« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

小山実稚恵のゴルトベルク変奏曲

12年間・24回リサイタルシリーズ 小山実稚恵「ピアノで綴るロマンの旅」
第20回~究極のアリア~


イメージ<>:
孤高の存在・特別なもの

日時:2015年11月28日(土)  開演 15:00 終演 16:57
会場:Bunkamura オーチャードホール
曲目:
①シューマン/花の曲 Op.19
   ~ 休憩 ~
②J.S.バッハ/ゴルトベルク変奏曲(アリアと30の変奏曲)
※アンコール
  シューマン/アラベスク ハ長調 Op.18
 
 
オーチャードホールもクリスマスの飾りが。

Dsc_0486225316569

いつものように、今回のテーマ色の「金」を主体にした花が飾られていました。

Dsc_0487

「ピアノで綴るロマンの旅」はちょうど10年目の第20回、小山さんのデビュー30周年ときりがいい演奏会。ゴルトベルク変奏曲も30の変奏、それにバッハ生誕330年。

小山さんには珍しく開演前にトークがあり、今曰演奏するゴルトベルク変奏曲への思い入れを話してくれました。開演前のトークはこれが最初で最後と言っていたが、さて最終回はどうするのかな?

ゴルトベルク変奏曲は最初のアリアに続いて30の変奏があり、最後に最初のアリアに戻るという構成。小山さんはそれを旅に例えていました。最初と最後のアリアは譜面上は全く同じですが、30の変奏を弾いた後は何かしら演奏に違いが出てくるとか。その違いを聴くのが聴きどころ。

この曲はCDでは新旧のグールドをよく聴いていましたが、生で聴くのは初めてでした。

小山さんの演奏は弾き慣れているという印象をもちました。すっかり自分のものにしています。

小山さんの24回リサイタルを聴き始めたのは第15回から。
途中乗車が残念ですが、最後まで聴きますよ!

2015年11月29日 (日)

2015年秋 奈良・大和路~第1日

2015/11/23~11/26に、春と秋の恒例になった奈良に行ってきました。

3か月前に申し込んだので、紅葉の具合はバクチだったのですが、季節的な早遅ではなく、気候的な要素(小雨と暖秋)で悲惨的な紅葉でした。

JR東海ツアーズの新幹線とホテルのパックです。
宿泊は3回連続でホテル日航奈良。右のカラフルな建物はJR奈良駅。

Dscf4392

このホテルのよいところは、
①奈良駅近くでは評価がよいホテル。部屋もそこそこ広い(26㎡)。
②JR奈良駅に隣接しており、JRやバスの利用が大変便利。
③大浴場があり、疲れがとれる。

ロビーではクリスマスの飾り付けが。

Dscf4391

【第1日、11月23日】 

東京を7時丁度ののぞみに乗り、京都乗り換えで奈良駅着は10:19。
京都から奈良へは近鉄の利用者が多く、JRに乗るのはJapanRailPassを持った外人が多かったですね。
ホテルに荷物を預けて、当尾方面へ。

【当尾(とうの) 
行政上は京都府木津川市ですが、奈良駅からバスで30分程度で行ける山里です。
小高い丘陵に囲まれたのどかな場所。この山里のいたるところに岩に刻まれた石仏を見ることができ、今でも残る浄瑠璃寺や岩船寺をはじめ、鎌倉時代には多くの寺院や僧坊が立ち並んでいました。それが兵火などで失われ、石仏だけが残ったといわれています。

奈良駅からバスで30分、浄瑠璃寺で下車。浄瑠璃寺の見学は後回しにして、バスを乗り換えて岩船寺へ。

【岩船寺(がんせんじ)】 
天平時代(729年)に聖武天皇の勅願で行基が開いた古刹。

Dscf4408

境内には紫陽花が咲き、花の寺として有名です。
三重塔。紫陽花の頃は綺麗でしょうね。

Dscf4415_2

三重塔の内部が公開されていました。

Dscf4423

【石仏の道】 

岩船寺から浄瑠璃寺へは石仏を巡るハイキングコースが多数あり、徒歩40分のモデルルートを歩きました。

Dscf4566_2

一願不動

Dscf4449

わらい仏。なぜか傾いています。

Dscf4466

カラスの壺二尊

Dscf4479

このような風景の中を歩きます。一部急な坂道(下り)あり。

Dscf4470

藪の中三尊

Dscf4492

道ばたにはこの地方特有の無人スタンド「吊り店」が数多くあります。
野菜などを吊って売るのは初めて見ました。

Dscf4496

素朴な山道、古の人の信仰心を垣間見た気がしました。
反対コースの浄瑠璃寺から岩船寺は急な上り坂があるのでお勧めしません。

【浄瑠璃寺】 
Dscf4517

永承2(1047)年創建。金色に輝く九体阿弥陀と浄土庭園で有名。
浄土庭園を挟んで、本堂と三重塔が向かい合って建っています。

三重塔

Dscf4525

池の中之島

Dscf4534

本堂

Dscf4538

今回の旅ではここの紅葉が一番でした。

2015年11月17日 (火)

