカから休憩を含めて13時間かけてアンデス山中のアバンカイ(標高2600m)に到着し、ここで一泊。アンデス山脈も太平洋側は無味乾燥な風景が続きますが、分水嶺(明確な分水嶺はありませんが)を越えてアマゾン側に来ると緑が見られるようになります。

アバンカイでは外国人が泊まれる唯一のホテルに宿泊。バスタブなしの簡素な部屋です。翌朝、部屋の窓から久しぶりに緑の山(冬なので緑が少ないですが)が見えた時はほっとしました。

 
Dscf1722small
 

翌日は「サイウイテ」と呼ばれるインカ時代に作られた不思議な石(インカの世界観を現しているとか)を見学。
 
Dscf1745small

 
「インカ帝国の領土を構成する海岸地域、山岳地域、熱帯雨林地域と、そこに生息する動物や人間らしきものが彫られている」とされています。
水路らしきものが見えますが、実際に水を流すとちゃんと流れるそうです。インカの地に生きとし生けるすべてのものと、その生命を繋ぐ水。
それらすべてを凝縮しインカの世界観を具現化したもの、それがサイウィテの石なのです。
 
Dscf1755small
 

アマゾン川の支流のひとつのアプリマック川を越え、
Dscf1813small
 
再び山を越えチンチェーロの丘(標高3800m)でアンデスの山々を眺め、
 
Dscf2501small
 
Dscf2508small
 
・正面はサルカンタイ(標高6271m)。サルカンタイの向う側にマチュピチュ遺跡があります。
Dscf2502small
 

聖なる谷のウルバンバで昼食。
 
小型バスに乗り換えてオリャンタイタンボの駅まで行き、
ここで鉄道に乗り換えて展望列車(ビスタドーム)で1時間半。
 
Dscf1851small
 
Dscf1854small
 
・ドリンクとスナックのサービスあり。食べかけでごめんなさい。
Dscf1877small
 
 
・車窓からの風景。両側は5000m級の山が迫ります。
Dscf2457small
 
 
Dscf2469small
 
・列車はウルバンバ川に沿って走ります。
Dscf1883small
 
Dscf1895small

 
ようやく夕刻にマチュピチュ駅に到着。
 
Dscf1933small

 
マチュピチュ駅ではあこがれの豪華列車「ハイラム・ビンガム号」にも対面できました。
Dscf2442small
 
Dscf2443small
 

マチュピチュ村(旧アグアス・カリエンテス村。標高2000m)では、エル・マピという新しいホテルに連泊。いよいよ翌日はマチュピチュ遺跡です。

« ペルー周遊の旅~②アンデス越え | トップページ | ペルー周遊の旅~④マチュピチュ村 »

海外旅行」カテゴリの記事

ペルー旅行」カテゴリの記事

コメント

長距離の移動は大変ですね。
でも、見知らぬ土地は、目にも心にも新鮮で飽きないのは、ヨーロッパ旅行で体感しました。
トイレは大変そうですが・・・。

インカの遺跡は、SF的な想像が出来そうな感じですが、如何でしたか。
世界観を表した石も、遥か天空から眺めたような世界観ですね。不思議です。
いよいよマチュピチュですね!
楽しみです~。

ナニワさん。

ナスカ文明も不思議でしたが、インカ文明も不思議ですね。
鉄、車輪、文字を持たないで何であんなに反映したのか。今回のツアーで少しは分かった気がしたかな?

海外ツアーは何回も行きましたが、青空トイレは初めてでした。
秘境ツアーでは当たり前のようです。目からうろこでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルー周遊の旅〜③アンデスを越えてマチュピチュ村へ:

« ペルー周遊の旅~②アンデス越え | トップページ | ペルー周遊の旅~④マチュピチュ村 »

フォト
無料ブログはココログ