古地図散歩に行こう!六本木〜広尾 (2) がま池伝説

【古地図散歩に行こう!六本木〜広尾】の続き。

東京都港区麻布に現存する「がま池」は、江戸時代に旗本山崎主悦助の屋敷内にあった池で、大ガマガエルによる火除けの伝説があります。

【がま池伝説】 

池の主の大蝦蟇が、夜中に見廻りをしていた仲間(ちゅうげん)を池に引きずり込んで殺してしまった。主人の主税助は激怒し、池の水を掻い出して蝦蟇を退治しようとした。
 
その晩主税助が寝床につくと、枕元に仙人のような老人が現れ「我は永年池に住む蝦蟇であるが、あの仲間は子蛙を殺してしまうので仕方なく子の仇をとったのである。だから池の水を掻い出すのは止めて頂きたい。もし願いを聞いてくれるならば、当家に火難が降りかかった時は、我の神通力をもって必ず屋敷を守るであろう。」と告げた。
 
主税助は夢から覚めると、半信半疑ながら蝦蟇退治を中止することに決めた。しばらくたった文政4(1821)年の大火の折、この屋敷にも火が廻ろうとした時、池から大蝦蟇が現れて池の水を巻き上げ屋敷一面に吹き付けた。これによって山崎家の屋敷だけは難をのがれた。
 
この噂が世間に広まり、主税助は「上」と書かれた防火のお札(「上(じょう)の字様」)を売ると、国中から注文が殺到したと言われる。
 
この御札は昭和4(1929)年からは麻布町内の末広神社で授与されるようになったが、戦争で焼失し十番稲荷神社に合併され、御札も途絶えた。しかし平成20(2008)年に十番稲荷神社が御札を復活し、授与するようになった。

十番稲荷。 地下鉄麻布十番駅すぐそばにあります。

Dscf4237
 

十番稲荷のかえるの石像
Dscf4240
 
 
【現在のがま池】 
 
「がま池」は高校の近くにあったので、何度か探検に行ったことがあります。木々に囲まれた大きな池(当時も私有地)でした。
 
その後、再開発の波にもまれて埋め立て寸前になりましたが、地元に住む外国人達の尽力(日本人よ恥ずかしいぞ)により埋め立てを免れましたが、かなり小さくなっています。
 
現在では周りをマンションが取り囲んでいるので、かろうじて駐車場の一角から水面が見えるだけです。
 
案内板。
がま池は、この裏側にあるのではなく、反対側にあります。
Dscf4267

 
がま池が見える時間貸し駐車場。
この駐車場がマンションになれば、一般民はがま池が見れなくなるでしょう。
駐車場への無断立ち入りは、下手をすると家宅侵入罪で逮捕されることもあるので気を付けましょう。
Dscf4269
 
 
木々の間からかろうじて水面が見えます。
Dscf4272
  
高台にあるのに今でも水が湧き出しています。
都心でこのような自然の池が残っているのは稀有なことです。
港区に何とかしてもらいたいものですね。
 
ブラタモリで放映されたので、その時のキャプチャ画像をアップしておきます。
マンションの一室からのがま池の写真です。
Photo
 
2010年放送のブラタモリ「三田・麻布完全版」(2015/1/3再放送)よりキャプチャ。

2015年11月16日 (月)

古地図散歩に行こう!六本木~広尾 (1)

11/15に、「歩き旅応援舎」主宰の古地図散歩に行こう!六本木~広尾】イベントに参加しました。

江戸時代末期の古地図と現在の街並みを見比べながらウォーキングするというイベントです。

<コース>
六本木一丁目駅集合~久国神社~(雪の)南部坂~氷川神社~檜町公園~ミッドタウン~国立新美術館~出雲大社東京分詞~六本木ヒルズ~<出身高校>~十番稲荷~一本松坂~がま池~有栖川宮記念公園~広尾稲荷神社~広尾橋交差点解散。 

3時間 13,000歩のウォーキングでした。

神社などは初訪問の場所がありましたが、部分的には何度も来たことがある場所だし、出身高校(10年前に校名が変わり、チャレンジスクールになってしまいました)の前も通りますが、見所をつなげて歩くのは初めて。

 
小雨が降っていましたが、古地図と見比べながらのウォーキングが楽しめました。
江戸時代の道路はけっこう残っているものです。
 
高校時代に解剖用のザリガニを釣るために行った「がま池」(ブラタモリでも放映)を見るのも楽しみでしたが、マンションに囲まれて、駐車場から竹林越しにしか見えませんでした。
がま池伝説については次回の日記で。

 
都心の紅葉もすすんできました。
 
氷川神社の散り紅葉
Dscf4183  
 
檜町公園
Dscf4188
   
Dscf4194
 
檜町公園からガスに煙る東京ミッドタウン
Dscf4189

六本木ヒルズ・毛利庭園
Dscf4220

毛利庭園の池の水が抜かれていました。
ハート型のオブジェはライトアップ用でしょうか。

Dscf4216

有栖川宮記念公園
Dscf4283

盛岡藩南部家下屋敷の庭園の池がそのまま残っています
Dscf4287

2015年11月10日 (火)

警視庁本部と交通管制センター見学

JASS主催【警視庁本部と交通管制センター見学】 

本日(11/10)はJASS(日本セカンドライフ協会)のイベントに参加し、警視庁の2か所の施設を見学してきました。

※交通管制センターと警視庁本部のパンフレット。

Dscf4160

警視庁のマスコットはピーポーくん
私はパトカーの音かと思っていましたが、ピープルとポリス(人民と警官)の頭文字から取られたそうです。

◆警視庁本部(桜田門)では、以下の3カ所を見学。

悪いことをしていなくとも、Kサツに入る時はキンチョーします。

Dscf4135

①「ふれあいひろば警視庁教室」:警視庁の役割のビデオ上映。

②「警察参考室」:警視庁創設以来の資料約1,000点を展示。
 西南の役、大久保暗殺、2・26事件、浅間山荘事件などの資料は見応えあり。

③「通信指令センター」:110番受理センター。
110番の内容は聞けませんが、1000インチの大型モニターは迫力あり。東京都では本部(二十三区)と立川(多摩)の2か所あります。

内部は撮影禁止なので写真はありません。案内の女性職員(婦警ではなく総務部)は美人ですが愛想がないのが残念。警察に愛想はあいそうにありませんが・・・←ダジャレです。

警視庁内で唯一撮影が許可されている「警察参考室」内のコーナー。
子供がいれば白バイに大喜びするでしょう。モノホンでした。

Dscf4132
「警察参考室」なんて名称は、警察に参考人として呼ばれて入る部屋のようで気持ちがよくありません(笑)

レストラン有楽町での昼食後、

◆警視庁交通管制センター(新橋) 

道路交通に関する情報の収集・分析およびその提供を行うほか、交通渋滞解消のために信号機調整などを行っている施設。世界一の技術を駆使した施設で、外国の市長も見学に来るそうです。
都内の交通状況を時々刻々映し出すパノラマ画面に圧倒されました。

Dscf4157

わざわざパネルにあいさつ文が表示されていました。
K札もなかなかやるではないか。

Dsc_0450216064628

◆クイズ 

警視庁とはどんな組織でしょうか、下記から選べ。

①国家公安委員会の管理の元、日本の安全と治安維持を担う。
②東京都公安委員会の管理の元、東京都の安全と治安維持を担う。
 

参加者の正解率は64%(JASSメンバーは100%)でした。
 
回答は次回。

2015年11月 7日 (土)

ペルー周遊の旅~番外編④ メキシコでのトランジット

ペルー周遊の旅~番外編④ メキシコでのトランジット
 
そうです、ペルーの話題はまだ終わっていないのです。わーい(嬉しい顔) 
 
多くの場合、飛行機を第三国で乗り継いで(Transit)最終目的地に行く場合、受託手荷物は最終目的地までスルーで運んでくれます。
しかし、乗継地がアメリカやメキシコの場合は、乗継空港で受託手荷物を預け直さないといけないのです。 
 
さて、我々はペルーに行くのにメキシコ・シティ空港で乗継しましたが、預け直す前に税関検査があります。この税関検査が変っています。
 
荷物をX線検査装置に通した後に、税関申告書を税関係員に提出しますが、机の上にあるボタンを押せと言われます。ボタンを押して緑色の○ランプが灯けばそのまま通過できますが、赤色の×ランプが灯けば荷物を開けて中身を調べられます。
 
が灯くかが灯くかは運次第らしく、係員が操作している兆候はありませんでした。これで税関の役割を果たすのだろうか甚だ疑問ですが、これもお国柄というやつなのでしょうかね。まあ、係員から荷物を開けろと言われるとムッとしますが、籤なら諦めがつきます(笑)。
 
ちなみにツアー20人中、往復で計4名がひっかかりました。確率は1/10くらいと聞いていたので、これは本当らしいですね。実は帰国時に妻が引っ掛かり、中味を全部開けられて検査されてしまいました(>_<)
 

Dscf2943

※写真はメキシコ・シティ空港の搭乗ゲート。税関の写真はありません。
紫色のおそろいのシャツを着ているのはエクアドルのナショナル・チーム(何の団体かは分らず)。
 
空港内の税関検査場、荷物受取場、入出国審査場は撮影禁止の場合が多いのでご注意ください。


乗継と言えども、入国審査を受けてメキシコ合衆国に入国します。パスポートに入国印が押されますが、出国時はペルーへの搭乗ゲートで出国カードを渡すだけで出国印は押されません。

2015年11月 5日 (木)

十月桜

十月桜】 

 
昨日(11月4日)、雑司ケ谷の法明寺(鬼子母神の本院)本堂横で見つけました。
 
Dscf4121
 
Dscf4125
 
江戸彼岸と豆桜の交雑種といわれる小彼岸桜の園芸品種です。
 
開花時期は10月~4月で、断続的に小さい花を咲かせます。
冬桜という品種とともに、 広く「冬桜」と 呼ばれることもあります。
 
秋から冬にかけて花が咲くので、はっと人目を引きますね。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト
無料ブログはココログ